絵・富永商太

伊達家

片倉景綱(片倉小十郎)59年の生涯をスッキリ解説!政宗の参謀はコワモテ兄さん

いくら家康から「切り取り次第(好きなだけ領地にしてエエよ)」と言われても、相手は謙信以来の精兵が揃った上杉家です。

敗北だって十分に考えられるところで、時系列的には次のような運びになりました。

家康、上杉征伐に出てくる

三成挙兵に驚いて戻る

上杉家、家康を追わずに山形の最上家を攻める

伊達家が最上家の助太刀という形で上杉家と戦う

ここでポイントになるのが最上家。
政宗の母・義姫(よしひめ)の実家です。

義姫(政宗の母)は有能なネゴシエーター 毒殺を企てた鬼母ではない

続きを見る

いろいろあって彼女は随分前から実家に戻っていたので、最上家を助けることは政宗にとって母親を助けるも同然でした。
別にこれは内々の話でもなんでもなく、伊達家の人間であれば誰でも知っていたであろうことです。

 

小十郎「最上家が潰れたら?」

ここで景綱が、とんでもない献策をしています。

「最上家も武士ですから、上杉家と死に物狂いで戦いますよ。この際、共倒れになったところをウチがまるっと全部いただきましょう。そうすれば手間が省けて一石二鳥ですよね^^」(超訳)

つまり、主君に向かって
「アナタの母親を犠牲にして領地をぶん捕りましょう」
と言ったわけですね。

人質を見捨てるというのは珍しい話ではありませんが、この場合、見殺し以外の何物でもありません。
並みの主であれば手討ちになっていたでしょう。

もちろん景綱案は却下されていますが、これだけでも彼の実利主義ぶりというか容赦のなさというか、空恐ろしさがうかがえます。

このとき戦った直江兼続と共に「天下の陪臣」として称賛されているので、その能力の高さもご理解いただけるでしょう。

なお、少々時代を遡りますが、片倉景綱は、当然ながら伊達家の主な戦には参加しています。

ざっと記しておくと以下の通りです。

◆天正13年(1585年)人取橋の戦い……二本松城主の畠山義継が、政宗父ちゃん・伊達輝宗を拉致した事件から開戦。

佐竹義重相手に政宗が絶体絶命に追い込まれ、鬼庭左月が戦死し、伊達成実の踏ん張りにより政宗は命からがら逃げおおせる

人取橋の戦いで政宗が絶体絶命のピンチ!敵は3万5千の連合軍だ【東北戦国譚】

続きを見る

◆天正16年(1588年)郡山合戦……人取橋の戦いでズタボロになった伊達家が蘆名義広・相馬義胤・佐竹義重相手に快勝する(ただし豊臣秀吉の【惣無事令】を無視していたため、このとき新たに得た領地は没収される

◆天正17年(1589年)摺上原の戦い……蘆名家を滅ぼして政宗が会津を制覇! 有頂天になるも、こちらも惣無事令によってボッシュート

名門・蘆名家の滅亡!会津が輝宗&政宗親子の手に落ちるとき【東北戦国譚】

続きを見る

◆天正18年(1590年)小田原征伐……秀吉が小田原城を囲み、北条氏政北条氏直親子を屈服させる。氏政は切腹、氏直は石高1万石に減らされたが、伊達家では片倉景綱の説得があって政宗が秀吉軍へ参陣。伊達家の存続を助けた

政宗の二大イベント「摺上原の戦い」&「小田原参陣」は共に6月5日に起きていた

続きを見る

◆文禄2年(1593年)文禄・慶長の役……豊臣政権による朝鮮出兵

 

伊達家2つ目の城を任される

江戸時代に入って【一国一城令】が布かれた後、景綱は、例外として認められた白石城(現・宮城県白石市)の主になりました。

徳川家康としては、こんなキレ者を、同じくキレキャラ政宗の側にいさせたらマズイ……と判断したのではないでしょうか。
単純に「仲を引き裂く」という目的もあったでしょうけど、家康のことだから複合的な理由を考慮したのでしょう。

ただし、その頃の景綱は既に病気になっていて、ろくに動ける状態ではありませんでした。

糖尿病らしき病でかなり太ってしまっていたそうで、政宗に「そんなんじゃ今までの甲を着れないだろ。新しいのやるから元気になってくれ」(意訳)と言われています。

どのくらいサイズアップしてたのか気になりますね。
景綱所用の甲冑(現存するのは息子のです)は現存していないので比較できないのが残念です。

それでも10年以上永らえながら、大坂冬の陣の時(1614年)には、もう白石から動けない状態になってしまっていました。

代わりに息子・片倉重綱(片倉重長)を参加させており、死の直前、夏の陣直後に息子を叱りつけたという話があるので、気力だけは最期の最期まで壮んだったようです。享年59。
これぞ武人ですね。

ちなみに片倉重綱は、大坂の陣真田信繁真田幸村)に見込まれ、幸村が家康へ突撃する前にその娘を引き取っています。
阿梅と言い、超美形だったとされるので、まさかそれで怒ったとか……。

幸村の娘・阿梅姫を救った片倉重綱!大坂の陣から100年後に仙台真田氏が復活

続きを見る

 

いろいろと圧巻の2つの墓

最後に。
片倉景綱のお墓は白石城付近に二ヶ所あります。

ワタクシ、両方とも行ったことがあるのですが、まあ何とも言えないいかめしさを感じたのをよく覚えています。

一つは傑山寺というお寺の奥で、大きな杉の木が目印です。
「敵に墓を暴かれないように」ということで墓標を置かなかったようで、既に江戸幕府ができているのにそこまで警戒するのがまたスゴイ。

もう一つは傑山寺から少し離れた愛宕山というところで、孫の景長(かげなが)が分骨したものです。

こちらには景綱以降の片倉家十代のお墓が並んでいて、九代目までは阿弥陀像を墓標にしており、こちらも圧巻です。というか怖いです。

余談ですけども、愛宕山のほうはあっちこっちにゴミが散乱していて複雑なな気持ちになったのもよく覚えております。
いくらか拾ったんですが、墓石の側に手を伸ばすのがすげえ怖かったです。

ゴミはゴミ箱に捨てましょうね。こんな方のお墓にゴミ放置とか度胸ありすぎんだろ。

最後に蛇足ながら……。
北の関ヶ原こと慶長出羽合戦は非常に展開が面白く、

・上杉景勝
伊達政宗
最上義光

といったスター選手たちの攻防、思考がつぶさに味わえるところです。よろしければ以下の記事も併せてご覧ください。

「北の関ヶ原」こと慶長出羽合戦で見える!兼続・義光・政宗たちの戦略戦術

続きを見る

長月 七紀・記

【参考】
『東北─不屈の歴史をひもとく』(→amazon
『戦国武将合戦事典(吉川弘文館)』(→amazon
『戦国時代人物事典(学習研究社)』(→amazon
片倉景綱/wikipedia

 



-伊達家
-

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2020 All Rights Reserved.