蘆名盛氏/wikipediaより引用

蘆名家

蘆名盛氏の野望~伊達家と手を組み、武田&北条とも繋がって【東北戦国譚】

蘆名家を代表する16代当主・蘆名盛氏
『信長の野望』はじめ、各種ゲームにも登場するのでご存知の方もいらっしゃるでしょう。

彼の生涯を見る上で、最初に考えておきたいのが、隣国・伊達政宗のことです。

もし十年、あるいは二十年早く生まれていたら天下も狙えたのでは?
なんて話題が戦国ファンの間で盛り上がったりしますが、これはあくまで「盛った話」であり、むしろ政宗は、よい時代に生まれたとも言えます。

なぜなら戦国最盛期の南には蘆名盛氏がいたからです。
蘆名一族は長い間、東北の玄関口・会津を支配してきた有力一族。

会津の統治者と言えば?佐原義連を祖とする蘆名一族なり【東北戦国譚】

続きを見る

その中でも中興の祖とされる蘆名盛氏が政宗と同時代に生きていたら、逆にやられたのではないか?

そう思われるほど盛氏は堅実な能力の持ち主でした。

 

蘆名盛氏の正室は伊達家の娘(イトコ)

蘆名盛氏は大永元年(1521年)に生誕。
父は蘆名15代当主・蘆名盛舜あしなもりきよです。

東北の同世代としては政宗の祖父・伊達晴宗(1519-1578)であり、実年齢も2歳下ですね。

このころ伊達家の当主は、晴宗の父・伊達稙宗(1488-1565)であり、勢力拡大中だった稙宗は、婚姻で次々に周囲へと影響力を広げておりました。

なんせ彼は14男7女に恵まれ、それを徹底的に活かし、盛氏の正室にも自身の娘を嫁がせています。

そもそも稙宗の正室・秦心院は、蘆名家13代当主・蘆名盛高の娘でした。
ざっくりまとめると、蘆名盛氏とその正室・伊達家の娘は、イトコ同士の結婚ということです。

伊達稙宗は、こうした婚姻関係を四方八方へ広げたため、伊達政宗の時代になって他のエリアの武将たちから、こう突っ込まれたそうです。

「奥羽の大名って親戚ばかりじゃない? やりすぎだろw」

確かに現代人からもそう突っ込みたくなります。

これもすべては伊達家の政策の結果であり、しかも数代にわたって続いたものですから、いざ合戦をするにしたってドコとドコは親戚で……という状態。
ひとたび伊達家が揉めると、途端に奥羽各地で身内同士とも言える火花が舞い上がることになったのです。

しかし政宗の父・伊達輝宗は、出羽の最上家から正室(義姫)を迎えていて、太平洋側での親戚関係は以前よりも繋がりが薄くなったため、息子の政宗が合戦で領土拡大をしやすかったという環境もあります。

奥羽では、やはり伊達家の影響が大きいのです。

そして、そうこうしている間に、伊達家で親子喧嘩【天文の乱】が勃発。
蘆名盛氏に活躍の機会がやってくるのでした。

 

天文の乱では義兄の味方となり勢力拡大

天文11年(1542年)から天文16年(1547年)にかけて起きた【天文の乱】。
それは奥羽全体を巻き込む、伊達家の親子喧嘩でした。

対立はこうなります。

【天文の乱】
伊達家第14代・稙宗
vs
伊達家第15代・晴宗

理由はこんなところでした。

稙宗「お前の弟・実元を上杉貞実の養子にしちゃおうかな」

晴宗「やめてください、父上、監禁先の西山城で頭を冷やしなさい!」

しょうもない親子喧嘩ではありますが、周囲の親戚中を巻き込むからややこしくなる。

伊達稙宗(政宗の曾祖父)がカオス過ぎ!天文の乱を機に東北も戦国大混乱へ

続きを見る

「相馬顕胤さん、田村隆顕さん、二階堂輝行さん、蘆名盛氏さん! 親戚の伊達家が喧嘩していますよ!」

「そりゃ大変だべ!」

「最上義守です! 出羽も忘れないでぇ〜」

義守にとって伊達家は、義理の母にあたる最上義定の正室が伊達出身でした。
他の周辺武家と比べて、最上―伊達の繋がりは若干薄いものの、心情的には伊達依存症気味と言えましょうか。

そしてこのあと、ややこしいことになります。
伊達家の親子喧嘩に巻き込まれたとはいえ、皆それぞれの利害を見ながら戦うわけです。

これが東北戦国史を複雑にしている一つの要因でしょう。

蘆名盛氏は、こんな判断をしました。

「田村と二階堂が嫌なので、義兄の伊達晴宗さんに味方します!」

盛氏は巧みに立ち回り、蘆名家は奥羽の雄であると示すべく働きます。

かくして親戚同士で争い、安積方面(現在の福島県中通り)にまで武威を拡張。
永禄4年(1561年)には向羽黒山城(福島県大沼郡会津美里町)建築に着手するのでした。

このとき盛氏は不惑の40才を過ぎたばかり、嫡男・蘆名盛興は15歳になっております。

城が出来上がった頃には、蘆名はますます伸びるはず――。
そんな期待をこめての築城でした。

阿賀川対岸から望む向羽黒山城跡/photo by Qwert1234 wikipediaより引用

残念ながら、現在は遺構が残るのみです。
ゲームにすら出ることなく、ここまで旅行に来る方は、相当の城めぐり上級者さんでしょう。

会津なら鶴ヶ城、マニアでもせいぜい猪苗代城あたりまでです。

ただ、行く価値は大いにあろうかと思われます(会津美里町観光ポータルサイト)。
ぜひとも、ここは千田嘉博先生のご意見を伺いたいところで、なにせ規模は大きく、あの直江兼続すら、神指城と並ぶ要塞として目をつけていたほどなのです。

石垣の積み方がダサいと笑われる!? 書評『石垣の名城 完全ガイド(千田嘉博)』

続きを見る

直江兼続の真価は「義と愛」にあらず!史実に見る60年の生涯とは?

続きを見る

戦国時代の城跡として、見逃せないスケールの大きさがある向羽黒山城。

「奥州独自の積雪対策や特徴もある」ため、西国の城に慣れている方には、なかなかインパクトもあるかもしれません。

 

信玄も認めた奥州の名将

伊達家の争いに巻き込まれながらもそれに乗じて勢力を拡大する。

合戦も、外交も、築城センスも上々。
会津にはすごい武将がいるようだぞ――。

かくして蘆名盛氏は、ある人物のアンテナにひっかかります。

同年代の武田信玄でした。

武田信玄が戦国最強「甲斐の虎」と呼ばれる理由~知略に塗れた53年の生涯

続きを見る

永禄6年(1563年)、信玄はこう持ちかけます。

「越後の上杉謙信を会津から牽制してくれんか?」

蘆名の牽制によって謙信が会津に目を光らせている隙に、信玄は信濃へ進撃。
その働きに喜んだのでしょう。信玄は、蘆名盛氏こそ日本でも有数の大名だと感服しております。

蘆名家の知名度が低いせいか。
どうしても、この会津を介した【上杉vs蘆名】という構図は軽視されがちなもの。
この構図を頭に入れておくと、もっと先の「慶長出羽合戦」まで理解がスムーズになります。

会津は、越後を経由することによって、武田領まで影響力があったのですね。

こんなホットな蘆名盛氏を、見逃せない大名はまだおります。

「一緒に佐竹義重を挟み撃ちにしない?」

そう持ちかけたのは北条氏政北条氏照です。

元亀2年(1571年)蘆名は佐竹と睨み合っておりました。
両者の争いは、このころ数度にわたって確認できます。

鬼義重こと佐竹義重!外交上手の名将は政宗を包囲して……【関東戦国譚】

続きを見る

武田だけでなく北条からも頼られる蘆名。
相互利用という一面はありますが、そもそも信玄らの眼鏡にかなうだけの実力がなければ、上杉や佐竹に滅ぼされていたでしょう。

 

嫡男・盛興が夭折し苦しむ蘆名家

しかし、戦国のパワーバランスも、月日の経過と共に崩れていきます。

元亀4年(1573年)に武田信玄が亡くなり、武田勝頼が後を継承。
上杉謙信も程なくして死去し、上杉家は【御館の乱】というお家騒動を経て上杉景勝が当主になります。

それだけではなく、もっと悲痛な出来事が起こります。

天正2年(1574年)、蘆名盛氏の嫡男にして第17代当主を担っていた蘆名盛興まで亡くなってしまったのです。

まだ30にならないうちでの死でした。
酒毒(アルコール中毒)が原因とされることもありますが、信憑性の程は不明。

確かに盛興が16歳の頃、蘆名家で酒造禁止令が出されたことはあります。
しかし、彼一人に飲ませないだけであれば、そこまですることもないでしょう。米類の節約と考えたほうが自然かもしれません。

死因は、そこまで追求する必要がないかとは思います。

確かなことは、蘆名家の土台が揺らぎ、盛氏の計画が狂ってしまったこと。
盛氏は向羽黒山城から黒川城に戻るほかありません。

そして約6年後の天正8年(1580年)に蘆名盛氏は死去。
享年60でした。

なお、蘆名盛高と蘆名盛氏の逝去に伴い、俄然、ノリノリになった武将がいます。
伊達政宗……ではなく、その父・伊達輝宗です。

映像作品などでは、政宗と対比しておとなしい人物像として描かれがちですが、そんなヤワなタイプではありません。
後日、あらためて公開させていただきます。

武田信玄が戦国最強「甲斐の虎」と呼ばれる理由~知略に塗れた53年の生涯

続きを見る

文:小檜山青

『芦名四代』(→amazon
『会津芦名一族』(→amazon
『会津ちょっといい歴史』(→amazon
『東北の中世史4 伊達史と戦国騒乱』(→amazon
『東北の中世史5 東北近世の胎動』(→amazon
『戦国時代の南奥羽社会』(→amazon

 



-蘆名家
-

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2020 All Rights Reserved.