北条家

のぼうの城(忍城)城主・成田氏長が大名復帰できた理由【関東戦国譚】

戦国大名の一番の目的は、家を残すことです。

生き残るためにはさぞかし過酷な戦いを重ねるのだろうと思いきや、身の振りようで何とかなった家もあったりして。
本日はその中間に位置しそうな関東の大名家に注目です。

文禄四年(1596年)12月11日は、戦国大名の成田氏長が亡くなった日です。

世間的には、彼の名前より、居城の方が有名でしょう。
小説・映画『のぼうの城』で一躍有名になった忍城(おしじょう/現・埼玉県行田市)です。

しかし、氏長自身もなかなかの経歴を持っています。

まずは成田氏という家がどんな由来を持っているのか……というところから見ていきましょう。

 

上杉と北条の狭間で行ったり来たり

成田氏は、当時の地方領主にありがちだったように、上杉家北条家という大大名に挟まれ、情勢に応じてその立場は大きく揺さぶられておりました。

かつては山内上杉家に仕えていたのですが、河越夜戦河越城の戦い)に負けて勢力を弱めると、後北条氏を頼るようになります。

その後、関東管領になった謙信に一時は従いながら、上杉が小田原攻めを終えて越後に帰国すると、成田氏長の父・成田長泰は北条氏康に降伏し、以降、成田氏は後北条氏の家臣になったのです。

北条氏康の関東制覇!謙信や信玄と争った57年の生涯【戦国北条五代記】

続きを見る

しかし永禄六年(1563年)、謙信が成田氏の本拠である忍城を攻めてくると、再び上杉家に降伏せざるを得なくなりました。
条件として、長泰は嫡男の成田氏長に家督を譲り、自身が身を引くことで家の存続を図ったのです。

ところが、です。
土壇場になって長泰が、突然「次男の成田長忠(成田泰親とも)を当主に据えなおしたい」と言い出しました。

譲る前に家督争いが起こるならともかく、譲った後で「やっぱり弟のほうがかわいいから弟を当主にしたい」なんてワガママにも程があるやろ(´・ω・`)
困ったトーチャンです。

こうして氏長は、初っ端から不穏なスタートをきることになりました。

 

西から新たな難敵がやってきた

幸い、叔父である成田泰季(長泰の弟)や家老が氏長に味方したおかげで、この混乱は短期間で解消し、当主の座はそのままになっています。

その後はやっぱり上杉と北条の間で揺れることになりますが、上杉家と後北条家が同盟を結んだため、この問題も解決することになりました。

当時の年齢は20代前半~半ば頃。
家督を継いだばかり、かつ、この若さで、よくこんなややこしい局面を乗り切れたものです。しかし……。

西の勢力が関東にまで手を伸ばしてくると、今度は新たな難敵と直面することになります。

天正十年(1582年)のこと。
甲州征伐で武田勝頼を滅ぼした織田勢は、滝川一益が関東攻略を始め、成田氏長を傘下におさめます。

滝川一益こそ信長家臣で最強のオールラウンダー!62年の波乱万丈な生涯まとめ

続きを見る

その直後に本能寺の変が勃発。
北条氏直が【神流川の戦い(かんながわ)】で一益に勝ったため、成田氏は再び後北条氏につきました。

争いが去ったのもつかの間。
今度は、後北条氏の家臣として、秀吉の小田原征伐(1590年)に巻き込まれます。

小田原征伐をスッキリ解説! 北条家が強気でいた小田原城はどんだけ強い?

続きを見る

このとき、氏長と長忠は小田原城にいました。
立地上、忍城より小田原城のほうが先に攻められそうですし、もし小田原城に何かあれば、後北条氏の面々を迎える先を用意しておかなければなりません。

そのため、忍城は家臣に守らせていました。

氏長は結構割り切った性格だったのか。
こんな感じで「俺は一番エライ人のそばで頑張るから、後のことは任せた!」という行動をよく取っています。

何でもかんでも自分ひとりでやろうとしたり、「俺からの命令が届くまで待て!」とかいわないあたりが賢明ですね。

 

忍城の水攻めを指示したのはそもそも秀吉?

忍城では、氏長の指示通り、一族や家臣が頑張り、攻め手の石田三成らに抵抗しました。

三成は秀吉の【備中高松城の戦い】にならい、堤防を作って水攻めをします。

忍城のあるエリアは、北に利根川、南に荒川が流れる低湿地帯。
荒川から枝分かれした忍川の中州に城は建っていて、地下水や湧き水の豊富なところでした。

いわば水攻めしやすい場所と言えましょう。

以下、忍城の図をご覧の通り、そもそも水没しているような感じです。

忍城/国立国会図書館蔵

しかし、三成の攻撃はあえなく失敗しました。

石田三成~日本一の嫌われ者を再評価! 豊臣を背負った忠臣41年の生涯

続きを見る

これにより「三成は戦下手」という評価が定着する原因にもなったのですが、最近では「秀吉に命じたからやったのであって、三成は反対していた」という書状が見つかっています。

小田原城を囲んだ段階で、まだ奥州(東北)を完全には支配しておらず、秀吉が豊臣家の武力・土木力を見せつけてやろうと考えた――なんて見方もありますね。

豊臣秀吉 62年の生涯まとめ【年表付き】多くの伝説はドコまで本当か?

続きを見る

まあ、援軍が来ても三成は他の隊と積極的に協力しようとしなかったんですけどね。
どっちかというと、三成は戦だけでなく”現場”に向かないタイプといったほうが正しいかもしれません。

ちなみに、忍城側でも氏長の叔父・泰季が亡くなり、その息子である長親(氏長の従弟・「のぼうの城」の主人公)が指揮をとるようになるなど、トラブルはありました。

石田三成が布陣した丸墓山古墳/photo by Hotsuregua wikipediaより引用

そうこうしているうちに小田原城が降伏し、忍城も開城することに決まります。
この段階で他の北条方の城は全て落とされていたため、「忍城は小田原征伐で唯一耐えしのいだ城」としても有名になりました。

となると、城中や一族の結束はさぞ強かったのだろう……と思いきや、この後功労者である長親は氏長との関係が悪化し、出奔しているのがよくわからんところです。
共通の敵がいないと結束できない、というのはよくある話ですけれども。

 

甲斐姫が寵愛されて、2万石の大名として復活!

その後、氏長は、長忠と共に蒲生氏郷のもとに身を寄せました。

ここで思わぬ幸運に見舞われます。
娘の甲斐姫が秀吉に寵愛されたことがきっかけで、下野国烏山に3万7千石の大名として返り咲いたのです。

水資源豊富な忍城の湧き水

その後は特にトラブルもなかったようで、文禄の役では名護屋城まで行ったことくらいしか記録されていません。

晩年には、氏長の嫡男が夭折していたため、長忠が養子として跡を継いでいます。
家督争いが再発しなくて何よりですが、氏長も長忠もビミョーな気持ちになったことでしょうね……。

まぁ豊臣家の傘下になってからは氏長が京都で暮らし、地元は長忠に任せていたようなので、兄弟仲は比較的良かったのでしょう。その間のトラブルもなさそうですし。
享年55。

長忠は関が原で東軍について家を存続させているので、草葉の陰で氏長も安堵していたと思われます。

こうしてみると、ますますトーチャンのワガママが突然すぎる気もしますが。息子たちが似なくて何よりでした。

長月 七紀・記

【参考】
国史大辞典
『戦国人名事典(新人物往来社)』(→amazon
成田氏長/Wikipedia
忍城の戦い/Wikipedia

 



-北条家
-

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2020 All Rights Reserved.