日本初の歴史・戦国ポータルサイト

BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン)

1年間ありがとうございました(霜月けい)

スポンサーリンク

軍師官兵衛レビュー 書籍・映画

【軍師官兵衛感想マンガ】第38話「追い込まれる軍師」を追い込んでみる

更新日:

 

こんにちは、武者震之助です。あらかじめ書いておきますと、今回もまず褒めることはありません。不快な方は読まれないことを推奨します。本作はたとえ低視聴率でも健闘したと書かれるほど、何故か褒められることが大変多い作品です。ニュースの検索をかけますと、そうした甘いレビューがたくさん出てくるのではないでしょうか。

以前も書いたと思うのですが、なぜこのレビューが厳しいかというと、これが大河ドラマの基準となると今後まったく期待ができなくなるからです。毎年名作でなくてはいけないわけではありません。
本作はここ数年と比較してましだという意見もいただきました。しかしそうは言っても、私はこのドラマが黒田官兵衛の一生を描いたものとして出来がいいとはまったく思いません。

もっとよくできるはずだとも思っております。そうあって欲しいという願いもあって、毎週厳しいことを書いております。好き嫌いはそれぞれだと思われますが、本作のファンである方にはこのレビューはまったくおすすめできませんのでご了承ください。

「軍師」と2回言わないと軍師ともはや気付かない

今回は「追い込まれる軍師」です。それにしても軍師がつくサブタイトルが多いですね。メインタイトルとサブタイトルで二度も軍師と繰り返すのは、大事なことだから二度言いました、ということでしょうか。

今週はまず、先週の宇都宮一族虐殺を官兵衛が察知していたかどうかが鍵となるでしょう。
先週私は息子一人に罪を着せて官兵衛をロンダリングする気かと見苦しいまでに怒り狂いましたが、ひょっとしたらそうではないかもしれません……が、結局その通りの展開でした。

長政VS宇都宮(絵・霜月けい)

長政VS宇都宮(絵・霜月けい)

スポンサーリンク

三木城でも鳥取城でも残虐な官兵衛を見せなかったNHKの罪をかぶる息子長政

さらにこのあと光がプルプルしながら鶴姫を助けようとし、長政を詰問する場面で、悪いのは長政一人路線を推し進めようとします。
しかしドラマだけを信じているならばそれも通じるでしょうが、今まで都合良く省かれてきた官兵衛も関与した干殺しはじめとする容赦ない手口を知っていると、本当に寒々しい思いがしてくるのでした。
それにしても鶴姫は牢屋の中で強気なふくれ面を見せていますが、父親を殺され監禁されていても、取り乱さずこんな挑発的な態度を取るのは不自然な気がします。

もう一人の鎮房の遺児・朝房は官兵衛のもとに囚われておりました。

官兵衛は関白の命令だから切腹せよと冷たく言い放ちます。このまま切腹するのかと思ったらば、錯乱した朝房が官兵衛に掴みかかったため、官兵衛が黒い顔を精一杯しながらやむなく刺殺します。この場面は演出さえまともであればよかったと思うのですが、発泡スチロールに模造刀を差し込むような、到底人体を刺しているとは思えないジェントルな刺し方で、血の一滴も出ないのでいまひとつでした。

前回の長政による鎮房斬殺は迫真の演技と血糊もあって、脚本はともかく場面としてはなかなか悪くなかったのだと再確認できました。長政の開き直った悪どさのほうが、官兵衛の奥歯に物が挟まったような偽悪ぶりよりも、見ていて不快でないのは何故なのでしょうか。これは宇喜多直家の出番あたりでも感じた点なのですが。

スポンサーリンク

編成部門「よし今日も女性を10分以上だしたぞ、これで歴女対策満点と上層部にご報告だ」(妄想です)

「笑えるでしょドヤ」

「笑えるでしょドヤ」

長政は演技としてそう悪くないと思います。ですからなおのこと、糸と光による「鶴姫救え」コントにはがっかりしました(あ、この前の秀吉と茶々コントも)。もう最近は、糸と光、茶々の場面は何かのノルマなのだと考えています。

この鶴姫救出コントは本当に驚きました。鶴姫を逃す又兵衛が「死んだら仇討ちできんぞ」と言うのですが、そこは「尼となり父兄の菩提を弔え」では? 鶴姫が本気で仇討ちをしたら又兵衛の主家である黒田家に危害が及ぶことを彼は気づかなかったのでしょうか?

信じがたいといえば光がドヤ顔と甲高い声で「お鶴殿は勝手に逃げたのでございますぅ」と言うわけですが。その場合管理不行き届きでペナルティがあるとは思わないのでしょうか?(ちなみに地元の伝承によると、鶴姫は侍女とともに逃走し追っ手に捕縛され斬殺されているとか)

秀吉が残酷で厳しいとくどいほど描く本作ですが、こんなことがまかり通るなら秀吉はむしろあまちゃんです。じぇじぇじぇ!

おねに仕える侍女マグダレナが、秀吉が禁じたキリシタンの象徴であるロザリオを、隠そうともせず堂々と掛けている大胆さも、秀吉がとことん詰めの甘い男と考えればわかります。

鶴姫のくだりは、磔説はまず採用されないだろうと思っていました。ですが、助命させ出家説ではなくてここまでぬるいオリジナル展開をするとは予想を上回りすぐて唖然としました。

さてここで佐々成政の切腹を挟んで、秀吉をブラック化させ征明(中国)構想を持ち出しました。あまりに早い展開ですが、不都合な史実である宇都宮一族の件をさっさと流そうという気もします。あるいは秀吉と三成の黒さを見せ付けることで、相対的に官兵衛を白く見せようとしているのかと。

今週はいいところも探してみたよ…官兵衛のダメだしになった

今週のまだ見ていてよい場面は、ラスト近くの秀吉と家康のやりとりでしょうか。秀吉が妙にハイテンションで、家康が反対に寝起きのようなノリの悪さで、どちらが上の立場がわからない点はマイナスですが。

官兵衛、利休、家康が話し合う茶室の場面もさほど悪くはありませんが、この二人の大ベテランを相手にすると本当に官兵衛の芝居が厳しく見えてつらいものがあります。家康と官兵衛、史実における年齢差はわずか数才です……この絵を見ていると混乱してきますが、ほんの数才なのです。

さらにここの会話で「秀吉の次の天下は官兵衛じゃ!」という、創作ベースの与太話が入るのですが、もう公開処刑のように見えて悲しさすら漂ってきました。「官兵衛はワシが何日もかけて考える策をすぐに思いつく!」という台詞がありましたが、一体いつそんなことがあったっけ、と考え込んでしまいました。

ああ、こういうのを褒め殺しって言うのだなあ……。

武者震之助・記

霜月けい・絵

37話はこちら

39話はこちら

スポンサーリンク

【みんなの感想】





1位長篠の戦い 注目すべきは…


わろてんか伊能栞
(高橋一生さん)のモデル
小林一三とは?


2位 西郷隆盛49年の生涯!


3位 史実の真田幸村とは?


4位 最上義光 名将の証明


5位 ホントは熱い!徳川家康


6位 意外と優しい!? 織田信長さん


7位 直虎の後を継ぐ井伊直政とは?


8位 毛利元就の中国制覇物語


9位 伊達政宗さんは史実も最高!


10位 最期は切ない豊臣秀吉


注目! 史実の井伊直虎とは?





井伊家 井伊直虎 井伊直政 小野政次 龍雲丸
織田家 織田信長 濃姫 織田信忠 織田信雄 織田信孝 三法師 平手政秀
徳川家 徳川家康 結城秀康 徳川秀忠 松平信康 酒井忠次 榊原康政 本多正信 水野勝成
豊臣家 豊臣秀吉 豊臣秀長 豊臣秀次 福島正則 加藤清正 豊臣秀頼
伊達家 伊達政宗 伊達成実 義姫
最上家 最上義光 鮭延秀綱 山形城 大宝寺義氏 山野辺義忠
毛利家 毛利元就 毛利隆元 吉川元春 小早川隆景 毛利秀元 陶晴賢
島津家 島津義弘 島津の退き口
真田家 真田幸村 真田信之
立花&高橋家 立花宗茂 立花道雪 立花誾千代 吉弘統幸
浅井・朝倉家 朝倉宗滴 姉川の戦い 金ヶ崎の退き口
前田家 まつ 豪姫 前田利長 前田利常
黒田家 官兵衛が長政を叱責の真相
北条家 河越夜戦 小田原征伐 のぼうの城の真実
細川家
仙石家
長宗我部家
武田・上杉家
諸家 足利義輝
剣豪・武術・忍者 宮本武蔵
キリシタン ルイス・フロイス
合戦 桶狭間の戦い 長篠の戦い 手取川の戦い 厳島の戦い 月山冨田城の戦い

◆薩摩藩 西郷隆盛 島津斉彬 大久保利通 小松帯刀 西郷従道
◆長州藩 木戸孝允 木戸松子 高杉晋作 山県有朋


◆古代 安倍晴明
◆江戸 葛飾北斎
◆世界史 クレオパトラ ルイ16世 チェ・ゲバラ


わろてんか あらすじ&感想レビュー

-軍師官兵衛レビュー, 書籍・映画

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2017 AllRights Reserved.