剣豪・忍者 まんが戦国ブギウギ

まんが戦国ブギウギ59話 伊賀忍者を殲滅だ! 信長推し娘婿は氏郷だ!

こちらは2ページ目になります。
1ページ目から読む場合は
戦国ブギウギ59話
をクリックお願いします。

 

お好きな項目に飛べる目次

そして比自山

◆天正伊賀の乱で伊賀が拠点としていた比自山砦。
蒲生氏郷が攻め込んだときにはすでにもぬけの殻で出し抜かれるという、まさに忍者という戦いをしていた様子がうかがえます。

一方、こんな兜(黒漆塗燕尾形兜、別名、銀鯰尾兜とも)をしている氏郷さんですが、軍規や道徳などには殊のほか厳しい人格で、ちょっとした違反でお気に入りの家臣を斬ったなどという話も残っております。
しかも、そのことで本人もむちゃくちゃ苦しんでいたとか……どんだけ~!

フクチは、伊賀の武士=忍者の福地宗隆で、彼が安土城で信長に対して「自分が道案内します」と言ったことで第2次侵攻作戦が発動しました。

敵も伊賀忍者、味方も伊賀忍者というわけですね。

 

息子と娘婿

◆先程も少し触れましたとおり、織田信雄はかつて、わずか8千の軍勢を3つに分けて伊賀へ進軍。

重臣を失うなどフルボッコにされた経験があります。

それでも今回の第二次天正伊賀の乱では総大将に任じられました。一応のメンツを保つ機会を信長に与えられたのでしょう。

しかし実際は先陣きっていった氏郷たちの活躍があったわけで、もしも本能寺の変がなければ蒲生氏郷さんの名前は格段に広がっていた可能性もありますね。

あわせて読みたい関連記事は以下へ

織田信雄(信長の次男)は本当に愚将だった? 現代に信長の血を伝える

続きを見る

伊賀と甲賀の忍者はいかにして誕生し、そして消えていったのか

続きを見る

織田信長は意外と優しい!? 生誕から本能寺まで49年の史実解説【年表付】

続きを見る

まんが戦国ブギウギ48話 勝手に攻め込み勝手に敗北! 我は次男の信雄なり

続きを見る

蒲生氏郷は信長の娘・冬姫を娶り豊臣政権へ【織田軍随一の若手エリート】

続きを見る

本連載の過去作品→戦国ブギウギ
もう一つのマンガ連載→日本史ブギウギ

著者:アニィたかはし
文:五十嵐利休

書籍版『戦国ブギウギ』です!

TOPページへ

 



-剣豪・忍者, まんが戦国ブギウギ

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2020 All Rights Reserved.