イラスト・富永商太

戦国時代

戦国時代の百姓はタフに生き抜く 領主を巻き込み村同士の合戦も辞さぬ

こちらは2ページ目になります。
1ページ目から読む場合は
戦国時代の百姓
をクリックお願いします。

 

百姓を軽んじる大名に、今日を生きる資格はねえ!

百姓が領主をも巻き込んだ戦国時代。

彼等は一方的に収奪されていただけではありません。

戦国の百姓たちは、しばしば「世直し」を求めました。

背景には、古代・中世にあった「天道思想」があります。「天道」にかなう者こそが世を統治する、というものです。

天変地異や災害が続発するということは、為政者が「天道」に背いているということ。

そうしたことが起こったら、改元する、主君を変更して「天道」にかなう者に交替せねばならない、という思想です。

怖いものなしであるかのように思える戦国大名も、領内で深刻な飢饉が起こり、その対策が不十分だと、百姓たちは世直しを求めます。

その声は時に世論となり、政権交代を後押しするのです。

その一例が、武田晴信(信玄)が父・武田信虎を追放したクーデターです。

武田信虎
武田信虎(信玄の父)は暴君に非ず! 武田家飛躍の土台を築いた悲哀の生涯

続きを見る

妊婦の腹を裂いた等、信虎の悪行の数々は脚色されて伝わっていますが、実際のところ彼は飢饉に際して適切な処理を行えませんでした。

そのため信虎への厳しい世論は高まっており、晴信はそれに乗じてクーデターを成し遂げたわけです。

百姓の期待を背景にした政権交代劇は、子が親を追い落とす悪事としてではなく、若い当主による世直しとして、領国の百姓から歓迎されたのでした。

 

一揆、そして逃散

もっと直接的な手段で不満を訴えることもできます。

一揆、そして逃散です。

不作の場合、百姓は年貢の減免を要求しました。それが通らないと、「逃散」、つまりは山に逃げ込み、年貢納入や農地を放棄してしまうわけです。

厳しい飢饉と戦乱の中、日本中どこの国でも耕す者のいない荒れ果てた地がありました。

こうした土地を眠らせておくと、そこから収穫できるはずの農作物も手に入らず、年貢もおさめられない。結果的に大名にとっては損となるわけです。

「逃散」とはそれを見越した百姓側のストライキでした。

タフでなければ生きていけない。

単なる可哀想な存在でもない。

戦国時代の百姓たちは、知恵をしぼり、時に領主にも渡り合いながら、厳しい時代を生き抜いていたのです。

戦国大名だけでなく、彼らから学べることも多い気がしてなりません。

みんなが読んでる関連記事

戦国時代の人取り・刈田・七尺返し
戦国時代はリアル北斗の拳ワールド! 食料を奪い人身売買も日常だった

続きを見る

一向一揆
戦国時代に頻発した一向一揆10の事例!悪いのは浄土真宗か権力者か?

続きを見る

山城の国一揆
戦国期に三十六人衆を中心として独立!山城の国一揆ってどんな一揆?

続きを見る

戦国時代のミリメシ事情 兵士たちは何を食ってた?ご馳走は「縄」です

続きを見る

加賀一向一揆
鬼柴田が平定した加賀一向一揆~北陸の戦国騒乱はなぜ100年も続いたか

続きを見る

武田信玄
史実の武田信玄は最強の戦国大名だった?人物像に迫る生涯53年まとめ

続きを見る

戦国時代の外国人宣教師
外国人宣教師から見た戦国時代のニッポン 良い国or悪い国or鴨ネギな国?

続きを見る

武田信虎
武田信虎(信玄の父)は暴君に非ず! 武田家飛躍の土台を築いた悲哀の生涯

続きを見る

小檜山青・記

【参考文献】
『百姓から見た戦国大名 (ちくま新書)』(→amazon

TOPページへ

 



-戦国時代