日本初の歴史・戦国ポータルサイト

BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン)

スポンサーリンク

歴史ウォーカー

夏休みの自由研究にもイケる!?「徳川の城~天守と御殿~」が8/4~9/27まで開催

更新日:

 

関ヶ原の戦いに勝利した後、全国の統治を盤石にするため徳川家康が各地で進めた築城・改修(天下普請)の様子を「城絵図」や「模型」あるいは屏風などで表した「徳川の城~天守と御殿~」が、8/4から江戸東京博物館で開催される。

展示会では過去の貴重な資料が展示されるだけでなく、現代の最新CGによって復元された本丸御殿の映像や、高校生が製作した模型の「駿府城天守閣」なども公開予定だ。

絵・富永商太

絵・富永商太

 

江戸東京博物館は両国駅から徒歩3分にある地下1階・地上7階(延床面積48,512㎡)の施設で、コアなファンも唸らせる都内随一の歴史堪能スポット。

大坂夏の陣から400年を迎える今年は西の豊臣だけでなく東の徳川にとってもメモリアルな年だが、夏休みの8/4~9/27の間、徳川関連の城にスポットを当てた展示イベントが開かれることになった(入場料の詳細はコチラ)。

 

対象となるのは、江戸城をはじめ駿府城、名古屋城、大坂城(大坂の陣の後、徳川主導で建て直しされている)、二条城などに関する屏風や城郭図、絵地図のほか、彦根城の御城内御絵図や大坂市街・淀川堤図屏風など、かな~りコアな歴史的資料も同時にオープン!

江戸前期に描かれた江戸図屏風 /江戸東京博物館HPより引用

 

さらには昭和女子大学とNHK映像デザイン部によるCG復元映像や、金細工の調度品、徳川家継の具足など、その内容は多岐にわたっており、歴史ファンだけでなく、夏休みの自由研究にも最適なラインナップになっている。

なお、8/17の一般休館日には、J:COMとヒストリーチャンネルによる特別イベント「徳川の城 親子自由研究デー」が特別に開かれ、1,600名の小学生(とその保護者)が無料で参加可能。

夏休みの宿題向けにワークシートまで用意されていて、希望者は7/26までコチラのJ:COMサイトから応募できるようになっている。

毎年、8月末になってドタバタしてしまいがちなお子様のいるご家庭は、よろしければ一計を。

※ただし、17日のイベントはJ:COM加入者が参加条件となっております

特別展「徳川の城~天守と御殿」J

スポンサーリンク

【参考】江戸東京博物館 J:COM

 

 




1位 西郷隆盛49年の生涯!


2位 ホントは熱い!徳川家康


3位 意外と優しい!? 織田信長さん


4位 直虎の後を継ぐ井伊直政とは?


5位 毛利元就の中国制覇物語


6位 伊達政宗さんは史実も最高!


7位 最上義光 名将の証明


8位 最期は切ない豊臣秀吉


9位 史実の井伊直虎とは?


10位 もしも戦国武将がサッカー日本代表だったら?


武将ジャパン・TOPページへ戻る



-歴史ウォーカー

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2017 AllRights Reserved.