日本初の歴史・戦国ポータルサイト

BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン)

スポンサーリンク

書籍・映画

キングダム最新刊33巻ネタバレ&新刊プレゼント【楽しい論功行賞タイム&ヒロインの仇討ち始まる】

更新日:

 

今巻も書評させていただきます!さっそくスタート!

合従軍の襲来に落城間際となった秦国最後の城郭「サイ」のピンチを救ったのは、来れるはずのない援軍だった。
それは、秦の大王・政と盟友関係の山の民だった。
32巻で「この日がサイの戦いの いや この合従軍隊秦国の大戦の最終日となる」との予告した(逆の意味での)通りです。形成は一気に逆転!いけー!秦と信!

ホウケンと信の対決の結末は?

激戦で疲れた果てた信が最後の力で立ち向かうのが前巻の終わりで対決した趙三大天のホウケンです。
ホウケンといえば、秦の大将軍二人、しかもいずれも信にとっての師匠を葬り去った因縁の相手。勝てるはずがない敵に対して、信は「この俺のしょっているもの全部をっ この俺の全てをっ 叩きつける!!」

なんと、信がホウケンを倒すのです!これまで前線で戦い、そして散っていたもののふたちの力が乗り移ったような一撃です。

kingdum3301
ホウケンの首をとることはできませんでしたが、ホウケンは重傷を負い撤退していきます。もちろん趙の李牧も。

秦との戦いに事実上敗れた合従軍は撤退!
秦は(連載にして2年にわたる笑)とうとう苦しい戦いに勝利したのです!!よっしゃー!

kingdum3302

スポンサーリンク

大王が2度頭を下げる

政は山の民の女王・楊端和(ようたんわ)の手をとり、素直な気持ちで頭を下げます。(山の民は野蛮人と差別されているので、秦の大王が頭を下げるというのは驚きなことなのです)でもやっぱりそれが苦労人の政のいいところです。

kingdum3303

その日の夜明け、政と信は寝静まったサイの町を見下ろし2人で語り合います。
政は王として、市民たちを煽り死に追いやったことの苦しみを吐露します。
信は
「…当たり前だ そこで何も感じねぇ奴は頭がどうかしてるし そんな奴は絶対に人の上に立っちゃいけねぇ
民もバカじゃねぇ 連中も乗せられたことに気付いてんだろうなって」
この言葉にハッとする大王政。
信は続けます
「気付いてなお あんなに目ェ輝かして最後まで戦ってくれたんだと思うぜ」
政は「お前の言うとおりだ」とつぶやくと城壁の上にたち、手を合わせ、そしてこの日2度目の頭を庶民たちにむかって下げるのです。

kingdum3305

スポンサーリンク

キターーーー論功行賞タイム!!!

そして、キングダムではおなじみの戦いの後の「論功行賞タイム!」
このマンガのなんというかRPGを自分がやっているような感覚になるのは、戦いごとにこの論功行賞システムではないでしょうか。私はじつは戦いの場面よりも好きかもしれません笑

kingdum3306

敵将(万極)を討ち、ホウケンを撃退した信には「特別功」が与えられ、千人将から

三千人将に昇格しました!パチパチ

秦のシステムでは、四千人将、五千人将、そして(たぶん1万人)将軍になります。あと3つです!

三千人にふくれあがった飛信隊

先の戦いでホウケンに倒された秦の将軍ヒョウ公軍の生き残り500人(千人将・岳雷)が合流します。

しかし、岳雷はツンデレです。
副長の楚水が「ヒョウ公兵のほとんどが将軍の領土へと戻って行った中 岳雷殿はなぜ飛信隊へ?」と問うと
岳雷「ヒョウ公兵はけっこう信を嫌っている」
信「えっ?」
岳雷「ただの嫉妬だ 将軍はお前と話す時 妙に嬉しそうだった 将軍に子がなかったせいもあるかも知れぬが…
ただ…あんな将軍の顔は長く見たことがなかった
つまりここに入ったことに…そんなに大した理由はない…」
ツンデレだなぁ~ いいなぁ男塾ってかんじで~

kingdum3307

岳雷ツンデレ第二弾

飛信隊おなじみの楽しいお食事シーン

岳雷さんに楚水さんが近づき、「ここへ来ると”若さ”にまず驚くでしょう」と言います。楚水さんも隊長を殺されて飛信隊に吸収された人です。
で、岳雷さんはまた
「いや…そうでもない」
ネガティブよの~と思わせて
「大体こんなものだ 台頭してゆく漢(おとこ)や隊というものは」

