絵・小久ヒロ

浅井・朝倉家

浅井万福丸(信長を裏切った長政の息子)に襲いかかる過酷な処置は当たり前?

歴史的なできごとを見ていると

「なにそれひどい!」

と思うことも多々ありますよね。

当時フツーだったことも、現代の感覚で見てみれば、異様な後継に見えることも少なくない。

その最たるものの一つが

【義弟・浅井長政の首に金箔を貼った】

という織田信長の話ではないでしょうか。

『信長公記』にも記され、その詳細は以下の記事にまとまっております。

信長のお正月「浅井と朝倉の首」で酒を飲んだってマジ?信長公記104話

続きを見る

しかし今回注目したいのは、長政当人ではなくその息子。

天正元年(1573年)10月17日、浅井長政の長男・浅井万福丸が処刑されました。

 

わずか10歳の子供が関ヶ原で磔って

浅井長政というと、その妻・お市の方と三姉妹(茶々・初・江)がクローズアップされがちです。

が、嫡男もいたんですね。

浅井長政29年の生涯をスッキリ解説! 血は皇室へ続いた【信長を裏切った男】

続きを見る

戦国一の美女・お市の方(信長の妹)はなぜ勝家と共に死んだ? 37年の生涯

続きを見る

ただし生母は不明で、お市の方が嫁ぐ前に生まれたとか、いやお市そのものが母親だとか色々な憶測があります。

そんな調子ですから生年も不明なのですが、『信長公記』によると、この天正元年(1573年)で10歳になると記されているので、永禄7年(1564年)生まれが有力候補の一つ。

この万福丸は、本拠地・小谷城が落とされ浅井家が滅亡したあと、落ち延びていたのを捕まってのことだといわれています。

小谷城の戦いを城郭検定保持者の城マニアが分析!山城の攻め方&守り方のセオリー

続きを見る

捕縛後は、関ヶ原で磔(はりつけ)にされました。

物心ついたばかりで……非情な運命ですよね。

「そんな小さい子を殺すなんて、やっぱり信長はひどい!!」

なんて思われた方もいらっしゃるかもしれませんが、実は大して珍しい話ではありません。

武家においては「敵の子供を殺す」のは当たり前も当たり前、常識的な行為だったからです。

 

「源氏の御曹司を助命した結果」どうなったよ?

日本史でわかりやすい例を挙げるとすれば、やはり源頼朝でしょう。

父・源義朝が平清盛に敗れて処刑された後、幼い頼朝は平家の追手に一度捕まりました。

そして処刑されそうになったところを、清盛の義母や皇居の女性達の嘆願により命だけは救われ、伊豆への流刑になるのです。

当時は死刑の次に重いのは流刑だったからです。

「敵に命を助けられた」ことになるわけですが、当然、頼朝はそれを恩に着て大人しくはしませんでした。

後に平家打倒の兵を挙げているのは皆さんご存知の通り。

ドラマや小説では「あの恩知らずが!」なんてシーンが入っていることもありますね。まさに正論。

源頼朝53年の生涯まとめ! 出生から鎌倉幕府の設立 死因 その素顔に迫る

続きを見る

つまり「幼いからといって敵の子供を生かしておくと、いずれ自分の子孫が滅ぼされる」可能性があるわけです。

まぁ、そりゃそうですよね。

敵が自分と同世代であれば、子供同士も同じくらいの歳になるわけですから、いずれぶつかるのは必至。

ならば先に災いの芽は摘んでおこうというわけです。

現代語でいえばリスクファクター対策ですね。

※続きは【次のページへ】をclick!

次のページへ >



-浅井・朝倉家
-

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2020 All Rights Reserved.