安田国継

安田国継(落合芳幾作)/wikipediaより引用

明智家

本能寺で信長に一番槍を喰らわせた安田国継~その後は有力大名を転々と!

こちらは3ページ目になります。
1ページ目から読む場合は
安田国継(天野源右衛門)
をクリックお願いします。

 

流浪の武将・勝成とも親交あり

翌日、立花軍が城へ攻めかかると、道中の藪から一人、また一人と、手練らしき武士が出てきました。

襲ってくる様子はないものの素性がわからず、立花軍の人々は困惑して「お前たちは何者か?」と尋ねました。

すると、こう答えました。

「我々は、和泉様の命でここに忍んでおりました。敵の伏兵などがあれば、直ちに知らせるよう仰せつかっていたのです」

和泉は宗茂の舅・立花道雪の代から仕えていたので、主君の性格をよく知った上で、万が一ということがないように斥候を放っていたのでしょう。

これを知った源右衛門は、和泉の深謀遠慮に感じ入ったそうです。

雷切の主・立花道雪の何が凄いのか「勇将の下に弱卒無し」に痺れる憧れる!

続きを見る

また、源右衛門はこの一揆における戦いで水野勝成などと連携し、大きな手柄を立てたといわれています。

勝成も一癖も二癖もある最強クラスの武将で、各地を転々としておりましたから、国継と気が合うところがあったのかもしれません。

水野勝成(家康のイトコ)こそ最強武将! 全国を流浪したリアル傾奇者とは

続きを見る

その後、源右衛門は【文禄・慶長の役】の回想録として『天野源右衛門朝鮮軍物語』を書いたとされています。

しかしこれは文体からして江戸時代の成立とみられるため、本人の著作ではないだろうというのが現代の見方。

彼が残したメモや日記などから後世の人が書き起こしたか。彼が子孫に語った話をどこぞの作家がまとめて本にしたか。多分そのへんでしょうね。

江戸時代の書物は話が盛られることも珍しくないので、どこまで信用していいものか困るのが悩みどころです。

話としては面白いものも多いのですが。

 

「どちらか大出世したら片方を召し抱えよう」

その後は立花家を去り、寺沢広高に仕えて8000石をもらっていたようです。

寺沢広高は尾張出身で、父と共に秀吉に仕えた出世人でした。

永禄六年(1563年)生まれですので、源右衛門とは少し年が離れていますね。

広高は文禄元年(1592年)から、朝鮮の役関係で名護屋城の普請や各地の大名との連絡を担当していたため、このあたりでも国継と何らかの接点があったのかもしれません。

15万の豊臣軍が名護屋城から出兵! なぜ秀吉はこの地に超巨大城郭を築いた?

続きを見る

一説には、彼らは若い頃「どちらかが大出世したら、もう片方を所領の1/10で召し抱えよう」と約束しており、広高がそれを叶えたのだそうです。

いかにも”男の友情”という感じの話ですね。

こうして、晩年は旧知の仲である人のもとで落ち着いた源右衛門でしたが、最期は穏やかならぬものでした。

頬に謎の出来物ができ、しかもどんどん悪化していったため、自ら命を絶ったというのです。

しかもその日は、慶長二年(1597年)の6月2日。

本能寺の変からきっかり15年後のことでした。

当時の人々は「信長の祟りだ」と噂していたそうです。

まぁ、そう思いたくもなるような理由と日付ですが、それまでの十五年間何もせず、いきなり出来物を作って自害させるというのも、なんだかまどろっこしい信長さんの祟りですな。

なお、今なお日本史最大の謎とされている【本能寺の変】の動機――なぜ光秀は信長を討ったのか?――という考察については以下の関連記事をご参照ください。

みんなが読んでる関連記事

本能寺の変
なぜ本能寺の変で光秀は信長を裏切ったか?諸説検証で浮かぶ有力説はコレ!

続きを見る

信長の死因
信長の死因は一酸化炭素中毒がリアル? 本能寺での最期を現代医師が考察

続きを見る

斎藤利三
斎藤利三(稲葉家→明智家)は光秀の右腕として丹波を統治!そして本能寺へ

続きを見る

明智光秀
明智光秀の史実を振り返る!麒麟がくるとは何が違ったか?55年の生涯まとめ

続きを見る

織田信忠(奇妙丸)信長の跡継ぎってどんな人? 最後は光秀に命を狙われ

続きを見る

豊臣秀吉
豊臣秀吉 数々の伝説はドコまで本当か? 62年の生涯まとめ【年表付き】

続きを見る

織田信長
織田信長 史実の人物像に迫る!生誕から本能寺まで49年の生涯まとめ年表付

続きを見る

山崎の戦い
山崎の戦い(明智軍vs羽柴軍)で秀吉が勝てた理由!敗者の光秀は何処へ?

続きを見る

藤堂高虎像(今治城)
藤堂高虎(戦国の転職王)が七度主君を替えながら家康に信頼された理由

続きを見る

豊臣秀長(羽柴秀長)
秀吉を支えた偉大過ぎるNO.2豊臣秀長(羽柴秀長)天下統一への功績

続きを見る

蒲生氏郷は信長の娘・冬姫を娶り豊臣政権へ【織田軍随一の若手エリート】

続きを見る

立花宗茂
立花宗茂が戦国最強と称されるのはなぜ? 浪人から大名へ復活を遂げた生涯

続きを見る

雷切の主・立花道雪の何が凄いのか「勇将の下に弱卒無し」に痺れる憧れる!

続きを見る

水野勝成(家康のイトコ)こそ最強武将! 全国を流浪したリアル傾奇者とは

続きを見る

15万の豊臣軍が名護屋城から出兵! なぜ秀吉はこの地に超巨大城郭を築いた?

続きを見る

長月 七紀・記

【参考】
『柳川史話 (1984年)』(→amazon
国史大辞典
『戦国人名事典(新人物往来社)』(→amazon
安田国継/wikipedia

TOPページへ

 



-明智家
-

© 2021 BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン)