イラスト・富永商太

伊達家

摺上原の戦い&小田原参陣~政宗の二大イベントは共に6月5日に起きていた

こちらは2ページ目になります。
1ページ目から読む場合は
摺上原の戦い&小田原参陣
をクリックお願いします。

 

参陣というより小田原に出頭命令

伊達家の家臣たちは温厚派と抗戦派に分かれてしまいます。

温厚派「すぐ行って詫びを入れたほうがいいんじゃないですか?一応関白だし」

抗戦派「素性の知れないサルなんぞに頭下げられるか!家が滅びても断固戦うべき!!」

このとき、伊達家の将来を案じた政宗の母・義姫(保春院)が政宗に毒を盛ったとか盛らなかったとか、弟・小次郎を斬ったの斬らないの話もありますが別記事に詳細があります。

義姫(政宗の母)は有能なネゴシエーター 毒殺を企てた鬼母ではない

続きを見る

すったもんだの末、政宗は秀吉へあいさつに行くことを選びました。

この後の行動を考えると、降伏しに行ったというより「今だけちょっと頭下げといて、そのうちまたケンカふっかけてやろう」くらいの考えだったんじゃないかという感じがふつふつとしますが、それでこそ政宗ですね。

とはいえ既に小田原城の包囲が済んでいたところ。

支城(本拠の補助的な立ち位置の城)へも攻め手が向かっていたタイミングだったので、これ以上はないほどギリギリでした。

政宗はビクビクせず、むしろ横柄とも取れるような態度で「冥土の手土産に、千利休殿の手ほどきを受けたい」と言ったりして秀吉の歓心を買ったといわれています。

そして丸腰・白装束といういわば”まな板の上の鯉”状態で秀吉に謁見し、お詫びをして何とか攻め潰されることを防ぎました。

実際には兵をロクに率いていないので”参陣”よりは”参上”のほうが近いんですが、慣習的にこの出来事を小田原参陣と呼んでいるようです。

 

たった1年で会津とバイバイ

こうして政宗の首は繋がりましたが、やはり法令違反には違いないのでタダでは済みません。

摺上原の戦いなど、東北諸大名と戦ってやっとの思いで手に入れた領地を、たった1年でまるっと取り上げられてしまったのです。

しかし政宗はここでも表向きは逆らわず、黙って元の領地・米沢城とその周辺へ引っ込みました。

その後の行動を考えると心服してたとはお世辞にも言えないんですけどねHAHAHA!

伊達政宗本人の事績や、その腹心で【摺上原の戦い】や【人取橋の戦い】でも活躍した伊達成実片倉景綱については、より詳細な一生は以下に記事がございます。

蘆名氏関連の記事とも併せてよろしければご覧ください。

あわせて読みたい関連記事

伊達政宗70年の生涯まとめ 数々の伝説ってどこまで本当なの?【逸話正誤表付】

続きを見る

伊達成実はなぜ政宗の元を離れ戻ってきたか?一門の貴公子79年の生涯まとめ

続きを見る

片倉景綱(片倉小十郎)59年の生涯をスッキリ解説!政宗の参謀はコワモテ兄さん

続きを見る

義姫(政宗の母)は有能なネゴシエーター 毒殺を企てた鬼母ではない

続きを見る

金上盛備~会津執権と呼ばれた名将が摺上原に斃れた理由【東北戦国譚】

続きを見る

会津の統治者と言えば?佐原義連を祖とする蘆名一族なり【東北戦国譚】

続きを見る

蘆名盛氏の野望~伊達家と手を組み、武田&北条とも繋がって【東北戦国譚】

続きを見る

名門・蘆名家の滅亡!会津が輝宗&政宗親子の手に落ちるとき【東北戦国譚】

続きを見る

蘆名盛隆が名門蘆名を滅ぼした? 二階堂家からやってきた元人質の運命

続きを見る

人取橋の戦いで政宗が絶体絶命のピンチ!敵は3万5千の連合軍だ【東北戦国譚】

続きを見る

豊臣秀吉 62年の生涯まとめ【年表付き】多くの伝説はドコまで本当か?

続きを見る

小田原征伐で秀吉相手に退かず! 北条家が強気でいた小田原城はどんだけ強い?

続きを見る

長月 七紀・記

【参考】
国史大辞典
峰岸純夫・片桐昭彦 (編集)『戦国武将合戦事典』(→amazon
遠藤ゆりこ編集『伊達氏と戦国争乱 (東北の中世史)』(→amazon
摺上原の戦い/wikipedia
小田原征伐/wikipedia

TOPページへ

 



-伊達家
-

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2020 All Rights Reserved.