陰の主役 美少女剣士キョウカイちゃんの仇討ち

ここで、ヒロインキョウカイちゃんへと話は移ります。
元副長で、暗殺剣の達人の美少女キョウカイは、姉の復讐のために、幽族の連という女性剣士たちのグループのリーダー「シユウ」を追って、隊を離れています。
彼女はとうとう、シユウの居場所を突き止めます。
その情報をもたらしたのが、キョウカイと同様に部族を抜け出したキョウメイという熟女。

キョウメイはなんと密偵となることで部族から許されていました。さらにキョウカイちゃんはマダムキョウメイに2人の子供がいることを知ります。

「えっ」戦闘モードから一瞬、おんにゃのこモードになるキョウカイちゃん「子供とかいるのか…2人も… 子供って どう…」

仇討ちにしか興味のなかったキョウカイ。
仇討ちを終えたあとには飛信隊に戻ってこいと信も隊員も読者も言っていましたが、燃え尽き症候群になってしまうのではと心配していましたが、お茶を飲みながら「子供って どう…」とかいっているのを見ると、安心してしまいます。
でも、決戦を前にほのぼのモードで大丈夫だろうかと別な不安も

kingdum3308

で、キョウカイは仇のシユウと対峙するのですが、卑怯なシユウはまたも多数で取り囲みます。
しかし、キョウカイは巫舞(トランス)状態に入り、雑魚を一蹴。

 

シユウと一対一に持ち込みますが、なんと
シユウ強し!
単なる卑怯者と思いこんでいましたが、仮にもシユウはシユウなのです。
シユウ候補者のバトルロイヤル「祭(さい)」をくぐり抜けたことで、素の状態から巫舞状態にいけるというのです。
これがシユウのシユウたる所以!
シユウはキツイ指摘をします
「生まれ持った才能はお前が一番なのだろう だが肝心の祭をくぐっていない お前は本物のシユウになり損ねたんだよ 間抜けが」
呼吸(エネルギー的なもの)がつきて、倒れ込むキョウカイちゃん。。。ぴんちーーーーー!!!(次巻に続く)

お色気ありの楽しいオマケ

今回のオマケは、山の女王、超絶の美女の楊端和さまだ!

スポンサーリンク

楊だけに酔うと、さらに女王さま度がUPする秘話である。なんとお色気シーンも!
これを読むためだけで壁(へき)は買う価値があるぞ!
(サブキャラ壁さんは楊端和さまが好き)

kingdum3310

 





1位長篠の戦い 注目すべきは…


わろてんか伊能栞
(高橋一生さん)のモデル
小林一三とは?


2位 西郷隆盛49年の生涯!


3位 史実の真田幸村とは?


4位 最上義光 名将の証明


5位 ホントは熱い!徳川家康


6位 意外と優しい!? 織田信長さん


7位 直虎の後を継ぐ井伊直政とは?


8位 毛利元就の中国制覇物語


9位 伊達政宗さんは史実も最高!


10位 最期は切ない豊臣秀吉


注目! 史実の井伊直虎とは?





井伊家 井伊直虎 井伊直政 小野政次 龍雲丸
織田家 織田信長 濃姫 織田信忠 織田信雄 織田信孝 三法師 平手政秀
徳川家 徳川家康 結城秀康 徳川秀忠 松平信康 酒井忠次 榊原康政 本多正信 水野勝成
豊臣家 豊臣秀吉 豊臣秀長 豊臣秀次 福島正則 加藤清正 豊臣秀頼
伊達家 伊達政宗 伊達成実 義姫
最上家 最上義光 鮭延秀綱 山形城 大宝寺義氏 山野辺義忠
毛利家 毛利元就 毛利隆元 吉川元春 小早川隆景 毛利秀元 陶晴賢
島津家 島津義弘 島津の退き口
真田家 真田幸村 真田信之
立花&高橋家 立花宗茂 立花道雪 立花誾千代 吉弘統幸
浅井・朝倉家 朝倉宗滴 姉川の戦い 金ヶ崎の退き口
前田家 まつ 豪姫 前田利長 前田利常
黒田家 官兵衛が長政を叱責の真相
北条家 河越夜戦 小田原征伐 のぼうの城の真実
細川家
仙石家
長宗我部家
武田・上杉家
諸家 足利義輝
剣豪・武術・忍者 宮本武蔵
キリシタン ルイス・フロイス
合戦 桶狭間の戦い 長篠の戦い 手取川の戦い 厳島の戦い 月山冨田城の戦い

◆薩摩藩 西郷隆盛 島津斉彬 大久保利通 小松帯刀 西郷従道
◆長州藩 木戸孝允 木戸松子 高杉晋作 山県有朋


◆古代 安倍晴明
◆江戸 葛飾北斎
◆世界史 クレオパトラ ルイ16世 チェ・ゲバラ


わろてんか あらすじ&感想レビュー

-書籍・映画
-

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2017 AllRights Reserved.