豊臣家 まんが戦国ブギウギ

まんが戦国ブギウギ71話 光秀vs秀吉のガチバトルは天王山から始まる!

こちらは2ページ目になります。
1ページ目から読む場合は
戦国ブギウギ71話
をクリックお願いします。

 

お好きな項目に飛べる目次

お好きな項目に飛べる目次

天王山

◆「山崎の戦い」と言えば、豊臣秀吉vs明智光秀による天下分け目の戦い!

豊臣秀吉 62年の生涯まとめ【年表付き】多くの伝説はドコまで本当か?

続きを見る

一般的にこの戦いはそんな位置づけをされがちですが、このとき秀吉はまだまだ織田の家老たちの中でも格下で、表面的には神戸信孝(織田信長の三男)を総大将にしておくのが得策だったのでしょう。

信孝も、そのお供をしていた丹羽長秀も、光秀と対峙するには兵の数が足りず、結局、秀吉の中国大返しを待つしかなかったんですね。

 

決戦の火蓋

◆まったくもって他人事なのが、名コンビ(というか上司と部下)だった豊臣秀長(秀吉の弟)と藤堂高虎ですが。

【山崎の戦い】で、最初に本格的な衝突をしたのは天王山でした。

高山右近と中川清秀の部隊に、明智方の伊勢貞興が突撃。

開戦の火ぶたが切られると、しばらくは両軍ともに一進一退となります。

伊勢貞興が信長や光秀に重宝されたのは名門だったから?【戦国幕臣譚】

続きを見る

が、総勢1万数千の明智軍に対し、秀吉軍はその2~4倍の兵力を整えていたと言われます。

言わずもがな名目上は織田信孝を神輿に担いだ秀吉に理があるわけで、果たしてこの戦の行方は……。

あわせて読みたい関連記事

本能寺の変、真相は? なぜ光秀は信長を討ったのか 有名諸説を徹底検証!

続きを見る

武田元明は『麒麟がくる』で重要ポジを担う? 戦国期に滅びたもう1つの武田氏

続きを見る

近江の戦国武将・京極高次が「蛍大名」と呼ばれた切ない理由とその生涯

続きを見る

明智光秀55年の生涯まとめ! なぜ織田家の出世頭は本能寺に襲いかかったか

続きを見る

中国大返しは可能か!? 秀吉&官兵衛による10日間230kmの強行軍を考察!

続きを見る

黒田官兵衛は本当に秀吉の軍師と呼べるのか?59年の生涯まとめ【年表付き】

続きを見る

高山右近が村重→信長→秀吉を渡りマニラで没するまで【戦国追放劇】

続きを見る

荒木村重~信長に敵対し自分だけ逃亡した道糞な生き方【戦国逃亡武将譚】

続きを見る

豊臣秀吉 62年の生涯まとめ【年表付き】多くの伝説はドコまで本当か?

続きを見る

織田信孝(信長の三男)が迎えた壮絶な最期!なぜ腹を十字に切った?

続きを見る

丹羽長秀は信長に最も信頼された織田家重臣の一人~その生涯65年まとめ

続きを見る

秀吉を支えた偉大過ぎるNO.2豊臣秀長(羽柴秀長)天下統一への功績とは

続きを見る

藤堂高虎「7度主君を変えねば武士とは言えぬ!」戦国転職王の生涯とは?

続きを見る

伊勢貞興が信長や光秀に重宝されたのは名門だったから?【戦国幕臣譚】

続きを見る

本連載の過去作品→戦国ブギウギ
もう一つのマンガ連載→日本史ブギウギ

著者:アニィたかはし
文:五十嵐利休

書籍版『戦国ブギウギ』です!

DVD『戦国鍋TV』(→amazon

TOPページへ

 



-豊臣家, まんが戦国ブギウギ

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2020 All Rights Reserved.