日本初の歴史・戦国ポータルサイト

BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン)

かっこいい兄

スポンサーリンク

書籍・映画

本家を超えた?!漫画「センゴク兄弟」完結【ネタバレあらすじ】#書評

更新日:

センゴク兄弟は、漫画「センゴク」の主役である仙石秀久の「兄」新八郎が主役の物語です。
「センゴク」のサイドストーリー的に月刊ヤングマガジンで連載されたのですが、「サイド」というには惜しいディープな世界観を原作者の東郷隆と漫画家の細川忠孝のコンビが作り上げています。

かっこいい兄

かっこいい兄

舞台は、尾張を支配した信長が隣の美濃へと進出していく過程の物語です。
マムシの道三を失った美濃の斎藤家の家中は、日の出の勢いの信長につくかの選択に迫られていました。
仙石家は、信長につくことに決めますが、それに反対した嫡男の新八郎は廃嫡され、旅に出ます。なお、かわって家をつぐのが、「センゴク」の団子っ鼻、仙石秀久です。

団子っ鼻の弟

団子っ鼻の弟(6巻より)

浪人となった新八郎は軍師竹中の稲葉城攻めで20人斬りをするなど、野にあってその実力を発揮します。
新八郎は武将に戻れるのか?

10月4日に発売された第6巻は、最終巻。

斎藤家の侍大勝となった大蔵は、美濃の仙石一族を滅ぼそうとするのですが、鵺4人衆という異能のものを使います。
鵺たちは、なんとたったの4人で一つの城を落としてしまいます。
ここらへんは、山田風太郎の「甲賀忍法帳」のノリで面白いです。

信長は、美濃侵攻を決めます。新八郎は、弟の仙石秀久に人を通じてこっそりと美濃方の堂洞城の攻める方法を伝えます。

堂洞城では、正面を攻撃した信長軍は鵺衆の策略によって大打撃を受け退却します。が、裏からまわった仙石秀久はからみ手門を突破!ところが、そこで待ちかまえていたのは、最大の敵の大蔵。
あわや秀久の首が、、、というところに飛び込んできたのが、頼れるスーパー浪人お兄さんの新八郎。

あまりの迫力にぶれる

あまりの迫力にぶれる(6巻より)

 

新八郎は大蔵との一騎打ちの末に、大蔵を倒します。それを信長もちゃんと見ていました。これは、家督は新八郎に戻されるのか?

しかし、新八郎は旅立ちます。「あんちゃん~カンバーック」

人の呼び方や城攻めなどでは時代考証がしっかりしていてリアルながら、人間関係やバトルそのものは大胆なエンターテーメントを追及。最近の「センゴク」は美術館で合戦絵巻をうやうやしく拝観しているような感じなんだよなぁ~とお感じの「センゴク」ファンは必読です!

スポンサーリンク

なお、漫画としては完結しましたが、このあとの新八郎の活躍は、同日刊行の東郷さんの小説「センゴク剣法」で読めます。

 

 





1位長篠の戦い 注目すべきは…


わろてんか伊能栞
(高橋一生さん)のモデル
小林一三とは?


2位 西郷隆盛49年の生涯!


3位 史実の真田幸村とは?


4位 最上義光 名将の証明


5位 ホントは熱い!徳川家康


6位 意外と優しい!? 織田信長さん


7位 直虎の後を継ぐ井伊直政とは?


8位 毛利元就の中国制覇物語


9位 伊達政宗さんは史実も最高!


10位 最期は切ない豊臣秀吉


注目! 史実の井伊直虎とは?





井伊家 井伊直虎 井伊直政 小野政次 龍雲丸
織田家 織田信長 濃姫 織田信忠 織田信雄 織田信孝 三法師 平手政秀
徳川家 徳川家康 結城秀康 徳川秀忠 松平信康 酒井忠次 榊原康政 本多正信 水野勝成
豊臣家 豊臣秀吉 豊臣秀長 豊臣秀次 福島正則 加藤清正 豊臣秀頼
伊達家 伊達政宗 伊達成実 義姫
最上家 最上義光 鮭延秀綱 山形城 大宝寺義氏 山野辺義忠
毛利家 毛利元就 毛利隆元 吉川元春 小早川隆景 毛利秀元 陶晴賢
島津家 島津義弘 島津の退き口
真田家 真田幸村 真田信之
立花&高橋家 立花宗茂 立花道雪 立花誾千代 吉弘統幸
浅井・朝倉家 朝倉宗滴 姉川の戦い 金ヶ崎の退き口
前田家 まつ 豪姫 前田利長 前田利常
黒田家 官兵衛が長政を叱責の真相
北条家 河越夜戦 小田原征伐 のぼうの城の真実
細川家
仙石家
長宗我部家
武田・上杉家
諸家 足利義輝
剣豪・武術・忍者 宮本武蔵
キリシタン ルイス・フロイス
合戦 桶狭間の戦い 長篠の戦い 手取川の戦い 厳島の戦い 月山冨田城の戦い

◆薩摩藩 西郷隆盛 島津斉彬 大久保利通 小松帯刀 西郷従道
◆長州藩 木戸孝允 木戸松子 高杉晋作 山県有朋


◆古代 安倍晴明
◆江戸 葛飾北斎
◆世界史 クレオパトラ ルイ16世 チェ・ゲバラ


わろてんか あらすじ&感想レビュー

-書籍・映画
-

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2017 AllRights Reserved.