明智光忠

絵・小久ヒロ

明智家

光秀に本能寺襲撃を相談された明智光忠~明智四天王の一人その生涯

こちらは2ページ目になります。
1ページ目から読む場合は
明智光忠
をクリックお願いします。

 

いざ本能寺へ!

日付は前日の夜。

本能寺の信長は家臣らと語り合った後、彼らと別れて寝所へ入ったと言われています。

そこへ未明になって、乱入したのが光忠や秀満、利三らの家臣。当時、本能寺の周辺にはほとんど兵力が残っておらず、夜襲は極めて効果的でした。

襲撃のとき、肝心の光秀は現地におらず、約8km離れた鳥羽にいた――というニュースも出ておりましたが、信頼できる家臣団が圧倒的大軍で本能寺を囲んでいれば問題なしと判断した可能性もありますね。

◆光秀、本能寺には行かず? 金沢の古文書、家臣の証言(→link

結果、信長はアッサリと自害に追い込まれたとされ、その後継者で既に家督を継いでいた織田信忠も自害を余儀なくされます。

織田信忠(奇妙丸)信長の跡継ぎってどんな人? 最後は光秀に命を狙われ

続きを見る

こうして戦勝を収めた明智勢でしたが、ご存知のとおり彼らの天下は長くは続きません。

中国地方から舞い戻った羽柴秀吉によって窮地に追い込まれ、まもなく【山崎の戦い】で敗れました。

光秀は、戦場から逃走する際、落ち武者狩りに遭い、亡くなったと伝えられます。

豊臣秀吉
豊臣秀吉 数々の伝説はドコまで本当か? 62年の生涯まとめ【年表付き】

続きを見る

山崎の戦い
山崎の戦い(明智軍vs羽柴軍)で秀吉が勝てた理由!敗者の光秀は何処へ?

続きを見る

一方で光忠は、山崎の戦いに参加することはできなかったとも伝わります。

本能寺へ攻め込んだ後、織田信忠が籠る二条御所を攻撃したときに負傷したというのです。

戦に参加することはなかった光忠。そのもとに「光秀が敗れた」という知らせが入りました。

 

燃え盛る坂本城を見ながら……

この時点で光忠は、自身および明智家の末路を悟ったでしょう。

彼は「死に場所」を求めるようにして、本拠であった坂本城へ。たどり着くと、死を前にして城の天守へ火を放ちました。

ただし、城に火を放ったのは明智秀満であるという記載も残されており、放火の主は誰なのか、いまいちハッキリしておりません。

いずれにせよ、燃え盛る坂本城を眼前に光忠が亡くなったことは間違いないでしょう。

光秀の築いた坂本城は織田家にとっても超重要!軍事経済面からスッキリ解説

続きを見る

一世一代の大勝負に参加できず、力を出し切ることがないままこの世を去ることになった光忠。

最期にド派手な逸話を残した左馬助(秀満)に比べるとやや地味な印象もぬぐえませんが、重臣として明智家を支えました。

彼がどのような心情で焼け落ちていく坂本城を眺めていたのでしょうか。

みんなが読んでる関連記事

明智光綱
光秀の父・明智光綱は本当に父親か? 詐称疑惑すら浮かび上がる謎多き出自

続きを見る

明智光安
明智光安(光秀の叔父)とは何者だったのか?『麒麟がくる』西村まさ彦さん

続きを見る

明智左馬助(明智秀満)
明智左馬助(明智秀満)史実ではどんな人物だった? 謎多き光秀の側近

続きを見る

斎藤道三(利政)マムシの生涯63年まとめ! 最期は息子に殺された

続きを見る

長良川の戦いでマムシと激突! その後の高政(義龍)&龍興はどうなった?

続きを見る

明智城の戦い~光秀や光安の居城はどうして高政(義龍)に攻められた?

続きを見る

明智光秀
明智光秀の史実を振り返る!麒麟がくるとは何が違ったか?55年の生涯まとめ

続きを見る

織田信長
織田信長 史実の人物像に迫る!生誕から本能寺まで49年の生涯まとめ年表付

続きを見る

本能寺の変
なぜ本能寺の変で光秀は信長を裏切ったか?諸説検証で浮かぶ有力説はコレ!

続きを見る

斎藤利三
斎藤利三(稲葉家→明智家)は光秀の右腕として丹波を統治!そして本能寺へ

続きを見る

藤田伝吾
藤田伝吾(光秀の腹心)と順慶の関係が明智家の命運を握っていた!?

続きを見る

織田信忠(奇妙丸)信長の跡継ぎってどんな人? 最後は光秀に命を狙われ

続きを見る

豊臣秀吉
豊臣秀吉 数々の伝説はドコまで本当か? 62年の生涯まとめ【年表付き】

続きを見る

山崎の戦い
山崎の戦い(明智軍vs羽柴軍)で秀吉が勝てた理由!敗者の光秀は何処へ?

続きを見る

光秀の築いた坂本城は織田家にとっても超重要!軍事経済面からスッキリ解説

続きを見る

大河ドラマの関連記事は以下にございます

麒麟がくる感想あらすじレビュー

麒麟がくるキャスト

麒麟がくる全視聴率

文:とーじん
絵:小久ヒロ

【参考文献】
明智光秀:浪人出身の外様大名の実像(洋泉社)』(→amazon
『明智光秀・秀満:ときハ今あめが下しる五月哉 (ミネルヴァ日本評伝選 196)』(→amazon
『明智光秀と本能寺の変(筑摩書房)』(→amazon
「明智光秀の親族・家臣団と本能寺の変」『女性歴史文化研究所紀要』18巻(京都橘大学女性文化研究所)田端泰子
明智光忠/wikipedia

TOPページへ

 



-明智家
-

© 2021 BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン)