日本初の歴史・戦国ポータルサイト

BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン)

燃やしてしまえホトトギス

スポンサーリンク

軍師官兵衛レビュー 書籍・映画

【軍師官兵衛感想マンガ】 義兄弟で浮かれる官兵衛に半兵衛のお灸 第13回「小寺はまだか」

更新日:

こんにちは、武者震之助です。

今回の「小寺はまだか」は、赤鼻のお殿様と秀吉のあいだで板挟みになる官兵衛です。

板挟みといっても、官兵衛の気持ちは秀吉のもとにあるわけです。そのあかしとして姫路城をまるごと明け渡し、さらになんと義兄弟であるという誓紙をももらいます。

さらには帰順のあかしとして、小寺政職を秀吉に面会させようとするのですが……。

鶴太郎の予測のつかない行動に募る不安

秀吉と赤っ鼻を会わせようとする官兵衛の行動は、喜ぶ気持ちもわかりますが勇み足を感じさせます。

こんな重大事項を直属の上司に相談なしでしてよいものかと思えてしまうのですね。案の定、いつもの如く小寺家臣たちは官兵衛の行動を罵ります。

しかし、いつもならば動揺した顔をする肝心の真っ赤なお鼻の小寺政職が、なぜか官兵衛をかばいます。このへんの行動のばらつきで、食えない殿という側面を強調しているのかもしれません。

政職の予測のつかない行動は視聴者の思いをもゆさぶりをかけてくるようで、見ていてなんだか不安になってきます。狙い通りの演出かもしれません。

kanbee0330

スポンサーリンク

「殿は体調不良です」「私の殿も・・・」

官兵衛は播磨の各大名を秀吉に面会させようと張り切ります。今までさほど官兵衛の知性面を描いてこなかったせいか、作戦というより義兄のために人情で動いているように見えなくもありません。

ところが重要な大名がそろって「体調不良です」と判で押したような仮病欠席をします。これでは官兵衛の気遣いが裏目に出てしまいました。

さらに予想通りですが、赤鼻の殿のだだっこタイムが始まります。

「私と秀吉、どっちが大事なの!?」

以前から殿の悋気などと、なぜか三角関係的な形容をさせる官兵衛をはさんだ感情のせめぎあい。ただし、今回はよせばいいのに官兵衛が義兄弟の誓紙について口に出したりするわけで、官兵衛のコミュニケーション不足と独断が招いた事態とも見えます。

スポンサーリンク

義兄弟の製紙を焼く谷原半兵衛の演技がキラリ

ここで官兵衛を叱咤するのが半兵衛。なんと誓紙を燃やしてしまいます。

紙なんか燃やしたらアウトですよ、ということですがいくらなんでもちょっとやり過ぎの気がしなくもありませんが、軍師は常人とはちがうということでしょうか。

それにしても谷原さんの半兵衛は、出てくると画面が引き締まる演技のうまさやたたずまいが光ります。不敵な顔つきや喀血シーンも素晴らしいものがありました。

 

燃やしてしまえホトトギス

燃やしてしまえホトトギス

半兵衛のきついお説教も功を奏したのか、コスプレ作戦で裏をかいてまんまと秀吉と政職の面会に成功します。このあたりは機転がきいていて、やっと官兵衛の知性面が見えて来たようで安心ですね。

なんで汚い格好をして訪問すると信長家臣のメンツが保たれるのか誰か教えて~

なんで汚い格好をして訪問すると信長家臣のメンツが保たれるのか誰か教えて~

もうすぐ四月、全体で四分の一を赤鼻殿の優柔不断に振り回されてきたので、そろそろあきらめておとなしくしてくれたらばよいのですが、そうもいかないでしょうが……。

イケメン右近が何やら不穏な言動を

そしてラストはやや強引に、二兵衛ユニット(官兵衛×半兵衛)結成という流れ。

なぜか軍師=平和主義者という定義が出てきてしまっているのですが、史実と百八十度ちがっても主人公は平和を愛さねばならないのでしょう。そんなことはさておき、いよいよ揃った二兵衛に期待がふくらみます。

官兵衛パート以外では、信長の石山本願寺との戦いが描かれます。

気になるのは荒木村重周辺で、中川清秀や片山右近が何やら不穏な言動をしており、のちの伏線になる予感です。村重も台詞を噛むほど動揺しており、きな臭くなってきております。

右近は己の霊感的な部分で不安を煽る台詞を口走っており、「煽るな煽るな!」とツッコミたくなりますよ。明らかに相性が合わない信長という上司に仕官してしまい、限界に近づいてゆく村重が気の毒でなりません。

来週は久々のバトルモードのようです。楽しみにしていきましょう。

スポンサーリンク

武者震之助・記
霜月けい・絵





1位長篠の戦い 注目すべきは…


わろてんか伊能栞
(高橋一生さん)のモデル
小林一三とは?


2位 西郷隆盛49年の生涯!


3位 史実の真田幸村とは?


4位 最上義光 名将の証明


5位 ホントは熱い!徳川家康


6位 意外と優しい!? 織田信長さん


7位 直虎の後を継ぐ井伊直政とは?


8位 毛利元就の中国制覇物語


9位 伊達政宗さんは史実も最高!


10位 最期は切ない豊臣秀吉


注目! 史実の井伊直虎とは?





井伊家 井伊直虎 井伊直政 小野政次 龍雲丸
織田家 織田信長 濃姫 織田信忠 織田信雄 織田信孝 三法師 平手政秀
徳川家 徳川家康 結城秀康 徳川秀忠 松平信康 酒井忠次 榊原康政 本多正信 水野勝成
豊臣家 豊臣秀吉 豊臣秀長 豊臣秀次 福島正則 加藤清正 豊臣秀頼
伊達家 伊達政宗 伊達成実 義姫
最上家 最上義光 鮭延秀綱 山形城 大宝寺義氏 山野辺義忠
毛利家 毛利元就 毛利隆元 吉川元春 小早川隆景 毛利秀元 陶晴賢
島津家 島津義弘 島津の退き口
真田家 真田幸村 真田信之
立花&高橋家 立花宗茂 立花道雪 立花誾千代 吉弘統幸
浅井・朝倉家 朝倉宗滴 姉川の戦い 金ヶ崎の退き口
前田家 まつ 豪姫 前田利長 前田利常
黒田家 官兵衛が長政を叱責の真相
北条家 河越夜戦 小田原征伐 のぼうの城の真実
細川家
仙石家
長宗我部家
武田・上杉家
諸家 足利義輝
剣豪・武術・忍者 宮本武蔵
キリシタン ルイス・フロイス
合戦 桶狭間の戦い 長篠の戦い 手取川の戦い 厳島の戦い 月山冨田城の戦い

◆薩摩藩 西郷隆盛 島津斉彬 大久保利通 小松帯刀 西郷従道
◆長州藩 木戸孝允 木戸松子 高杉晋作 山県有朋


◆古代 安倍晴明
◆江戸 葛飾北斎
◆世界史 クレオパトラ ルイ16世 チェ・ゲバラ


わろてんか あらすじ&感想レビュー

-軍師官兵衛レビュー, 書籍・映画
-, , ,

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2017 AllRights Reserved.