日本初の歴史・戦国ポータルサイト

BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン)

スポンサーリンク

大河ドラマ・朝ドラ他 書籍・映画

五輪より壮絶!NHK大河ドラマの自治体誘致合戦マトメ まさに戦国です

更新日:

こんにちは、毎朝「その日、歴史が動いた」を担当している長月七紀です。

先日も千葉で本多忠勝で大河誘致計画があるという記事を書きましたが、他にもあるようなので、現在大河ドラマを誘致している団体と主人公候補として挙げられている人物をまとめました。(記事中のリンクは主に「その日、歴史が動いた」の関連記事です)

2015年の主人公予測もありです!

 

署名50万人を突破 マイナーだが有力な山田方谷

まずわたくしめが最有力候補にあげさせていただくのが山田方谷(やまだほうこく)。
「誰だよ、それ…」との声が聞こえてきますが。。。

この人は幕末の備中松山藩(現・岡山県高梁市)で藩政改革を行い、財政を立て直した学者さん。あの河合継之助も師と仰いだ時期があるくらいです。

他に藩政改革で有名な人では上杉鷹山(ようざん)や細川重賢(しげかた)などもいますが、どちらも江戸中期の人物です。なんといっても、山田さんの強みは、大河ドラマの鉄板である「幕末」という点ですね。

高梁市では、誘致要望の署名を募っていて、今年8月には署名数50万人を突破したそうです。NHKによると「誘致と採用は特に関係ない」そうですが、視聴者の署名が効けば可能性大かも?

山田方谷さんの肖像画/wikipediaより

山田方谷さんの肖像画/wikipediaより引用

次に、誘致している団体が多いところを見てみましょう。

東のネタ大名伊達政宗とタメを張れる西のネタ大名、細川忠興一家で大河を!と誘致しているのが京都府京丹後市などの京都府内6市1町。
忠興の父・幽斎(藤孝)、妻・ガラシャ、その父・明智光秀と逸話に事欠かない一家ですから、これもまた面白い話になりそうですね。くまモンに熊本の盟主の座を奪われた細川家が京都で盟主奪還なるか!
しかし忠興の言動からすると、教育的によろしくない場面が多くなりそうな気g……おっと、こんな時間にお客さんが。

誘致の規模でいえば、山田さんと細川さんの二つが大きいようです。
ただ、細川さんは官兵衛と時代がほぼかぶってしまうので、2015年はちょっとキツいかな?という気もしますが。

 

スポンサーリンク

「天地人」の火坂雅志氏が北条早雲から滅亡までを

さてさて、他にも大河を誘致している自治体はたくさんあります。
大河で人気が出るのはやはり戦国時代ということで、ご当地の戦国大名が次々に名乗りを上げているのです。

まずは後北条氏のお膝元・神奈川県小田原市。
初代・早雲一人でも充分主役を張れますし、「いっそのこと創生から滅亡まで5代記で!」という声もあります。
早雲の前半生は謎が多く、また改名したのも人生の後半になってからですが、山本勘助も存在がアヤシイと言われていながら「風林火山」で主役になりましたし、可能性ゼロではないでしょう。

2年前から直江兼続を主役にした「天地人」の原作を書いた火坂雅志氏が「北条五代」を連載しており、これを原作にという意見もあるようです。

伝説だけは相当な存在・北条早雲こと伊勢宗瑞。名前の問題はどうするんですかね

伝説の下克上おじさん・北条早雲こと伊勢宗瑞/wikipediaより引用

戦国の転職王・藤堂高虎についても、最後に腰を落ち着けた三重県(当時は伊勢)が大河誘致をしています。
時の権力者の間を見事に渡り歩いたあのバイタリティというかしぶとさというか、現代人に足りない?ものが凝縮されているような人ですから、実現したら結構面白い、ビジネス・意識高い系大河になりそうですね。

 

スポンサーリンク

神奈川・千葉・茨城で三つ巴

調べた限りでは、今のところ関東で誘致している自治体が多いようです。
戦国大名だと里見氏(誘致・千葉県館山市)があります。
「南総里見八犬伝」の出版200年めが2016年にあたるため、その年を狙っているとか。
国府台合戦とかワクワクしますね!

他には当サイトでも「中年の星」としてご紹介したことのある伊能忠敬(誘致・千葉県香取市)、「水戸のご老公」徳川光圀(誘致・茨城県水戸市)、戦国時代の剣豪・塚原卜伝(誘致・茨城県鹿嶋市)などなど。
自治体別に見ると、神奈川・千葉・茨城で三つ巴の感がありますね。
関東はいつまでたっても戦国時代が続いているようなゲフンゲフン。

このおじいさんが偉業を・・・

このおじいさんが日本を制覇・・・伊能忠敬/wikipediaより引用

2012年が「平清盛」だったのでしばらくは難しいかもしれませんが、石川県津幡町では「木曽義仲と巴御前を主役に!」という声が上がっています。源平合戦の中でも、サブキャラ中のサブキャラといえる義仲でどうやって1年もたせようというのか、脚本家の真価が問われる作品になりそうです。「あまちゃん」のクドカンならやってくれるかも!

