明智左馬助(明智秀満)

絵・小久ヒロ

明智家

明智左馬助(明智秀満)史実ではどんな人物だった? 謎多き光秀の側近

こちらは3ページ目になります。
1ページ目から読む場合は
明智左馬助(明智秀満)
をクリックお願いします。

 

左馬助は長兵衛に語りかけました。

「私も武将として、時には我身を犠牲にしてでも武名を挙げようと腐心してきた」

「はい……」

ところが、見ての通り今はこのような立場だ。たとえここで功名を挙げたとしても、結局は私のようになってしまうかもしれない。貴殿も武士を辞め、生き死にの日常とは離れた一生を送ってみてはどうか」

そして餞別として黄金を与えると、長兵衛は後世、その資金をもとに商人として大成したというものです。

堀秀政や長兵衛との逸話はあくまで俗説であり、史実として信頼することは難しいでしょう。

ただ、志半ばで斃れた左馬助の人柄や想いが伝わってくるのではないでしょうか。

かくして全ての事後処理を終えた左馬助(秀満)は、坂本城に火を放ち自害しました。

享年は史料によって幅が大きく断定はできませんが、おおよそ20代後半~40代前半と推定されています。

なお、左馬助の父とされる人物も丹羽国の横山で捕らえられ、京都の粟田口(現在の京都市東山区)あたりで磔にされたと記録されています。

明智左馬助は、記録上わずか5年足らずの期間しか具体的な行動が確認できません。生涯の多くが今なお謎に包まれています。

しかし、ミステリアスな存在感と悲劇的な末路がかえって注目され、これからも光秀の右腕として語り継がれていくのではないでしょうか。

大河ドラマでの最期にも注目が集まるところでしょう。

 

左馬助(秀満)の出自は?

明智左馬助(明智秀満)の出自については、近年、

「三宅氏説」
「明智氏説」
「遠山氏説」

の3説が主に提唱されていて、この部分はある程度研究が進んでいます。

一つずつ見て参りましょう。

【三宅氏説】

光秀の家臣として明智家に仕えていた三宅氏一族の出身であるという説です。

根拠としては、秀満が「三宅弥平次」と名乗っていたことが挙げられます。

三宅氏の出でありながら明智姓を名乗っていた理由は、光秀の娘を娶り、娘婿になったという事実から説明が可能でしょう。

史料不足のため確定こそ出来ないものの、逆に三宅氏説を否定できる根拠もなく、現状では最有力の説といえます。

【明智氏説】

「明智氏説」については、秀満が光秀の叔父である明智光安の子であり、光秀とは従兄弟の関係にあったというものです。

同説の根拠としては、明智家の事績を伝える『明智軍記』や、諸家の系図を全てまとめた『系図纂要』という史料で上記の内容が確認できることでしょう。

しかし、『明智軍記』『系図纂要』はいずれも江戸時代中期以降に作成された書物であり、内容については矛盾も多く含んでいます。

そのため先行研究では「明智氏出身説は誤りである」と断言されており、俗説の域を出ていません。

【遠山氏説】

最後に「遠山氏説」について。

こちらは明治期に幕末志士として活躍した阿部直輔が校正した『恵那叢書』という書物で提唱された説です。

秀満の父とされる光安が美濃明智城主の遠山景行と同一人物であり、そこから発展させて景行の子が明智光春と同一人物で、さらに光春本人が秀満であるという内容です。

ただし、この説はかなりの「こじつけ」であり、秀満の父を光安と断定してしまっている点にも問題があります。

さらに、明智光春と秀満が別人であることが立証されており、その前提も成り立ちません。

したがって、学術書においてはあまり顧みられることのない信ぴょう性の低い説となっています。

 

