安藤守就

絵・小久ヒロ

戦国時代

安藤守就は信長に従った西美濃三人衆の一人~知られざる不憫な最期とは

こちらは3ページ目になります。
1ページ目から読む場合は
安藤守就
をクリックお願いします。

 

天正十年(1582年)運命の本能寺

同時期に林秀貞や丹羽氏勝も、何だか曖昧な理由で信長に追放されています。

織田家の筆頭家老だった林秀貞!なぜ信長に追放されたのか?その生涯

続きを見る

記録に残らないような事情があったのか。それとも誰かの讒言でもあったのか。

守就らは一族揃って稲葉良通の預かりとなり、不遇をかこつ日々が続きました。安藤氏の領地も稲葉氏のものになってしまったのです。

そんな最中の天正十年(1582年)6月2日、今度は日本全土に激震が走りました。

本能寺の変が起こったのです。

本能寺の変
本能寺の変で光秀はなぜ信長を裏切ったか 諸説検証で浮かぶ有力説は?

続きを見る

守就たちにとっては、旧領を取り返す絶好のチャンスに見えたことでしょう。

守就は息子たちと共に、旧領の北方城(本巣郡北方町)を占拠して大名に返り咲こうとしました。

しかし、同様のことは他の武将たちも考えています。

結局、守就は、稲葉良通らに攻められ、6月8日、一族もろとも自害という末路を辿ってしまうのでした。

 

稲葉とは以前からトラブルがあった?

同じ西美濃三人衆に滅ぼされるとは、なんとも歯がゆい思いだったことでしょう。

これにより安藤守就直系の子孫も絶えてしまっています。

ただし、守就の末弟・安藤郷氏の息子である安藤可氏が、叔父・山内一豊の下へ身を寄せ、山内姓を許されて明治時代まで血筋は続いたそうです。

守就は本能寺の後にもう少し情勢を見ていれば、復権することも不可能ではなかったと思われるだけに、何とも惜しいところです。

古馴染みだったはずの良通と真っ先にぶつかり合っているあたり、以前に良通と何かトラブルがあって、それを裁く形で信長が追放したのかもしれません。

あるいは守就の母が良通の伯母だとも言われていますので、土地や何らかの権利を巡る一族内での対立などがあっても不思議ではありません。

まだまだ不明な部分も多いので、今後の研究によって評価が変わってくる可能性も高い安藤守就。

「西美濃三人衆の一人」という知名度の割に、その不憫な最期もあまり知られていない気がします。

みんなが読んでる関連記事

織田信長
織田信長 史実の人物像に迫る!生誕から本能寺まで49年の生涯まとめ年表付

続きを見る

稲葉一鉄(稲葉良通)
稲葉一鉄(美濃三人衆の一人)は信長の下でどんな活躍を? 生涯74年まとめ

続きを見る

竹中半兵衛重治
竹中半兵衛36年の生涯まとめ 官兵衛と並び称される天才軍師の実像とは?

続きを見る

美濃の戦国大名・土岐頼芸~道三に追い出され信玄に拾われた83年の生涯

続きを見る

斎藤道三
斎藤道三 史実の人物像に迫る!マムシと呼ばれた戦国大名63年の生涯

続きを見る

村木砦の戦い 信長が泣いた~戦国初心者にも超わかる信長公記14話

続きを見る

信長の尾張統一
信長は尾張統一に14年間もかかった 1552年から1565年の軌跡 年表付

続きを見る

斎藤義龍
斎藤義龍(道三の長男)はなぜ父マムシを殺したか?33年の生涯まとめ

続きを見る

織田家の筆頭家老だった林秀貞!なぜ信長に追放されたのか?その生涯

続きを見る

長良川の戦い
長良川の戦いで父・道三と息子・義龍が激突!その後の斎藤家はどうなった?

続きを見る

斎藤龍興(道三の孫)が信長に敗北! 国を追われてネチネチ攻撃やり返す

続きを見る

足利義昭(覚慶)61年の生涯! 信長と共に上洛し京を追われてどうなった?

続きを見る

信長と義昭 上洛戦の一部始終! 岐阜から京都までどんな敵と戦っていた?

続きを見る

姉川の戦い(信長vs浅井朝倉)をスッキリ解説! 実質引き分けだった?

続きを見る

浅井長政(信長を裏切った男)29年の生涯とは?その血は皇室へ続く

続きを見る

長島一向一揆で信長が宗徒2万人を虐殺! 徹底的に潰したのは何故か?

続きを見る

槇島城の戦い(信長vs義昭)で室町幕府滅亡! 意外と緻密だった将軍の戦略

続きを見る

浅井朝倉の脅威はなくなったが……本願寺が再び蜂起!信長公記109話

続きを見る

信長を長年苦しめた伊勢長島の一揆勢 ついに最終決戦へ! 信長公記116話

続きを見る

柴田勝家
当初は信長と敵対していた柴田勝家 秀吉に敗れるまでの生涯62年まとめ

続きを見る

豊臣秀吉
豊臣秀吉 数々の伝説はドコまで本当か? 62年の生涯まとめ【年表付き】

続きを見る

本能寺の変
本能寺の変で光秀はなぜ信長を裏切ったか 諸説検証で浮かぶ有力説は?

続きを見る

長月 七紀・記

【参考】
国史大辞典
太田 牛一・中川 太古『現代語訳 信長公記 (新人物文庫)』(→amazon
日本史史料研究会編『信長研究の最前線 (歴史新書y 49)』(→amazon
谷口克広『織田信長合戦全録―桶狭間から本能寺まで (中公新書)』(→amazon
谷口克広『信長と消えた家臣たち』(→amazon
谷口克広『織田信長家臣人名辞典』(→amazon
峰岸 純夫・片桐 昭彦『戦国武将合戦事典』(→amazon

TOPページへ

 



-戦国時代

© 2021 BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン)