日本初の歴史・戦国ポータルサイト

BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン)

スポンサーリンク

書籍・映画

『超ワイド&精密図解 日本海軍艦艇図鑑』(学研)が売れ続けている理由は充実した図版と解説にアリ!

更新日:

 

ご厚意で学研さんから『超ワイド&精密図解 日本海軍艦艇図鑑』をいただきました。

担当の編集さんに聞くと、艦これの影響もあってか売れ行きは非常に好調で、私も気になっていた一冊。

折よくお正月休みで若干の時間があったので、“艦これ”で遊びながらジックリと読ませていただきました。早速、ご報告したいと思います。

艦これブログ海軍図鑑2

この本のすごいところは、なんといっても図版が充実していること。

太平洋戦史シリーズ約70冊ほか、歴史群像が20年にわたり刊行してきた戦史・艦艇関連ムックから素材を厳選、新規素材も加えて再構した決定版! 4P大や観音開きの超ワイド精密イラスト&スケールモデル図解全42点を始め、ビジュアル満載の永久保存版!

写真は戦艦『比叡』ですが、4つ折りになっていて、開くと迫力満点ですね。

無理にコチラの要望を挙げるとすれば、

  • 折り込みページが多すぎて(今まで見た中で一番多いかも……)、スムーズにページがめくれない&ページを非らげるのがちょっと面倒
  • 折り込みページを開くとデカすぎて(!)、お布団で寝る前に楽しむのはちょっと辛い

――みたいな感じ。手元に置いて資料集代わりにするにはちょっと大仰すぎる印象を受けましたが、時々手に取ってじっくり楽しめる長所を思えば、十分おつりがくる感じ。まずは十分にその迫力を楽しんでほしいと思います。

ちなみに、見開きページが用意されている艦艇は、

「大和」「長門」「比叡」「日向」「扶桑」「赤城」「蒼龍」「龍驤」「飛龍」「加賀」「瑞鶴」「大鳳」「古鷹」「青葉」「足柄」「鳥海」「熊野」「筑摩」「利根」「川内」「五十鈴」「北上」「秋月」「大淀」「阿賀野」「陽炎」「潮」「欅」「初桜」「伊一八〇」「伊一九」「伊五三」「伊四〇〇」

です(僕の好きな「青葉」「川内」あたりが抑えられているのは個人的にうれしいなぁー)。大型艦艇は各型からだいたい一隻ずつ、まんべんなく収録されている感じですね。

一方、駆逐艦や軽巡洋艦、輸送艦、海防艦、支援艦などのカテゴリーはちょっと薄め。こうしたカテゴリーが好きな人は、専門の書物を買い足すといいのではないでしょうか。

艦これブログ海軍図鑑3

見開きページは艦艇以外にも、チャートや比較画像などが充実。とくに艦艇の発達史をまとめたページは、紙の大きさを活かしてわかりやすくまとめられていると思いました。

また、読み物の部分も充実しています。

たとえば戦艦の大砲の打ち方(目標の選定から照準・発射、着弾観測まで)、機動艦隊の陣形、艦載機の発艦・着艦のやり方(航空甲板運用)、魚雷の発射方法などなど……兵学校の教科書かっていうぐらい、図版入りで詳細に記述されています(いや、兵学校の教科書なんか見たことないんですけど!)。これを全部マスターしたら、連合艦隊の指揮だってできそうな気分です(ぉぃ

艦これブログ海軍図鑑4

大きさは、弊司令部で愛用している『日本海軍艦艇写真集』より一回り二回り上かな? 机の上に置いて、都度都度手に取るにはやっぱり大きいので、やっぱり本棚に収めて、ときどきじっくり読むのに適しているでしょう。むろん、辞書・資料集代わりに使ってもいいのですが。

いずれにせよ、

「女体化した艦艇じゃなくて、なまの艦艇を知りたい!」

と思った提督が最初に買う本としては最適ではないかなと思います。

すでに『太平洋戦史シリーズ』を揃えちゃっているような人には物足りないかもしれませんが、今から全部買うとなると14万円ぐらいするようなので……。

もちろん、"艦これ"をやっていない人にもおすすめ。太平洋戦争の戦記物なんかを読むときは、あらかじめ本書程度の知識を頭に仕込んでおくと、より楽しめると思います。

スポンサーリンク

文・ やなぎ ひでとし(33歳、独身♂)

1980年、大阪府大阪市で爆誕。中学・高校時代は伊賀、大学時代は京都で過ごしたため、あちこちの言葉が混じった怪しい関西弁を操る。
現在は東京・千葉を経て、愛媛・松山に在住。普段はWindowsソフトウェアを専門とするフリーライターと、舞鶴鎮守府サーバーの提督(大将)の二足わらじ。
中国史(とくに春秋戦国時代など)が割りと好物で、好きな人物は漢の光武帝、尊敬するのは管仲・晏嬰。コーエイの『三国志』シリーズではもっぱら馬騰で遊んでいる。日本の武将では武田信玄が好き。





1位長篠の戦い 注目すべきは…


わろてんか伊能栞
(高橋一生さん)のモデル
小林一三とは?


2位 西郷隆盛49年の生涯!


3位 史実の真田幸村とは?


4位 最上義光 名将の証明


5位 ホントは熱い!徳川家康


6位 意外と優しい!? 織田信長さん


7位 直虎の後を継ぐ井伊直政とは?


8位 毛利元就の中国制覇物語


9位 伊達政宗さんは史実も最高!


10位 最期は切ない豊臣秀吉


注目! 史実の井伊直虎とは?





井伊家 井伊直虎 井伊直政 小野政次 龍雲丸
織田家 織田信長 濃姫 織田信忠 織田信雄 織田信孝 三法師 平手政秀
徳川家 徳川家康 結城秀康 徳川秀忠 松平信康 酒井忠次 榊原康政 本多正信 水野勝成
豊臣家 豊臣秀吉 豊臣秀長 豊臣秀次 福島正則 加藤清正 豊臣秀頼
伊達家 伊達政宗 伊達成実 義姫
最上家 最上義光 鮭延秀綱 山形城 大宝寺義氏 山野辺義忠
毛利家 毛利元就 毛利隆元 吉川元春 小早川隆景 毛利秀元 陶晴賢
島津家 島津義弘 島津の退き口
真田家 真田幸村 真田信之
立花&高橋家 立花宗茂 立花道雪 立花誾千代 吉弘統幸
浅井・朝倉家 朝倉宗滴 姉川の戦い 金ヶ崎の退き口
前田家 まつ 豪姫 前田利長 前田利常
黒田家 官兵衛が長政を叱責の真相
北条家 河越夜戦 小田原征伐 のぼうの城の真実
細川家
仙石家
長宗我部家
武田・上杉家
諸家 足利義輝
剣豪・武術・忍者 宮本武蔵
キリシタン ルイス・フロイス
合戦 桶狭間の戦い 長篠の戦い 手取川の戦い 厳島の戦い 月山冨田城の戦い

◆薩摩藩 西郷隆盛 島津斉彬 大久保利通 小松帯刀 西郷従道
◆長州藩 木戸孝允 木戸松子 高杉晋作 山県有朋


◆古代 安倍晴明
◆江戸 葛飾北斎
◆世界史 クレオパトラ ルイ16世 チェ・ゲバラ


わろてんか あらすじ&感想レビュー

-書籍・映画

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2017 AllRights Reserved.