『明智軍記』の前半生を家系図でスッキリ

明智左馬助(明智秀満)の前半生については『明智軍記』に記載があります。

が、史料自体が矛盾を多く含み、あくまで俗説だと踏まえた上で振り返らせていただきます。

同軍記によると、秀満は前半生を美濃にある明智城で過ごしました。

そこは長山城とも呼ばれて現在の岐阜県可児市にあり、秀満の父とされていた明智光安が城主。光安は、明智光秀の叔父にあたります。

明智光安
明智光安(光秀の叔父)とは何者だったのか?『麒麟がくる』西村まさ彦さん

続きを見る

光秀の父とされる明智光綱が光安の兄。

つまり秀満と光秀の間柄は従兄弟になりますね。大河ドラマでの帰蝶も含めてまとめますと以下のような系図になります。

しかし、彼らの美濃での生活は、突如として終わりを告げました。

弘治2年(1556年)、斎藤道三斎藤義龍による争いが勃発。

長良川の戦いで道三が敗死すると、その味方をしたということで明智家も義龍に攻められるのです。

長良川の戦いでマムシと激突! その後の高政(義龍)&龍興はどうなった?

続きを見る

結果、明智城は落城。

光安は自害し、秀満は光秀らと共に城を出て浪人になりますした。

明智城の戦い~光秀や光安の居城はどうして高政(義龍)に攻められた?

続きを見る

その後、光秀が信長に仕えるまでの期間についての記載はありません。

あくまで推測ですが、光秀同様、越前の朝倉氏を頼るなどして、やがて室町幕府15代将軍・足利義昭に仕えたと考えることも可能です。

足利義昭(覚慶)61年の生涯! 信長と共に上洛し京を追われてどうなった?

続きを見る

何度も申し上げますように、この前半生の記載はかなり危ういもので、あくまでフィクションとして捉えるべきでしょう。

結果的に当たっているかもしれませんが、それは別の信頼性ある史料が出てからの話。他ならぬ明智光秀自身の記録すらほとんど残されておらず、すべては闇の中です。

しかし、物語を作る上では、そのことが良い方向へ作用する可能性もあります。

大河ドラマ『麒麟がくる』で、明智左馬助(明智秀満)の最期は如何にして描かれるか?

一戦国ファンとして待ち遠しいばかりです。

みんなが読んでる関連記事

明智光秀
明智光秀の史実を振り返る!麒麟がくるとは何が違ったか?55年の生涯まとめ

続きを見る

織田信長
織田信長 史実の人物像に迫る!生誕から本能寺まで49年の生涯まとめ年表付

続きを見る

信長の茶器
信長の愛した茶器まとめ!どんな名物を所持し 配下の者に与えたか?

続きを見る

本能寺の変
なぜ本能寺の変で光秀は信長を裏切ったか?諸説検証で浮かぶ有力説はコレ!

続きを見る

斎藤利三
斎藤利三(稲葉家→明智家)は光秀の右腕として丹波を統治!そして本能寺へ

続きを見る

安田国継
本能寺で信長に一番槍を喰らわせた安田国継~その後は有力大名を転々と!

続きを見る

織田信忠(奇妙丸)信長の跡継ぎってどんな人? 最後は光秀に命を狙われ

続きを見る

光秀の築いた坂本城は織田家にとっても超重要!軍事経済面からスッキリ解説

続きを見る

明智煕子(光秀の妻・妻木煕子)
光秀の妻・明智煕子(妻木煕子)のナゾ多き史実~糟糠の妻の生涯とは?

続きを見る

堀秀政は信長に寵愛され秀吉に信頼された「名人久太郎」38年間の武将人生

続きを見る

明智光安
明智光安(光秀の叔父)とは何者だったのか?『麒麟がくる』西村まさ彦さん

続きを見る

長良川の戦いでマムシと激突! その後の高政(義龍)&龍興はどうなった?

続きを見る

明智城の戦い~光秀や光安の居城はどうして高政(義龍)に攻められた?

続きを見る

足利義昭(覚慶)61年の生涯! 信長と共に上洛し京を追われてどうなった?

続きを見る

文:とーじん

【参考】
谷口克広『織田信長家臣人名事典』(→amazon
谷口研語『明智光秀:浪人出身の外様大名の実像』(→amazon
和田裕弘『織田信長の家臣団-派閥と人間関係』(→amazon

TOPページへ

 



-明智家
-

© 2021 BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン)