歴史戦国でワクワクしたい!

BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン)

ケダマメ公式サイトより

書籍・映画

鎌倉時代が舞台で本郷和人教授監修の漫画「ケダマメ」第1巻ネタバレレビュー

更新日:

「現代語訳吾妻鏡」などで知られる日本中世史が専門の本郷和人東大資料編纂所教授が監修する日本中世を舞台にした歴史漫画「ケダマメ」の第一巻が2014年12月26日に発売された。

スピリッツで連載中で、作者は「OMEGA TRIBE」「かもめ☆チャンス」などの作品がある玉井雪雄氏。

物語は、AD1246 つまり鎌倉時代

ケダマメ4
左手のない男・ケダマメこと虚仮丸(こけまる)は旅の女芸人「傀儡」の一座とともに鎌倉を訪れていた。
「女」を探し、遊女たちを殺戮続ける、謎の宗教一団「髑髏道」。
そこに、京都から探索に来た「警察官」(侍所の寄人)で武士の戸浦が絡む。

傀儡一座は、実は平清盛の孫(重盛の娘)の美女伽羅と、美少女のまゆの2人と、まゆの父親の老翁。

虚仮丸ことケダマメ

虚仮丸ことケダマメ

うっすいお召し物のヒロインまゆと伽羅ねえさん

うっすいお召し物のヒロインまゆと伽羅ねえさん

ケダマメキャラ紹介

公式サイトより引用

 

虚仮丸は、傀儡を襲うピンチを、ないはずの左手を異形の蟹の鋏や蛸の足などを出現させて乗り切る。それはルパン3世の銭形的な戸浦が探している「異形」のものと同じだった。

傀儡一座は、鎌倉で大商いによって成功した大貫の怒りを買い、追われることに。

キーワードは「アケシダ(未来)」と虚仮丸の本当の通り名「ケダマメ」。

副題が英語で「カオス ダム エイジ マン」とあることや、虚仮丸が「300メートル。60秒」などと頭の中で数えているシーンから、読み手は、虚仮丸が鎌倉時代の人間ではなく、アケシダつまり未来から来たタイムトリッパーだと気づくわけです。

1巻では、最後に虚仮丸は、「俺はお前を守る、そのためだけに、存在する!そのためだけに生きてきた!」と、まゆを守るためにこの時代に現れたことを明らかにする。そして、髑髏道がその力を取り込むために「食おう」と追っている重要な女こそがまゆだと明かされる。

ケダマメ3

いったい、虚仮丸の正体はなにものなのか?そしてまゆとはなにものなのか?髑髏道の目的は?

1巻はプロローグで、謎が宝石のようにちりばめられたに過ぎない。まゆの父も殺され、伽羅とも分かれた虚仮丸とまゆの逃避行は、どうなっていくのか。
このあと、どんな展開になるのか? 鎌倉時代を飛び出すこともあるのか? 本郷和人先生の緻密な時代考証を含めて、これから注目の歴史漫画だ。

参照:ケダマメ公式サイト(トップ画およびキャラクター紹介はサイトから引用)




スポンサーリンク


ケダマメ公式ツイッター



-書籍・映画

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2018 All Rights Reserved.