西郷どん特集 書籍・映画

菅原文太兄ぃは仙台藩士の末裔~書評『仁義なき幕末維新』に見る賊軍子孫の気骨

投稿日:

以前読んだ大河ドラマ関連の本で、こんなことが記載されておりました。

大河の出演がキッカケで役者としてのキャリア、それのみならず人生まで変わる人もいる――。

その一例として挙げられたのが、最近では綾瀬はるかさん。

アクション女優として開眼し、歴史・社会的なキャリアも増加しました。
単に、かわいらしい、癒し系女優だけではない、大きな女優像へ変貌を遂げたと、僭越ながら私も感じております。

綾瀬はるかさん「八重の桜は宝物」 戊辰150年式典・トークショー

もう一人、この好例としてあげられていたのが、菅原文太さんです。

 

菅原文太さんと言えば、やっぱり仁義なき戦いシリーズ!
しかし、1980年大河『獅子の時代』で会津藩士・平沼銑次を演じることによって、ただの役者ではなく、歴史に造詣が深い人物に育っていったのだと言います。

そうなんです。
実は文太さん、スゴイ歴史好き!
知識も半端ない!!

それは『仁義なき幕末維新 われら賊軍の子孫 (文春文庫)(→amazon link』を読めばわかります。そして唸らされます。

賊軍子孫同士の、明治維新への目線。本書からは『花燃ゆ』と『西郷どん』はナゼ大ゴケし、東日本中心に総スカンをくらったのか、その理由も痛感できる一冊なのです。

 

「明治維新の正と負の面を考える」

文太さん、あんたぁ、本気だな。

本書は、ページをめくった瞬間から、脳天直撃します。
ともかく熱い対談草案の筆跡と文章を見て、この人は本気だ、ものすごいぞ、と衝撃!

「明治維新の正と負の面を考える」
そう始まる草案冒頭から、この人は本気でガッツリ明治維新について語るつもりだな、と覚悟を感じるのです。

そんな文太さんは仙台藩士の子孫です。

対談相手の半藤さんは、長岡藩士の子孫です。

河井継之助/wikipediaより引用

文太さんは、仙台藩のことをなかなか冷徹に見ている部分もあります。
奥羽越列藩同盟の主役のようでありながら、途中から腰砕けになってしまったのだと語ります。

故郷仙台へのいささか厳しい目線は、なかなか興味深いものがあります。
ここまで言ってもよいものか?
と、ちょっとドキドキするくらい辛辣だったりするときも。

このあたりで文太さんの歴史観、冷徹な目、観察力、調査力はとんでもないと把握できました。
そして、その印象は、読めば読むほど強くなります。

これだけ中身がある方ならば、あの演技力も納得できるというもの。
それでもご本人は「俺は演技が下手」とも言うのですから……。

文太兄ぃにはもう参るしかございません!

 

アウトローやテロリストから見た明治維新

文太さんの代表作といえば、やはり『仁義なき戦い』です。

そんな彼であればこそ!
と思えるのが、博徒だって明治維新を動かしたという見方です。

ただ、これはとても辛く、苦い目線でもあります。
彼らは戦ったものの、使い捨てにされた面があるのです。

※以下に、本サイトでの関連記事がございますので、よろしければ後ほどご確認ください

幕末の侠客はエクスペンダブルズ?伊藤春奈著『幕末ハードボイルド』に学ぶ

徳 ...

続きを見る

斬り捨てずに、敢えて見る。
そこが文太兄ぃじゃないですか。

彼の演じたヤクザ像にどっぷりハマったファンからすると、それでこそだと拍手喝采を送りたくなるところでもあるのです。

このアウトロー幕末維新関連の話、これはもう文太兄ぃファン以外も必読です。

特に半藤さんが新門辰五郎の伝記を書いた理由。
必読でしょう。

新門辰五郎と芳~徳川慶喜に愛された火消しと娘 マンガのように爽快な生涯

「 ...

続きを見る

表舞台に立ち、明治政府を担った英雄だけが、幕末を生きていたわけじゃない!

敗北し、アウトローであった幕末の人物にも、子孫は当然いるわけです。
自分のご先祖を誇りに思っていて、忘れないでいて欲しい。

そう願う日本人は当然ながらおるわけですよ。

相楽総三に関する言及も、なんとも言えぬ悲哀が満ちております。

相楽総三と赤報隊は時代に散った徒花~西郷に見放された草莽の志士たち

慶 ...

続きを見る

やっぱり、どうしても、読みながら文太兄ぃとこうしたアウトローを重ねてしまうんですよね。

相楽の虚しさには、文太兄ぃはものすごく心を寄せていたのだと思われます。
彼の最期に思いを寄せる達筆の色紙が掲載されておりまして、これを見るだけでぐっとくるものがありますよ。

相楽への言及としても大変優れた対談内容です。

アウトローから取り上げるだけでも珍しいもの。このことだけをとっても、本作は幕末ファンならば買っておいて損はないと言い切れます。

 

「仁義なき」って映画とかけただけじゃない

本書のタイトルを見て、大半の方はこう思うことでしょう。

「ああ、文太さんの代表作品とひっかけたわけね」

実は、それだけじゃないんです。

本当に心の底から、
「明治維新に仁義なんてない」
と、お二方が言い切っているのです。

孝明天皇毒殺疑惑。
倒幕の密勅の胡散臭さ。
相楽総三はじめとするアウトロー、非情の斬り捨て。
奥羽諸藩が被った絶大な被害。

維新の英雄たちに、二人が向ける目線は冷たいのです。
『アイツら、まるで仁義なんかねぇことをしやがったな……』というもの。

そもそも明治維新が素晴らしいものと言えるのかよ、というところまで到達しております。

言われてみれば明治初期は、日本中で不平不満がくすぶっておりました。

それをうまくなだめて、薩長こそ正義で、国が出来たのだと教育できた成果はたいしたものだ。
そこを褒めてはおりますが、皮肉たっぷりの口調です。

それもそのはず。
「仁義なき幕末維新」を【誤魔化す方法だけはたいしたものだ】と言ってるようなもんですからね。

 

賊軍子孫の抵抗の仕方

この対談は、「賊軍子孫の遺言になったな」という締めくくりがなされます。

お二人が「どうせ150周年ということで盛り上げるつもりだろう」と冷たい予想をしていた2018年を迎えております。

予想は的中しておりますね。

大河ドラマの『西郷どん』は、ドラマの質的にも視聴率的にも大苦戦。
その苦戦の理由も、本書を読めばわかります。

未だに薩長にだけ都合がいい、戦前レベルの歴史観で作られたドラマが面白いワケがない。
そんなもん、本書を読んで喝采を送るような賊軍子孫からしたら、ふざけたシロモノでしかありません。

本書の行間から、負けてしまった側が抑え込まれながらも、どうやって先祖の業績を残そうとしてきたかが伝わってきます。こういうエネルギーを踏んづけて、見なかったことにして、軽薄な美化を垂れ流して、それが受けるほど甘くはないってことです。

お二人のスタンスは、賊軍子孫の戦闘姿勢が実によく出ております。

賊軍という呼び方も、最近では使われないようになっております。
それを、敢えてこの二人は「賊軍」と名乗り、叛骨心を見せ付けているわけですね。

そんな二人は、安易な美化に走らず、史料を重ねて武器にして、フィールドワークをして歩いてゆきました。
そこまで徹底的に理詰めにして、厳しい目線をチラつかせながら、斬り込んでゆく。

これが、賊軍の戦い方だな。
そう思うんです。

「明治維新イエーイ! お祝いしよう!」
っていう感じの勢力に、史料を束にして突っ込む感じですね。

『西郷どん』も、作品そのものはツマラナイですが、冷静に突っ込む意見はものすごく面白かったりする。

明治維新は日本が真っ二つになった戦いです。
どちらを描いても、反発は喰らいます。

この二人の対談を読みますと、明治維新礼賛がどんな反発を喰らうのか、実によくわかるのです。
しかも、反発するにせよただの感情論ではなく、あくまで理詰めで、斬り込んで来るというわけ。
それが賊軍魂だ!

この戦い方が、まさに文太兄ぃの姿とも重なります。
知識とフィールドワーク、それに感性を武器にして、歴史に斬り込む姿は、これぞファンが見たかった菅原文太像です。

スクリーン以外でも、演じる以外でも、こんな戦い方ができる文太兄ぃ。
やっぱりカッコよすぎますわ。

こんなにカッコイイ役者さんだったのに、ある歴史的人物を演じることに躊躇していたとわかるあたりも、感慨深いものがあります。

惜しまれる点があるとすれば、東日本大震災や文太兄ぃの死により、対談がここまでで終わったところでしょうか。

ともかくこれは、濃厚でものすごい一冊です。

タレント本じゃない、断じてそんなものじゃない。
文太兄ぃは、自分の脚で歩いて歴史を探り、本を読み、そして頭できっちりと考える人です。

作家の半藤さんは言うまでもございません。

歴史に向き合って、自分たちを「賊軍子孫」と胸を張って言える。
本書はそんな骨太な一冊なのです。

『仁義なき幕末維新 われら賊軍の子孫 (文春文庫)(→amazon link)』

文:小檜山青

【参考】
『仁義なき幕末維新 われら賊軍の子孫 (文春文庫)(→amazon link

 



-西郷どん特集, 書籍・映画

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2019 All Rights Reserved.