日本初の歴史・戦国ポータルサイト

BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン)

官兵衛は宇喜多を動かせるのか?

スポンサーリンク

軍師官兵衛レビュー 書籍・映画

【軍師官兵衛感想マンガ】決勝進出の世界卓球を見ない理由をくれ! 第18回「裏切る理由」

更新日:

こんにちは、武者震之助です。

今回は「裏切る理由」。そろそろ「裏番組を見ない理由」も欲しい気がしますが、それはさておき。あまりきついことを書くのも何ですしね!

陣内直家「すなおな、いい子じゃのお官兵衛」

陣内直家「すなおな、いい子じゃのお官兵衛」

今回は「謀反人村重」といったところ。前半はその村重の追い詰められた場面と、子役場面です。そして、名脇役宇喜多直家VS官兵衛の場面なのですが、これがちょっと盛り上がりに欠けるといいますか……まっすぐな官兵衛とひねくれた直家では、勝負にならない感が強いのです。これは軍師が主人公のドラマとしては問題がある気がします。

官兵衛は宇喜多を動かせるのか?

官兵衛は宇喜多を動かせるのか?

胃の痛くなる村重の緊迫感

もっとも官兵衛パートは今回おまけでした。裏切りがバレた村重の緊迫感! 胃が痛くなるような迫力がありました。それだけに緊張感のない宣教師と信長のやりとりがいらんことこの上ありませんが。

地球儀を前にしたやりとりのいらなさったらありません。得意げな顔して何が「世界を見にゆかぬか?」ですよ。トホホ。

それはともかくとして、待っていた展開は近づいています!

スポンサーリンク

そうか軍師というより熱血漢!

官兵衛が村重の説得に向かうのは危険です。しかし、軍師というより熱血野郎官兵衛が幽閉でサービスパック適用されるのはのぞむところです。半兵衛も咳き込んで退場間近アピールをしていることですし。

それにしても今回は村重独擅場でした。追い詰められた際の開き直った笑顔、だんだんと狂ってゆく感情表現。はっきりいってはいけませんが、官兵衛より感情移入できるんですよね。説得力をもって、信長を裏切ったのですから素晴らしい。

kanbee0504-3

村重謀叛に進んでゆく中、一人キラキラとホワイト的な役目が高山右近です。史実では右近も村重に裏切りを焚きつけたのですが、キリシタンということで官兵衛とつながりがあるせいか、諫める側でした。でも……本作では信長のカリスマ性がいまひとつ伝わらないこともあって村重が正論に見えるんですよね。

うーん……今週はつなぎです。それでも皮肉なことに、官兵衛より脇役の村重にスポットがあたることでおもしろくなってしまったという。これはどうかと思いますが、ずっとずっと待ち続けた幽閉による官兵衛アップデートは近づいています。楽しみに待ちましょう!

kanbee0504-2

鶴太郎さんにもなにやらフラグがたってきました

武者震之助・記

スポンサーリンク

霜月けい・絵

 





1位長篠の戦い 注目すべきは…


わろてんか伊能栞
(高橋一生さん)のモデル
小林一三とは?


2位 西郷隆盛49年の生涯!


3位 史実の真田幸村とは?


4位 最上義光 名将の証明


5位 ホントは熱い!徳川家康


6位 意外と優しい!? 織田信長さん


7位 直虎の後を継ぐ井伊直政とは?


8位 毛利元就の中国制覇物語


9位 伊達政宗さんは史実も最高!


10位 最期は切ない豊臣秀吉


注目! 史実の井伊直虎とは?





井伊家 井伊直虎 井伊直政 小野政次 龍雲丸
織田家 織田信長 濃姫 織田信忠 織田信雄 織田信孝 三法師 平手政秀
徳川家 徳川家康 結城秀康 徳川秀忠 松平信康 酒井忠次 榊原康政 本多正信 水野勝成
豊臣家 豊臣秀吉 豊臣秀長 豊臣秀次 福島正則 加藤清正 豊臣秀頼
伊達家 伊達政宗 伊達成実 義姫
最上家 最上義光 鮭延秀綱 山形城 大宝寺義氏 山野辺義忠
毛利家 毛利元就 毛利隆元 吉川元春 小早川隆景 毛利秀元 陶晴賢
島津家 島津義弘 島津の退き口
真田家 真田幸村 真田信之
立花&高橋家 立花宗茂 立花道雪 立花誾千代 吉弘統幸
浅井・朝倉家 朝倉宗滴 姉川の戦い 金ヶ崎の退き口
前田家 まつ 豪姫 前田利長 前田利常
黒田家 官兵衛が長政を叱責の真相
北条家 河越夜戦 小田原征伐 のぼうの城の真実
細川家
仙石家
長宗我部家
武田・上杉家
諸家 足利義輝
剣豪・武術・忍者 宮本武蔵
キリシタン ルイス・フロイス
合戦 桶狭間の戦い 長篠の戦い 手取川の戦い 厳島の戦い 月山冨田城の戦い

◆薩摩藩 西郷隆盛 島津斉彬 大久保利通 小松帯刀 西郷従道
◆長州藩 木戸孝允 木戸松子 高杉晋作 山県有朋


◆古代 安倍晴明
◆江戸 葛飾北斎
◆世界史 クレオパトラ ルイ16世 チェ・ゲバラ


わろてんか あらすじ&感想レビュー

-軍師官兵衛レビュー, 書籍・映画
-, , ,

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2017 AllRights Reserved.