歴史戦国でワクワクしたい!

BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン)

戦国武将データベース お城 書籍・映画

石垣の積み方がダサいと笑われる!? 書評『石垣の名城 完全ガイド(千田嘉博)』が面白い!

投稿日:

歴史好き。
それも特に戦国時代に心惹かれる方なら、お城も守備範囲に入ってきますよね?

しかし、いつからでしょうか。
昔のようにワクワクと素直に楽しめなくなったり……そんな経験ありません?

私がその憂鬱を感じたのは、ふと訪れた某お城が
【時代考証を無視してなんとなくな雰囲気で天守閣が建てられていた】
と知ったときでした。

史実だと天守閣なんてない――今なら、それもアリだと受け入れられる度量はありますが、当時は違います。

『人を騙してまでカッコつける城って馬鹿か!』
と、本気で怒ってしまったのです。

あぁ、ダメな私。

戦国LOVEなら。
城好きならば。

天守閣の存在ひとつに左右されず、石垣や縄張りでも十分に楽しめるハートを持っているハズでしょう。

そんな心を誰よりも持ち、そして実際に研究を重ねてきた日本一のイシガキスト・千田嘉博教授が書いた一冊が本書。

それが『石垣の名城 完全ガイド (The New Fifties)』です。

 

天守閣の受難、しかし石垣は

城を訪問するならば、やはり天守閣が見たい!

その思いはわかります。よくわかりますとも。
しかし残念なことに、明治時代以降、城の天守閣は破壊の対象となりました。

当時は、政府に不満を持つ士族が心理的な依り所とすることがありました。
いわばシンボル。
しかも、戊辰戦争で痛んでしまった城は、そのままにしておくと物理的にも危険でした。

特に著名なのが最も激しい戦場となった会津若松城ですね。

会津戦争後に撮影された若松城/wikipediaより引用

「武士の時代は終わったし、破壊してしまえ」
そんな考えのもと、天守閣は破損対象となってしまったのです。
あぁ、もったいない!

真田家でおなじみの上田城に至っては、建物が一時期遊郭に使われたとか。
なんとも悲しいものです。

天守閣や櫓などの建造物は、その性質ゆえに悲劇から逃れられません。

上田城址夕景

それでは石垣は?

大丈夫ですよね。

もちろん保存状態に優劣はありますが、基本的には当時の姿のまま残されているケースが多い。

戦国時代や江戸時代から。
ありのままの姿を私たちに伝えてくれて、見応えバッチリ!

当時の工事担当者たちの誇りが詰まりに詰まった宝物なのです。

 

スポンサーリンク

石垣に刻まれた大名のサインとは

石垣のことをちょっと想像してみてください。

あのデカさ、重たそうな石を、えっちらおっちら工夫をして、当時の人が運ぶ――。
我々には想像を絶するというか。
ショベルカーなどの重機もない時代にトンデモナイ苦労だとは思いませんか。

絶え間ない地震に襲われるこの大地で、崩れずに残っているのも相当スゴイことでしょう。
そこには昔の人の叡智と工夫がある!

その見方、楽しみ方を教えてくれるのが本書なのです。

例えば、石垣の表面に【工事担当者のサイン】のようなものが掘られていたりするのをご存知ですか。
本書で取り上げられた名古屋城は、20もの大名が参加しておりますから、そんな刻印がたくさんあるわけです。

ただし、現代においては、専門家でなければ誰のものか判別できない。

理由は単純。
ご丁寧にフルネームで入れられているワケじゃないんですね。
当時の人が見たらわかればいい。だから、刻みやすい独特のカタチとなる。

そこで本書では、実際にどんな印が使われていたか、写真を用いて懇切丁寧に説明しています。

例えば名古屋城といえば、加藤清正伝説がありますね。

名古屋の民にとって、自慢の種である名古屋城。あの築城名人の清正公が活躍した!
そんな風に信じたかったのでしょう。

結果、名古屋城にある巨大な「鏡石」を運んだのは、清正公だと伝説にまでなり、ついたあだ名が「清正石」。

しかし!

実はこの石を運んだのは黒田長政なのです。
長政の扱い……可哀相過ぎるやろ。

同時にこの逸話は、
『築城スキルって大切なんだな。当時の人はそこも見ていたのだな』
と現代にそんな思想があったことを伝えてくれます。

名古屋城には、「清正公石曳きの像」という銅像もあります。

「清正公石曳きの像」

鏡石を運んだ姿をイメージしたのでしょう。

実際、名古屋城建設の際、石の上で音頭を取った伝説はあるそうですけれども……その愛を長政にも分けてあげようよ! なんて思わないこともありません。

本書には、そんな楽しい逸話も盛り込まれています。

 

石垣をうまく詰めない?そんな大名、ダサイわね♪

石垣の役割というと、皆さん何だと思いますか?

