慶喜の評価

ナポレオン3世から贈られた軍服を着る徳川慶喜/wikipediaより引用

幕末・維新

大河ドラマでの評価ブレブレな慶喜~英仏も惚れたタイクーン 真の実力

こちらは2ページ目になります。
1ページ目から読む場合は
慶喜の評価
をクリックお願いします。

 

「いやあ、無責任将軍様がトンズラこいたがら。おれ如き一家老が大坂城代になっちまった! たまげたべしたあ!」

【意訳】慶喜テメエ何逃げてんだコラ、ふざけんじゃねえ by山川浩

2013大河『八重の桜』の小泉孝太郎さんは、こういうソウルフルで魅力的、でも会津からすればクズな慶喜を好演しました。

一方、西郷どんでは、せっかくの松田翔太さんという逸材が、ああもマヌケに描かれ、どうにも歯がゆいところなのです。

 

王者の贅沢ライフとその引き際

このあと、山川はどうなったか。

それについて慶喜とからめて少し見ておきたいと思います。

会津藩は敗北後、明治2年(1869年)に不毛の地・斗南藩に流刑同然で流されます。

斗南藩の生き地獄! 元会津藩士たちが追いやられた御家復興という名の流刑

続きを見る

そして容保の子・容大にかわり、実質的に藩を支配したのは山川でした。

松平容大/wikipediaより引用

しかし会津は、困窮のあまり苦労しかありません。

山川家がこっそりおからを買い占めただけで藩士から糾弾されまくるという、悲惨な生活を送ることになります。

このあとも山川は苦労続きですが軍人として活躍。

西南戦争で大躍進をしたこともあり、陸軍少将への昇進が決まります。

それでも山川家は、東京在住の元会津藩士の支援にお金がかかったせいで、ずーっと貧乏でした。

山川少将出世の際には、長州の山県有朋が「山川は会津出身じゃねえか」とクレームつけたとか。

しかし山川はこう言い返します。

「佐幕藩家老のおれですら苦労したのが明治だべした。んだらよ、将軍なんかさぞや苦労したと思うべ? そうでねえんだなあ、これが」

そうです。慶喜はそういう苦労はほとんどしてないんです。

なんせ徳川家の領土である静岡に引っ込むと、慶喜は趣味人になっています。

写真・狩猟・投網・弓術・囲碁・謡曲・サイクリング・釣り・顕微鏡・油絵・手芸(刺繍)等。

お金は当然かかりますが、財産は腐るほどあるので問題ない。

狩猟姿の慶喜/wikipediaより引用

弓を引く慶喜/wikipediaより引用

食生活も充実です。

この時代に好きな食べ物が豚肉・パン・牛乳。

おから程度で糾弾された山川からすればヌグググ……ですよね。

そんな慶喜を家臣は「貴人は情けを知らねえ」と貶すこともあったのですが、実はそういう単純な話でもないようです。

想像してみてください。

前将軍、しかも若く賢く、精力あふれる慶喜周囲に、幕臣が集まってきたら?

それだけで不穏ではないですか。不平士族の反乱なんかも起こる時代に……。

新政府から睨まれないためには、趣味人として呆けることこそ、最も賢いのです。

カリスマ性すら消えた晩年は、お飾り議員として君臨。

彼が憧れたナポレオンや、ナポレオン3世と比較しても、スマートな元王者だとは思いませんか?

 

これからの慶喜は脳内補正で見ておきたい

当時、世界屈指の列強イギリス&フランスの老練な政治家すら、ブラボーと屈服した優美さ。

島津久光松平春嶽すら圧倒してしまう、高い政治力。

明治政府も警戒するだけで、リッチ趣味LIFEを見守るしかなかった、処世の巧みさ。

彼はまるで、スフィンクスのような、とらえどころのない大物です。

1867年大坂での慶喜/wikipediaより引用

人間的な好き嫌いは分かれるかもしれませんが、チンケなクズとしてはとても描けない、巨大で深淵な男であることは間違いありません。

それが『八重の桜』では、巧みに表現されていたんですけどね。

ざっと

◆遺伝した父・徳川斉昭の強烈さ
◆カリスマ性
◆容貌の優美さ
◆西洋軍服が似合うスタイルの良さ
◆雄弁性
◆政治力
◆頭の良さ
◆頭が良すぎて不誠実にすらなる部分!

こうした部分を上手に描いていたのに対し、西郷どんの慶喜はさすがにトンチンカンすぎるんでは?と突っ込まざるを得ません。

最後にもう一度いいます。

徳川慶喜は「クール」だろうと「クズ」だろうと、その規模がデカイ!

日本史上屈指、いや世界史上に出すべきレベルであり、幕末大河に出演させるなら「一人だけチートキャラ」ぐらいでちょうどよいのです。

実際、そんな慶喜としのぎを削る西郷や、渋沢栄一を取り立てる慶喜の方が、結果的に西郷自身の評価も上がって良いのでは?

皆さん、グレートな慶喜公をよろしくねっ!

みんなが読んでる関連記事

徳川慶喜
徳川慶喜を知れば幕末の動乱がわかる!家康の再来とされた英邁77年の生涯

続きを見る

那波列翁伝初編
幕末ナポレオンブーム!『那波列翁伝初編』を耽読した西郷や松陰

続きを見る

薩英戦争で意外に少ない薩摩の被害~その後イギリスと仲良くなったのは実益から

続きを見る

偉大なる親分・新門辰五郎~慶喜に愛された火消しと娘・芳の爽快な生涯

続きを見る

島津斉彬
幕末薩摩の名君・島津斉彬~西郷らを見い出した開明派50年の生涯まとめ

続きを見る

島津久光
西郷の敵とされがちな島津久光はむしろ名君~幕末薩摩を操舵した生涯71年

続きを見る

松平春嶽(松平慶永)
松平春嶽(松平慶永)幕末のドタバタで「調停調停調停」だった生涯63年

続きを見る

伊達宗城
幕末の名君と名高い伊達宗城(むねなり)政宗子孫の宇和島藩主とは?

続きを見る

松平容保
松平容保(会津藩主)の迎えた最期は悲劇だった?天皇と藩祖に捧げた生涯

続きを見る

山川浩
まるでマンガ! 元会津藩士・山川浩の西南戦争は凄まじき戊辰リベンジ

続きを見る

斗南藩の生き地獄! 元会津藩士たちが追いやられた御家復興という名の流刑

続きを見る

文:小檜山青note

【参考文献】
『慶喜のカリスマ』(→amazon
『明治維新とは何だったのか: 薩長抗争史から「史実」を読み直す』(→amazon
『もう一つの「幕末史」』(→amazon

TOPページへ

 



-幕末・維新
-,

© 2021 BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン)