足利義尚/wikipediaより引用

足利家

9代将軍・足利義尚が酒色に溺れたのは【応仁の乱】のせい?

投稿日:

歴史に名を残すのは「超高評価」か「超低評価」。
極論を承知で申し上げますと、多くの人々の記憶に残るのは「英雄」か「悪人・ダメ人間」しかいないでしょう。

逆に言えば、どんなに偉い立場の人でも、長所・短所がハッキリと目立たなければ、後世にも記憶に残らないわけで……。

寛正六年11月23日(1465年)は、室町幕府九代将軍・足利義尚(よしひさ)が誕生した日です。

 

応仁の乱を呼んだ足利義尚

1467年に起きた【応仁の乱】の中心……にされた人物ですが、なんせ乱から2年前の生まれですから、彼自身の意志は全く反映されていません。

最中である文明五年(1473年)、正式に将軍になっているものの、まだ8歳の少年に実務は不可能ですからね。

しかも亡くなったのが25歳という若さ。
功績も少なく、歴史学の世界でもほとんど注目されないという、あまりにも切ない扱いとなっております。

まぁ、トーチャン(足利義政)とカーチャン(日野富子)のキャラが濃すぎるので、致し方ないところかもしれませんね。

ともかく今回は、もう少しだけ義尚の生涯にも着目してみたいと思います。

 

近隣の大名を懲らしめて権威を取り戻すぞ!

応仁の乱が、一応終わったとき、義尚は12歳でした。
当時であれば元服=成人扱いになることも多い年齢ですから、そろそろヤル気も出てきます。

しかし、状況は最悪。

乱の最中に下克上が当たり前になり、京都周辺の大名ですら室町幕府に対して「将軍様ってwwwwwww」というような態度を取ることも珍しくなくなっておりました。
ましてや幼い将軍など、説明するまでもないでしょう。

義尚は……というか義尚以降の将軍は、この「幕府の権威回復」のために行動するようになっていきます。

その一人目である義尚は「まず近所の大名をとっちめて、権威を取り戻すことを第一歩にしよう!」と考えました。

相手として選ばれたのが、近江の守護大名・六角高頼です。
応仁の乱では義尚の敵方についていましたし、京都と近江はお隣ですから出陣の費用も抑えられます。

ついでに、六角家は公家や寺社の荘園をぶん取っていたので、大義名分は義尚と幕府にありました。
目のつけどころはなかなか良かったといえましょう。

 

2万の兵で六角家に攻め込むも

足利義尚は、約二万ほどの兵を率いて、六角家に攻め込みました。

一方、六角高頼は、本拠・観音寺城を捨ててゲリラ戦に持ち込んだため、大所帯である幕府軍のほうが不利になりました。
義尚は京へ帰るに帰れず、鈎(まがり・現在の滋賀県栗東市)で長く滞陣せざるを得なくなります。

ここで政務を取りながら、あるときは公家や大名の訪問を受け、またあるときは軍の指揮を執るという状態になったのです。

現在の総理大臣でさえ、外遊中や何らかの原因で欠けたときには代理が置かれるのですから、義尚は相当忙しい日々を送っていたでしょう。

まだ20代で経験も浅く、何かにつけてカーチャンが口と手を出してくる。

その上、別の地方からも「ウチの権限を認めてください」「ウチの領地取られた! あいつ何とかして!」などなどの要望が送られてくる状況ですから、相当なストレスを感じていたことは間違いありません。

 

ストレスから逃れるようにして酒色に溺れる

現在であれば、会社の社長も国の元首も、プライベートでは「心を休めるための」しかるべき時間や方法が用意されているでしょう。

しかし室町時代には、「精神の健康」なんて概念はほぼ皆無です。
憂さを晴らすための方法も数えるほどしかありません。

そして義尚は、おそらく古今東西の男性にとって最も手頃かつ危険な手段を選びました。

いわゆる「酒色に溺れる」というやつです。

この点をもって「義尚は暗愚だった」「夜の生活を頑張りすぎて若死にした」とする見方が強いようですが、上記の通り、当時の義尚はストレスフルにも程がある状況でした。

程度の問題はあれど、同じ状況に置かれて、なおかつ禁欲できるような人がいるのでしょうか。
それこそ寿命が縮みそうです。

一番良いのは、義尚自身が六角討伐に出陣するのではなく、誰か信頼できる家臣に任せることだったでしょう。

しかし応仁の乱によってそういう人物がいなくなってしまったために、義尚が出てこざるを得なくなった……と考えると、本当に何のメリットもなかった戦いでした。

 

辞世にさえ、自分の意志が反映されていない?

その虚しさは、義尚の辞世の句にも表れているように思えます。

義尚の辞世は三つあるのですけれども、中でも際立っているのが以下の句です。

「ながらへば 人の心も 見るべきに 露の命ぞ はかなかりけり」
【意訳】「長生きしたのなら、人の気持ちをわかろうとすることも必要だろうに。人の命なんて儚いものなのだから」

これは完全に私見ですが、上の句(前半)は応仁の乱の一因でもある母・富子への愚痴、下の句(後半)はそれに逆らいきれないまま死にゆく我が身を嘆いているような気がします。

義尚の句は、実は後撰和歌集・巻十三の中に、よく似たものがあります。

「なからへば 人の心も 見るべきに 露の命ぞ 悲しかりける」
【意訳】「もう少し長生きできたら、あの人の気持ちがわかるかもしれないのに、露のような我が命が悲しいことよ」

誰かがテキトーにこれを引っ張ってきて「義尚の辞世です」としたんですかね。

本歌取り(有名な歌をもじって別の歌を読む手法・教養を示す意味もある)にしても似すぎてますし、義尚は和歌の才があったとされていますので、そういう人があまりにも「まんま」な歌を詠むだろうか……という気もします。

あるいは、晩年の義尚がうろ覚えで書きつけたものが辞世扱いになった、というのもありえるでしょうか。
そちらの説でいくと、「辞世にさえ、自分の意志が反映されていない」というこれまた悲しいことになってしまいます……。

歴史上の功績や知名度等ではサッパリな義尚ですが、同時代の人には「穏やかな性格で文武に長けたイケメン」(超訳)と評されています。

カーチャンの干渉がもう少し控えめで、長生きできていたら……。
幕府の権威を取り戻して「中興の祖」と呼ばれるような将軍になっていたかもしれません。

長月 七紀・記

【参考】
国史大辞典
足利義尚/Wikipedia
長享・延徳の乱/Wikipedia

 



-足利家
-

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2019 All Rights Reserved.