「そりゃ防御でしょ。敵兵が登って来たら、跳ね返すようになっているわけだし」

その通りです。それはそうです。
本書でも説明されるように、最初期のものと比較すると、時代がくだるにつれこの防御機能がアップしてゆきます。

古墳時代から石垣の歴史をたどる本書では、戦国期に花開いた、防御施設としての石垣の工夫にも触れられています。

建設も辛いけど、城攻めも辛いんだなあ。
と、ここで止まっちゃうのが石垣の認識かもしれません。

しかし、再び思い出してみてください。
あの名古屋城の加藤清正伝説です。

江戸時代以降の石垣は、大名にとってステータスシンボルになったのです。

太平の世だから防御スペックはもう不要なハズ。
しかし、イケてる石垣を積み上げないと、バカにされてしまうのでした。

これはある意味、実践的な防御力重視よりも厳しいかもしれません。

築城スキル。
石ゲットスキルや財力。
そして石垣を装飾するセンス。

そうした総合力があってこそ、
「あの大名、やるじゃん!」
と、周囲から尊敬されるわけです。それができないと、屈辱的なことになりかねません

本書の大阪城において紹介される前田利常の逸話は、もうそういう築城コンプレックスを刺激してきて、涙なしでは読めません。

「北陸に100万石っていうけどさ、ぶっちゃけ前田利常の築城スキル駄目すぎるわ」
「北国衆の築く石垣は、ショボいわ〜」
そんなふうに幕府に対して他大名からも訴えられ、格下の北陸諸藩とまとめられてしまったのです。
屈辱にもほどがあります。
これは泣ける……。

しかし、そんな悔しさをバネにしたからこそ、江戸城の石垣工事では「切り込みハギ」の最高峰とまでされる天守台を作り上げたのだとか。
かくして前田家は独自の石垣文化を生み出したんですね。

石垣……すごいぞ、石垣!
まさかそこまで大名のプライドが込められたドラマだとは知りませんでしたよ!

「見せてあげます、前田本気の石垣を!」前田利常/wikipediaより引用

 

スポンサーリンク

石垣について知りたいポイントを網羅!

本書は、そんな石垣についてのより抜き解説だけでは終わりません。

基本からマニアックで深い内容までたっぷり。

「石垣の基礎知識」では、歴史や製作工程、構造の工夫まで、様々な観点から説明されます。

どうやったらあんなデカイ石を運べたのか。あるいは削れたのか。
そういう方法や過程ってなかなか知り得ませんよね。

本書を買うべき理由はこれだと頷くしかありません。
大名と違って名前すら残らない「穴太衆(石垣のプロ集団)」にも、きっとドラマがあったことでしょう。

そういうことが想像できて、石垣への愛着がどんどん湧いてきてしまいます。

 

その愛に覚醒してしまう

本書を読めば、もう石垣愛が覚醒。
最寄りのスポットへ、夜討ち朝駆けをしてでも参上したくなることは必定です。

そんな読者のニーズに応えたかのように、巻末には「全国おすすめ 石垣の名城36」が附属されてます。

このチョイスがもう、流石としか言いようがありません。
それはもう石垣に特化しておりますから、観光地としてはマイナーな城も含まれております。
しかも、見所は石垣ですので、所在地以外はほぼ石垣についてしか書かれていません。

ただ、ディープなだけに情報の深度がすごい!
そうか、そんな見方があるのかと唸らされるものばかりで、過去に自分が訪問した城があると、無念のあまりのけぞりたくなってしまいます。

「うわああ、あの城を見てきたのに、石垣のそんな特徴をじっくり見なかった! 天守閣から景色を見て、あんみつ食べて、お土産買って。なんだか、わかった気になって喜んでいた! 私のバカバカバカバカ!」

そんな無念を抱いてしまった方もご安心。
アクセス情報もバッチリ掲載されておりますから、また行く気が出てきます。

ああ、石垣が見たい!
本書をカバンに入れて、今すぐ石垣を見に行きたい!

読み終えて湧いてきたのは、まさしくそんな感慨です。こんなに石垣愛を噛みしめる日が来るなんて思いませんでした。

皆さんも、本書を手にして石垣愛を燃やしてみませんか。
城の新しい魅力を発見できる、歴史ファンなら必須の一冊です。




スポンサーリンク


文:小檜山青

【参考】
石垣の名城 完全ガイド (The New Fifties)

 



-戦国武将データベース, お城, 書籍・映画

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2018 All Rights Reserved.