歴史戦国でワクワクしたい!

BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン)

織田家 書籍・映画

クセがちょうどエエ『織田信長 不器用すぎた天下人』(著:金子拓)を強くお薦めしたい理由

更新日:

いきなり個人的な体験で申し訳ありませんが……。

昔、パワハラ気味のチームリーダーが上司におりました。

彼の無茶苦茶な計画のせいで、プロジェクトはいつも遅れ気味。
締め切りギリギリで頑張っていると、ちょっと高いケーキやドーナッツを差し入れしてくるのです。飲み会で奢ってくれることもよくありました。

どうやら彼には、そういう差し入れや奢りというフォローがあるから、ルーズな計画もチャラになると考えていた節があるんですね。

しかし私を含めた部下の本音はこうでした。

『いやいや、差し入れとか飲み会とかどうでもいいから、計画的な仕事をプリーズだよ!』

不思議なのは、そんな上司でも、なぜか庇おうとする社員がいたことでして。

その方が「あの上司サンは、きっと不器用なんだね」と言っていたのを今になって急に思い出したのは、今回、書評で取り上げた『織田信長 不器用すぎた天下人』を読んだからでした。

 

信長が不器用すぎるって意味不明ですかね

織田信長が不器用すぎる――。

と言われても、ちょっと意味がわからない、そんなイメージを持ちませんか?
あるいは『勝手な思い込みで分析しているのかな?』なんて誤解も生まれるかもしれません。

しかし、読み終えてみると、これほどぴったりとはまるタイトルはありません。

本書は、天下人・織田信長のある弱点についてテーマを搾っています。

それは、あまりに人に裏切られること。

彼が強すぎるから警戒されたとか、苛烈な性格過ぎたとか、一般的な織田信長評とはそんなところだと思いますが、本書では、その原因を彼の「不器用さ」に結びつけております。

本書で取り上げるのは以下の人物です。

・浅井長政
武田信玄
・上杉謙信
・毛利輝元
・松永久秀
・荒木村重
・明智光秀

戦国大名たるもの、誰しも同盟の破棄や思わぬ裏切りは経験しているものです。
しかし、ここまで多く、影響も大きいものとなると、何か本人に原因があるのかな、と考えたくなるのも自然なことで。ほんと、徳川家康だけはずっと味方で良かったですよね。

本作は、織田信長を真摯に研究しているからこその発見があります。
読みやすく、文字が大きく、軽いノリの部分もあるのに、中身はとても濃いというオススメの一冊です。

 

スポンサーリンク

謙ちゃんと信くんの破局物語

本作で一番衝撃的だったのが、第三章「上杉謙信」の最後。
「謙信と信長を恋人同士の破局で例えたら」という部分です。

謙ちゃんと信くん。
お互いスレ違うことも多いけど、思い合っていたはず。それが何故別れるの、という喩えなのですが、ものすごく的確かつわかりやすく、想像できましたねぇ。

謙ちゃんは生真面目な子。
相手の事情も考えて、少しくらいの約束違反なら許せるかな……でも誠意を感じられないと駄目なタイプの謙ちゃん。
いきなりビンタして振るのではなく、SNSで無言ブロックしてお別れのタイプ。

信くんは、イケメンで仕事もできて、エネルギッシュ。
気前もよくてプレゼントもバンバン買っちゃう。でも、ちょっと無神経で、デートをドタキャンしたりすることも。
相手の気持ちやスケジュールをあまり考えないでデートの約束を入れたりする。
ある日、彼女と連絡が取れなくなって「あの女マジありえなくねえ?」と激怒するタイプ。

このカップルがどう別れるか?
本書を読んでくださいとしか言いようがないシーンですが、これが結構切ないんですよ。
信くんはSNSにこういうこと書き込んで炎上するタイプですね。

「22時、やっと仕事終わったー。デートをドタキャンしちゃって彼女がガチ切れしてる。残業あったから連絡も入れられなくてさ。アイツが食べたいって言っていた限定スイーツ買って帰るよ。女の子って、甘いものさえあれば機嫌良くなるよね」

これにつくリプはこんなかんじですね。

浅井長政「ケーキ一個でドタキャンチャラにならねーしw」
武田信玄「連絡すら入れねーとかねえわ……俺でも引く」
上杉謙信「女性が夜中にスイーツもらって喜ぶと思いますか? 美容に最悪ですよ。断るのも悪いし、迷惑って思っていますよ」
毛利輝元「こんなんでも彼女できるんだな」
松永久秀「相手が欲しいのは、ケーキじゃなくて誠意だと思うよ?」
荒木村重「残業忙しくても、連絡くらいはできると思います」
明智光秀「別れてから自分のしたことに気づくタイプだなー」

話が全然戦国時代じゃないだろ、と思うかもしれませんが、こういうことを想像してしまうと言いますか。

21世紀にいる「ダメ男」っぽさを認識したとき、「不器用すぎた」というタイトルがストンと腑に落ちるのです。
本当にこの喩えは絶妙で、笑ったあとで真顔になるんで、是非とも皆さんにも読んで欲しいですよ!

 

不器用って、自信の裏返しかもかもな

絶妙な喩えのおかげで、四百年以上前の信長像が人間臭く、ちょっと駄目なんだなと思えてきます。

されど筆者は極めて真面目に、信長の外交や人付き合いに何が欠落していたか、分析を続けます。
分析の中身は是非とも手に取ってお確かめください。

ざっくりと本書をふまえて私の主観でまとめてしまうと、
『信長は自信がある男なんだな』
ということです。

相手にとって嫌なことをしていて、多少ムッとされても、それに気づくどころか「でも俺相手にこいつが裏切るわけがないよな!」と信じ込んでしまう。
自分や相手との関係に自信がないと、言動の端々をチェックして「嫌われたのかな?」と顔色をうかがうようになるわけですが、信長にはそういうところはないわけです。

信長って結構優しいかも?というのも近年言われていますね。

本書でも裏切りの第一報を聞いた時に「まさかそんなことないよな!」と驚き、相手の弁解を聞くワンチャンスを与えようとすると指摘されています。
このあたり、自信と育ちのよさがあるのだと思いました。

豊臣秀吉と比較するとわかりやすいかもしれません。
信長と違い、秀吉はコンプレックスの塊とも言え、何かあれば『相手に侮られ、逆らわれるのではないか?』と考えていたのではないでしょうか。
それゆえ、その素振りを見せただけで、ワンチャンスも与えず処断してしまう、と。

ちなみに筆者は、本書の通奏低音としてRADWIMPS「億万長者」をあげています。

本書を読み、信長の一生を思い、この曲を聴くと不覚にもウルッと来てしまいます。

凄く気になるでしょう?
本当に面白いんですよ。

私のレビューはふざけているかもしれませんが、中身は極めて真面目な信長の分析論です。

笑って泣けて、スッキリ!
最新のユニークな信長論を絶対読まないと!




スポンサーリンク


文:小檜山青

織田信長は意外と優しい!? 49年の生涯をスッキリ解説!【年表付き】



-織田家, 書籍・映画

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2018 All Rights Reserved.