歴史戦国ジャンルでアクセス日本一!

BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン)

あのころから変わらない(絵・霜月けい)

軍師官兵衛レビュー 書籍・映画

軍師官兵衛感想マンガ第35回「秀吉のたくらみ」今週も定番の甲冑着ても合戦なし

更新日:

 

こんにちは、武者震之助です。今回は「秀吉のたくらみ」です。

今週は冒頭から主に秀吉がらみです。秀吉と家康の芝居に裏があったとか、秀吉が右近相手にキリシタンについて語るとか、みどころのつもりで割とどうでもよい描写が続きます。特に「三成の讒言で官兵衛ピンチ!」は、この話題は一体何度目なのかと……。

脇役はいい仕事しています、今回も

今週のみどころは、やはり悲運の宇都宮鎮房でしょう。演技が巧みなため、相対する官兵衛が小者じみて見えるのは難点ですが、このドラマの救いはこういう脇役の雰囲気がよいことでしょう。主要人物のような極端なデフォルメと演技がないためか、落ち着いてドラマを見ることができます。官兵衛の台詞が相変わらず「俺を信じろ」一点張りであるということも、渋い脇役のおかげで何とかごまかせます。秀吉や今は亡き小寺政職あたりもこのくらい渋めで抑えた演技であればよかったのですが。

びしょうじょーーー!(霜月けい・絵)

びしょうじょーーー!(霜月けい・絵)

「おねが出てくるだけで嫌気が差す」、「女性人物のシーンがいらない」という悲鳴が聞こえてくる女性パートですが、今週もかなりつらいものがありました。まず駄目出ししてしまいますと、どうして茶々はこんなに棒読みなのか!

表情の作り方は悪くないのに、かったるそうに長台詞を言うので見ていて本当にしんどい……しかもこの長台詞に、一刻も早く忘れたい(村木)道薫が登場、忘れたいあの顔まで出てきます。どうして茶々がなぜか道薫の「俺たちは皆モンスターだ!」という陳腐な意志を受け継ぐのか謎です。見ていてつらいのは、秀吉の茶々への欲望に血走った顔で、真っ昼間からあんな顔を周囲に見せて興奮するというのはなかなか気持ち悪いものがあります。

スポンサーリンク

光と糸の発言小町トークがまた続く

茶々のうんざりする長台詞に耐えたあと待っていたのは、光と糸が秀吉に面会する場面でした。この二人を必ず毎回出すというノルマがあるのかもしれませんが、このままだと糸は退場を喜ばれるくらいうっとうしい人物になってしまいそうですね。糸と長政の別れは切ないものにしたいようですが、それならば糸をここまで浅はかな描き方をすべきではないと思います。

そしておなじみ超高速イクサ終了

このかったるいパートをへて、いよいよ九州攻めの続きとなります。ここでやっと戦や官兵衛の活躍が見られるかと思いましたが、えらそうな顔で座っているだけ。今週もチンピラめいた島津家は、数にびびって突如降伏して片が付き、平定が完了したとナレーションが入りました。なんという超高速九州平定!! 九州が大河の舞台になると喜んでいた地元の方の気持ちを考えると、目頭が熱くなってきました。

光の速さで終わった九州平定の次は、空気を読めないコエリョのせいでキリシタンが秀吉に警戒され、キリシタンが禁止されます。キリシタンである官兵衛もおろおろしていますが、劇中では人妻であるだしに釣られて信者になったように見えるため、このあたりの描写は本当にどうでもよいとしか思えないのです。少なくとも九州平定をすっとばしてまでくどくどと描かれても困ります。

今週も残念な出来でした。中二病をこじらせたような台詞の数々、あっという間に終わる九州平定、オーバーアクトで気持ち悪い秀吉、やる気のなさそうな顔の三成、棒読みの茶々、出番がすべて削られたほうがむしろうれしいおね・光・糸、うさんくさい右近、そして唾を飛ばせば迫真の演技だと思っているかのような官兵衛……何をどうしたらこんな惨状なのか、秀吉のたくらみではなくてスタッフのたくらみを知りたいところです。

ツバツバツバツバツバ!(絵・霜月けい)

ツバツバツバツバツバ!(絵・霜月けい)

来週は官兵衛最大の悪事とされる宇都宮一族の話のようですが、どうやって官兵衛を無理矢理悪くないようにこじつけるのか、見所はそこになりそうですね。

武者震之助・記




スポンサーリンク


霜月けい・絵

 




注目 西郷が沖永良部島で
出会った川口雪篷とは


1位 甲斐源氏の重責とは?
武田信玄53年の生涯


2位 ついに登場!
坂本龍馬の生涯マトメ


3位 漫画『アンゴルモア』で
盛り上がる元寇のすべて!


4位 この人こそが幕末王!?
天才・吉田松陰


5位 意外と知らない
源義経の生涯ストーリー


6位 史上最強の出世人だが
最期は切ない豊臣秀吉


7位 ゴツイケメンな幕臣
山岡鉄舟の信念


8位 藤原道長
出世の見込みなかった62年の生涯


9位 大政奉還から戊辰戦争
までのドタバタを分かりやすく!


10位 軍師の枠を超えていた!?
黒田官兵衛、真の実力


注目 金栗四三いだてんモデル
日本人初の五輪選手は驚きの成績!?


注目 まんぷくモデル
安藤百福50歳から再出発!



-軍師官兵衛レビュー, 書籍・映画

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2018 All Rights Reserved.