富田信高と安濃津城の戦い

絵・小久ヒロ

戦国時代

戦場に現れた美丈夫は俺の嫁?富田信高と安濃津城の戦い【関ヶ原前哨戦】

こちらは2ページ目になります。
1ページ目から読む場合は
富田信高と安濃津城の戦い
をクリックお願いします。

 

「お、お前……オレの嫁じゃないか!!?」

疲れきっていた信高も目の前の光景が信じられず、まずは誰なのか確かめようと少しずつ近づきました。

生き残れたらその武士に褒美を与えなければいけませんし、それでなくても命の恩人です。

しかし、顔を見てもさっぱり見当がつきません。

「もしかして、分部殿の家臣だろうか?」とも思いますが、それにしても何かおかしい。

いったい誰だろうとハテナを浮かべる信高に、武士のほうから近付いてきました。

「殿が討ち死にされたと聞き、私もお供しようと出て参りました。まさか、生きてお会いできるなんて……!」

信高を連れ、城の中へ退きながら武士は語ります。

そこで初めて信高も気がつきました。

「お、お前……オレの嫁じゃないか!!?」

なんと、その武士は信高の奥さんだったのです。

実名は伝わっていませんが、宇喜多忠家(直家の弟)の娘だそうですから武士の娘には違いありません。

武器や戦時の心得もあったことでしょう。

 

改易になってしまう しかしその原因は……

しかし普段奥にいる妻がいきなり実戦に出てくるなんて、いくら何でも予想の斜め上どころか圏外です。

生死を共にしようとしただけでも嬉しかったでしょうし、信高はまさに男冥利に尽きる気分だったでしょうね。

このとき、信高も奥さんも二十代半ば~後半の若い夫婦だったそうです。

その後、信高は降伏することになるのですが、奥さんの雄姿は「巴御前の再来のようだ」と褒め称えられ、今に伝えられています。

幕末に活躍した月岡芳年(つきおかよしとし)という画家がこの逸話を元にした浮世絵を描いているほどです。

富田信高とその妻 月岡芳年/wikipediaより引用

その後、信高は宇和島藩主(愛媛県)になりますが、罪をおかして逃亡中のある人をかくまった罪で改易となってしまいます。

せっかく生き残れたのに何をバカなマネを……と、思ってしまいますよね。

しかし、それも致し方ないことだったかもしれません。なぜなら、ある人とは、妻の甥っこ(坂崎左門)だったのです。

「妻の恩を返したのだから悔いはない」

信高はそんな風に考えたのでしょうか。

もっと広まってもよい戦国夫婦かと思われます。

みんなが読んでる関連記事

義姫
政宗の母で義光の妹・義姫は有能なネゴシエーター 毒殺などあるわけない

続きを見る

三条夫人
三条夫人(信玄の正室)は本当に高慢ちきな公家の姫だったのか?

続きを見る

立花誾千代
鬼道雪の娘にして最強宗茂の妻・立花誾千代! 戦国一のガチ女城主か

続きを見る

駒姫
駒姫(最上義光娘)の処刑は理不尽の極み! 東国一の美女が秀次事件で

続きを見る

大政所(秀吉の母・なか)
大政所(秀吉の母・なか)天下人を産んだ母はどんな女性だった?

続きを見る

五龍局(元就の娘)
五龍局(元就の娘)は弟・元春の妻と超冷戦? 小姑と嫁の関係は難しい

続きを見る

毛利秀元(元就の孫)は初陣【文禄の役】で毛利軍3万の総大将を務めた智将也

続きを見る

毛利元就の手腕鮮やか!一体どんな策や合戦で中国地方8カ国を支配したか?

続きを見る

穂井田元清
元就の四男・穂井田元清は虫けらではない! 謀将子息の知られざる功績

続きを見る

豊臣秀吉
豊臣秀吉 数々の伝説はドコまで本当か? 62年の生涯まとめ【年表付き】

続きを見る

徳川家康
徳川家康 史実の人物像に迫る!生誕から大坂の陣まで75年の生涯 年表付

続きを見る

石田三成
日本一の嫌われ者・石田三成を史実から再評価!豊臣支えた41年の生涯

続きを見る

小松姫
戦国最強の妻は小松姫(稲姫)でOK? 真田を守った信之の正室は忠勝の娘

続きを見る

長月 七紀・記

【参考】
国史大辞典
笠谷和比古『関ヶ原合戦 家康の戦略と幕藩体制 (講談社学術文庫)』(→amazon
渡邊大門『井伊直虎と戦国の女傑たち~70人の数奇な人生~ (光文社知恵の森文庫)』(→amazon
阿部猛/西村圭子『戦国人名事典(新人物往来社)』(→amazon

TOPページへ

 



-戦国時代