絵・小久ヒロ

皇室・公家

【戦国貴族譚】近衛信尹は父・前久にも負けず劣らずのハイブリッド系!

こちらは2ページ目になります。
1ページ目から読む場合は
近衛信尹
をクリックお願いします。

 

流罪先の薩摩にすっかり馴染んでしまった

薩摩へ行ってからの信尹は、さすがに落ち着きました。

罪状としては流罪ですけれども、公家の流罪って基本的に「数年、京から離れて頭冷やしてこい」(超訳)という意味合いが強いので、空気を読んで気分を切り替えたのでしょう。

お供も45人(!)いたようなので、流刑というより公認バカンスでは……。

かつて父も薩摩へ行っていたことがあるせいか。

信尹は刑期中、薩摩の当主・島津義久に厚遇されています。

島津義久(四兄弟の長男)が戦国の九州統一に迫る! 戦い続けた79年の生涯

続きを見る

当時の一般的な公家からすれば薩摩は僻地にも程がある場所だったでしょうが、幼い頃から上方以外での場所に親しんでいた信尹にはあまり気にならなかったかもしれません。

薩摩のあちこちを散策しては和歌を詠み、人々に書道や絵、御所言葉など都の文化を伝えています。

書にも優れた才能を発揮し、東京国立博物館に近衛信尹筆和歌屏風が残されている/wikipediaより引用

信尹が暮らしていた屋敷には、信尹手植えと言われている藤の木が今もあるとか。

京に戻れることになったときにも「あと1~2年いたい」と手紙に書いていたくらいです。罪人とはいったい……うごごごごご。

 

関ヶ原でヘタ打った島津の所領安堵に一役買う

あまりゴネているわけにもいかないので、最終的には命令通りきちんと京都に戻りました。

31歳の時に帰京しているので、何らかの理由で刑期が短くなったようです。

「だめだこいつ……放置してたら永遠に帰ってこねえ」とか思われたわけではないでしょう。たぶん……。

予定より早く帰ることになりながら、信尹は島津家との連絡を続けておりました。

関ヶ原の際は、撤退する島津家の家臣を助けて、薩摩に帰れるよう計らったり、徳川家と島津家の間に立って、島津家の所領安堵に一役買ったり。

島津義弘(四兄弟の次男)が鬼島津と呼ばれる所以! 85年の生涯まとめ

続きを見る

戦国一のクソ度胸【島津の退き口】はなぜ成功した?関ヶ原の敗戦で敵陣へ凸

続きを見る

連歌を通じて黒田官兵衛とも付き合いがあったので、官兵衛当てに「島津家を助けてほしい」という手紙も書いていたとか。

鶴ならぬ公家の恩返しといったところでしょうか。

連歌は官兵衛だけじゃなく、真田信繁や、最上義光なども嗜んでおり、その辺の事情がなかなか面白いです。

よろしければ以下の記事も併せてご覧ください。

連歌
光秀も藤孝も幸村もハマっていた! 連歌が戦国武将に愛された理由とは?

続きを見る

黒田官兵衛は本当に秀吉の軍師と呼べるのか?59年の生涯まとめ【年表付き】

続きを見る

こうした義理堅さが朝廷からも好ましく思えたのか。

36歳のとき左大臣に復職すると、40歳で関白に出世。

真面目に仕事をしていたらしく、50歳で亡くなるまでの間については特に目立った逸話がありません。

その間に何かしでかしていたら、もっと有名になっていたでしょう。

それが無いということは、公家らしく無難に過ごしていたに違いありません。

収まるべきところに収まってめでたしめでたしということで。

トーチャンの前久もなかなかアグレッシブで面白い人なので、お時間がありましたら以下の記事も併せてご覧ください。

あわせて読みたい関連記事

戦国関白・近衛前久は謙信や信長とマブダチ~本能寺後に詠んだ南無阿弥陀仏

続きを見る

織田信長
織田信長 史実の人物像に迫る!生誕から本能寺まで49年の生涯まとめ年表付

続きを見る

豊臣秀吉
豊臣秀吉 数々の伝説はドコまで本当か? 62年の生涯まとめ【年表付き】

続きを見る

豊臣秀次(秀吉の甥)はなぜ自害へ追い込まれたのか? 28年の生涯まとめ

続きを見る

15万の豊臣軍が名護屋城から朝鮮出兵~なぜ秀吉はこの地に超巨大城郭を築いた?

続きを見る

島津義久(四兄弟の長男)が戦国の九州統一に迫る! 戦い続けた79年の生涯

続きを見る

島津義弘(四兄弟の次男)が鬼島津と呼ばれる所以! 85年の生涯まとめ

続きを見る

戦国一のクソ度胸【島津の退き口】はなぜ成功した?関ヶ原の敗戦で敵陣へ凸

続きを見る

連歌
光秀も藤孝も幸村もハマっていた! 連歌が戦国武将に愛された理由とは?

続きを見る

黒田官兵衛は本当に秀吉の軍師と呼べるのか?59年の生涯まとめ【年表付き】

続きを見る

長月 七紀・記

【参考】
国史大辞典
『戦国時代人物事典』(→amazon
近衛信尹/Wikipedia
西日本新聞

TOPページへ

 



-皇室・公家
-,

© 2021 BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン)