歴史戦国でワクワクしたい!

BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン)

書籍・映画

古代日本の地方創生?三浦佑之『風土記の世界』(岩波新書)書評

更新日:

NHKの新日本風土記から、地方でよく見る「風土記の丘公園」までよく聞く「風土記」とはいったいなにか。

大辞泉でひくと以下の通りだ。

1)地方別にその風土・文化その他について記した書物。

2)奈良時代の地誌。和銅6年(713)元明天皇の詔により、諸国の産物・地形・古伝説や地名の由来などを記して撰進させたもの。現存するのは、完本の出雲と、省略欠損のある常陸(ひたち)・播磨(はりま)・肥前・豊後(ぶんご)の5か国のもの。上代の地理・文化を知るうえで貴重。後世のものと区別するため、古風土記ともいわれる。




スポンサーリンク


本書、三浦佑之『風土記の世界』(岩波新書)は後者の古代に地方で編纂された地誌「風土記」の歴史を読み解く。



-書籍・映画
-, ,

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2018 All Rights Reserved.