日本初の歴史・戦国ポータルサイト

BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン)

牢屋の官兵衛(霜月けい・絵)

スポンサーリンク

軍師官兵衛レビュー 書籍・映画

【軍師官兵衛感想マンガ】来週から官兵衛が賢くなると思ったら興奮で夜も眠れず 第21回「松寿丸の命」

更新日:

 

こんにちは、武者震之助です。官兵衛幽閉も煮詰まった、第二十一回「松寿丸の命」です。

信長「なんだこの戦術は。さては(竹中)半兵衛裏切ったな」なら納得

いよいよ荒木村重の有岡城を攻める織田勢ですが苦戦し、万見仙千代が討ち死にしてしまいます。信長は荒木側の戦略が鋭い、これは官兵衛が糸を引いているに違いない……と判断するのですが、説得力がなさすぎぃ!というのは言ってはいかんポイントなのでしょう。

官兵衛がそんなに賢かったかはさておき、ここでのポイントは官兵衛の嫡子で織田方の人質である松寿丸を処刑しろと信長が主張し、その役目を半兵衛がすすんで受けるというところになります。
半兵衛にとってやっと訪れた遅すぎる見せ場。流石に谷原章介さんが名演を見せ、これに対峙するねね役の黒木瞳さんもやっと本領を発揮した感があります。

谷原半兵衛(右)「役目かわってあげようか?」

谷原半兵衛(右)「役目かわってあげようか?」

スポンサーリンク

プロデューサー「やっぱり家族愛だから演技盛っておこう」って感じ?

夫婦仲良く演技はオーバーに

夫婦仲良く演技はオーバーに

松寿丸処刑の報告は、わざわざ村重本人の口から幽閉されている官兵衛に報告されます。官兵衛、実はこのときまで松寿丸のことを思い出す描写もありませんでしたが、流石にオーバーアクト気味に動揺します。

さらにこれまた秀吉自身が、黒田家に松寿丸の死を伝えに行きます。光はここで抑えた感情を一転して、涙ながらに秀吉に詰め寄りますが、ここもまたオーバーアクト気味に取り乱しすぎです。あまりに見せ場がないためか、あるいは演出のためか判断はつきかねますが、何故ここまで役者の演技力や魅力を殺す場面にしてしまうのか、ちょっと見ていて困ります。

職隆と秀吉が表面的には落ち着きながら、それでも情感を込めて演技をしているから、余計際立つのでした。そうそう、序盤はいまいち精彩を欠いていた柴田恭兵さんはここ最近、ぐっと渋く引き締まった、それでいて情味あふれる演技となってきていて、見応えがありますね。

スポンサーリンク

黒田家臣団のみなさん賑やかですね

黒田家といえば家臣団が「殿を救おうぜ」コントを延々としていますが、見所はないので割愛させてください。インパクトのあるお道さんがやけに鋭い情報収集力を発揮したり、太兵衛が騒いだりしていますが、基本的に修学旅行のバスの中を中継されているようなものです。

俺がいればいつだってフェスティバル

俺がいればいつだってフェスティバル

だしと官兵衛の禁じられた恋にいくのか?

見所として一応、制作者側が意識しているのが悲劇の美人妻・だしと官兵衛の関係かと思われます。確かに何かなければ幽閉を盛り上げることもできないですし、若い女性の役目も少ない本作ですので意図するところはわからないのでもありません。

しかし、純愛妻一筋キャラの官兵衛とこれまた純粋キャラのだしをなぜか接近させるのは、ちょっと意図が滑っている気がします。ついでに書くとだしがキリシタンというのはまったくの創作だとか。

村重さんご自慢の美少女奥さまとのランデブーくる?

村重さんご自慢の美少女奥さまとのランデブーくる?

今週メインの松寿丸の生死ですが、実ははっきりとわかる情報はひっぱられました。どうせのちの長政なんだから生きているという史実ネタバレもありますし(そもそも史実では松寿丸処刑令もなかった説もありますが)、ここで半兵衛がどうごまかすかというのはひとつの見所となるはずです。

軍師官兵衛マンガ松寿は生きている

「この生き生きとした松を見よ」職隆さん

次回からはめっちゃ賢くなります!(たぶん)

例えば、松寿丸の首を信長は確認しなかったのか、したとしたらどうごまかしたか、等。本作ではそういう描写がないので信長の詰めが甘く見えます。特に隠すこともなく堂々とねねと再会させるので、拍子抜けします。さらにねねから松寿丸の生存情報がだだ漏れていくので、ほんとうに甘い織田家のセキュリティ意識……とつっこみたくもなるのでした。
ともあれ、官兵衛解放は次回! バージョンアップまであと少しです。より軍師らしくなった官兵衛に期待しましょう。

軍師勘兵衛マンガ土牢の中で見た希望

早く出てきてー。主人公が土牢に入ったままというのも、さすがに・・・

スポンサーリンク

武者震之助・記
霜月けい・絵

 





わろてんか伊能栞
(高橋一生さん)のモデル
小林一三とは?


1位 西郷隆盛49年の生涯!


2位 史実の真田幸村とは?


3位 長篠の戦い 注目すべきは…


4位 最上義光 名将の証明


5位 ホントは熱い!徳川家康


6位 意外と優しい!? 織田信長さん


7位 直虎の後を継ぐ井伊直政とは?


8位 毛利元就の中国制覇物語


9位 伊達政宗さんは史実も最高!


10位 最期は切ない豊臣秀吉


注目! 史実の井伊直虎とは?





井伊家 井伊直虎 井伊直政 小野政次 龍雲丸
織田家 織田信長 濃姫 織田信忠 織田信雄 織田信孝 三法師 平手政秀
徳川家 徳川家康 結城秀康 徳川秀忠 松平信康 酒井忠次 榊原康政 本多正信 水野勝成
豊臣家 豊臣秀吉 豊臣秀長 豊臣秀次 福島正則 加藤清正 豊臣秀頼
伊達家 伊達政宗 伊達成実 義姫
最上家 最上義光 鮭延秀綱 山形城 大宝寺義氏 山野辺義忠
毛利家 毛利元就 毛利隆元 吉川元春 小早川隆景 毛利秀元 陶晴賢
島津家 島津義弘 島津の退き口
真田家 真田幸村 真田信之
立花&高橋家 立花宗茂 立花道雪 立花誾千代 吉弘統幸
浅井・朝倉家 朝倉宗滴 姉川の戦い 金ヶ崎の退き口
前田家 まつ 豪姫 前田利長 前田利常
黒田家 官兵衛が長政を叱責の真相
北条家 河越夜戦 小田原征伐 のぼうの城の真実
細川家
仙石家
長宗我部家
武田・上杉家
諸家 足利義輝
剣豪・武術・忍者 宮本武蔵
キリシタン ルイス・フロイス
合戦 桶狭間の戦い 長篠の戦い 手取川の戦い 厳島の戦い 月山冨田城の戦い

◆薩摩藩 西郷隆盛 島津斉彬 大久保利通 小松帯刀 西郷従道
◆長州藩 木戸孝允 木戸松子 高杉晋作 山県有朋


◆古代 安倍晴明
◆江戸 葛飾北斎
◆世界史 クレオパトラ ルイ16世 チェ・ゲバラ


わろてんか あらすじ&感想レビュー

-軍師官兵衛レビュー, 書籍・映画

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2017 AllRights Reserved.