伊達稙宗/wikipediaより引用

伊達家

伊達稙宗(政宗の曾祖父)がカオス過ぎ!天文の乱を機に東北も戦国大混乱へ

こちらは3ページ目になります。
1ページ目から読む場合は
伊達稙宗と天文の乱
をクリックお願いします。

 

天文の乱がなければ謙信の上杉家当主もなかった?

当初は稙宗方が有利でしたが、稙宗の娘婿(の一人)・蘆名盛氏が晴宗方に寝返ってからにわかに形勢が逆転します。

最終的には、天文十七年(1548年)、十三代将軍・足利義輝が仲裁し、稙宗が晴宗に降伏して家督を譲ることで収まることとなりました。

足利義輝(13代将軍)の壮絶過ぎる散り際! 麒麟がくるで注目されるその生涯

続きを見る

しかし、この戦のせいでこれまで支配下に置いてきた大名が次々に独立してしまい、伊達家の勢力は一気に落ちることになります。

身も蓋もない言い方をすると、「せっかく自分で味方につけた家を、ささいなワガママで全部手放してしまった」ということになってしまったのです。

ちなみに、天文の乱の発端の一つだった実元の上杉家への養子入りはご破算となり、定実は長尾景虎=上杉謙信に名跡を継がせることになっていきます。

つまり、稙宗の「100人部下つけちゃう♪」発言がなければ、謙信は上杉家の当主にならず、実元の下かつ伊達家の下になっていた可能性がありますね。

謙信の性格上、家中から推されれば実元に逆らって当主になった可能性もありますが……そこまでいくと「IFのIF」でキリがないので止めておきましょう。

 

政宗を補佐する成実も誕生で伊達家的にはOK?

天文の乱以降、奥州ではグダグダの戦が多発します。

どういうことか。簡単に図式化しますと……。

①A家とB家がトラブる

②戦が始まる

③「親戚だからこの辺で手打ちにしよう」or「雪の時期だからこの辺で」という話になる

④一応戦をやめる

⑤しばらく経って最初に戻るor別の家と似たような戦を始める

⑥エンドレス\(^o^)/

こんな感じです。しかもこれが大名同士だけでなく、親子間でも起きます。

関東も有力者が出なかったため豊臣秀吉の統一まで戦乱が長引きましたが、東北の場合は半分以上、稙宗の失策でgdgdになったようなものかもしれません。

稙宗の曾孫である政宗が、小手森城(現・福島県二本松市)で撫で斬りを行ったのは、こうした流れを断ち切るためだったという見方もあります。

メリットがあったとすれば、実元がその後(たぶん)異心なく、兄・晴宗に仕えたことでしょうか。

実元は晴宗の娘(実元からみて姪っ子)を正室に迎え(させられ)、息子・成実をもうけています。政宗の家臣として名高く、現代でも人気の高い伊達成実ですね。

成実は政宗のイトコとしてよく支え、「成実記」という政宗の説話集を書いています。

一時期、出奔したことがありますが、その辺もまた後日ということで。

伊達成実はなぜ政宗の元を離れ戻ってきたか?一門の貴公子79年の生涯まとめ

続きを見る

稙宗本人は、その後永禄八年(1565年)で亡くなるまでおとなしくしていたようです。

政宗が生まれる二年前のこと。

もし顔を合わせる機会があれば、政宗は「ひいじーちゃん勘弁してよ」くらいは言いたかったでしょうね。

あわせて読みたい関連記事は以下へ

東北がメチャクチャだ!稙宗のせいで戦国だ!まんが日本史ブギウギ145話

続きを見る

伊達家にやたらとゴシップが多い問題~政宗だけの責任でもない【東北戦国譚】

続きを見る

伊達政宗70年の生涯まとめ 数々の伝説ってどこまで本当なの?【逸話正誤表付】

続きを見る

最上義光は東北随一の名将なり! 政宗の伯父69年の生涯まとめ

続きを見る

義姫(政宗の母で義光の妹)は有能なネゴシエーター! 毒殺などあるわけない

続きを見る

足利義稙(10代将軍)は京都を出たり入ったり 一体何をした将軍なの?

続きを見る

鷹狩りの歴史―仁徳天皇に始まり信長・家康も愛した至高の瞬間

続きを見る

会津は絶対俺のもん!政宗の望みは天下よりも会津だった?【東北戦国譚】

続きを見る

名門・蘆名家の滅亡!会津が輝宗&政宗親子の手に落ちるとき【東北戦国譚】

続きを見る

蘆名盛氏の野望~伊達家と手を組み、武田&北条とも繋がって【東北戦国譚】

続きを見る

足利義輝(13代将軍)の壮絶過ぎる散り際! 麒麟がくるで注目されるその生涯

続きを見る

長月 七紀・記

【参考】
国史大辞典
『伊達氏と戦国争乱 (東北の中世史)』(→amazon
伊達稙宗/wikipedia
文化遺産オンライン

TOPページへ

 



-伊達家
-,

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2020 All Rights Reserved.