ここ、津幡町は義仲が平家の大軍に大勝した倶利伽羅峠(くりからとうげ)の戦いがあったところで、その縁から大河誘致をしているとのこと。
結末が悲しくなってしまいそうですが、平家相手に大暴れするところは描きがいがありそうです。

ただ、倶利伽羅峠は、石川県と富山県の国境線で、石川県が平家側、富山県が木曾義仲側だったんですが、、、。現に富山県側でも同じテーマで大河誘致をしています。このバトルも熱くなりそう。

出身の「木曽」(長野県)とも協力すると範囲も広がって、実現性も高くなるかもしれませんね。

 

候補者は総勢19人!個人的には立花宗茂を・・・

大穴では、ジョン万次郎(誘致・高知県土佐清水市)もなかなかです。
これまた2010年の「龍馬伝」と時代が同じですし、登場もしていましたので少し厳しいかもしれません。
ちょっと変わったところでは、神奈川県横須賀市などが三浦按針(みうらあんじん)=ウィリアム・アダムスを推しています。
もし実現すれば、初の外国人主役大河ということになりますね。
この二人の場合は「海外ロケの必要がある」という点がネックかもしれません。
かたやアメリカ、方やイギリスまで行って撮影できるかどうか……?ただ、「八重の桜」でも初回はアメリカの南北戦争のシーンから始まりましたし(どこでロケしたのかしりませんけど)、可能性はゼロではない?
今回見つけたのはこのひーふーみー……19人!
ところが、NHKさんの頭の中には常に数十人の主役候補がいるそうですので、全く違う人物が主役になることも充分ありえます。
2015年分以降の発表が楽しみですね。

ジョン万次郎さん。飲食店ではございません。実在の人物です

ジョン万次郎さん。飲食店ではございません。実在の人物です/wikipediaより引用

個人的にはずばり「立花宗茂」が2015年に見たいなあ、と思います。
童門冬二先生作の小説もあるし、「剛勇鎮西一」、「関が原で西軍に属して改易されたのに返り咲いた数少ない戦国武将」としてウリもありますし、大名の中では珍しいくらいのイイ人ですし。
皆さんは誰が主役の大河を見たいですか?

長月 七紀・記

 

【追記】さらに情報いただきました!ありがとうございます。ほかにもあったら、コメント、はてぶ、ツイッターなどで教えてください!

2015年に没後400年になる徳川家康を静岡県が誘致中。これは本命かもしれませんね

長野県上田市では「NHK大河ドラマ 日本一の兵『真田幸村公』放映実現を願う会」が結束して70万超の署名を集めているとか。これは是非みたい!

大分市ではキリシタン大名の大友宗麟。

京都府と兵庫県にまたがる丹波地方では、この地をおさめた明智光秀。

山口県下関市と萩市は、幕末の高杉晋作

長野県伊那市は、高遠藩主の保科正之を。かれはのちに会津藩にうつって、会津藩祖になっているので八重の桜とのバッティングがどうなんでしょうか。

愛知県名古屋市は、尾張7代藩主徳川宗春。これまたマニアックな笑

 

 

 

 

 

 

 

スポンサーリンク

【参考】
http://sankei.jp.msn.com/region/news/130804/oky13080402050001-n1.htm
http://www.city.kyotango.lg.jp/kanko/doramayuchi/index.html
http://news.kanaloco.jp/localnews/article/1108230015/
http://diamond.jp/articles/-/34192
http://city.kashima.ibaraki.jp/info/detail.php?no=3391
http://www.town.tsubata.ishikawa.jp/soshiki/kouryuukeizai/drama_dvd.ht...
http://news.kanaloco.jp/editorial/article/1309070001/





1位 直虎の後を継ぐ井伊直政とは?


2位 わろてんか主人公
吉本せい波乱の一生


3位 西郷隆盛49年の生涯!


4位 史実の真田幸村とは?


5位 最上義光 名将の証明


6位 ホントは熱い!徳川家康


7位 意外と優しい!? 織田信長さん


8位 毛利元就の中国制覇物語


9位 伊達政宗さんは史実も最高!


10位 最期は切ない豊臣秀吉


注目! 史実の井伊直虎とは?


注目 わろてんか伊能栞
(高橋一生さん)のモデル
小林一三とは?





井伊家 井伊直虎 井伊直政 小野政次 龍雲丸
織田家 織田信長 濃姫 織田信忠 織田信雄 織田信孝 三法師 平手政秀
徳川家 徳川家康 結城秀康 徳川秀忠 松平信康 酒井忠次 榊原康政 本多正信 水野勝成
豊臣家 豊臣秀吉 豊臣秀長 豊臣秀次 福島正則 加藤清正 豊臣秀頼
伊達家 伊達政宗 伊達成実 義姫
最上家 最上義光 鮭延秀綱 山形城 大宝寺義氏 山野辺義忠
毛利家 毛利元就 毛利隆元 吉川元春 小早川隆景 毛利秀元 陶晴賢
島津家 島津義弘 島津の退き口
真田家 真田幸村 真田信之
立花&高橋家 立花宗茂 立花道雪 立花誾千代 吉弘統幸
浅井・朝倉家 朝倉宗滴 姉川の戦い 金ヶ崎の退き口
前田家 まつ 豪姫 前田利長 前田利常
黒田家 官兵衛が長政を叱責の真相
北条家 河越夜戦 小田原征伐 のぼうの城の真実
細川家
仙石家
長宗我部家
武田・上杉家
諸家 足利義輝
剣豪・武術・忍者 宮本武蔵
キリシタン ルイス・フロイス
合戦 桶狭間の戦い 長篠の戦い 手取川の戦い 厳島の戦い 月山冨田城の戦い

◆薩摩藩 西郷隆盛 島津斉彬 大久保利通 小松帯刀 西郷従道
◆長州藩 木戸孝允 木戸松子 高杉晋作 山県有朋


◆古代 安倍晴明
◆江戸 葛飾北斎
◆世界史 クレオパトラ ルイ16世 チェ・ゲバラ


わろてんか毎日のあらすじ感想レビューは……

-大河ドラマ・朝ドラ他, 書籍・映画
-, ,

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2017 AllRights Reserved.