伊豆討入り

北条家

伊豆討入り(早雲vs堀越公方)が関東の戦国時代をドロ沼化させた?

こちらは2ページ目になります。
1ページ目から読む場合は
伊豆討入り
をクリックお願いします。

 

お約束どおりの兄弟げんか

残された兄弟は、長男が茶々丸で、次男が潤童子(じゅんどう)でした。

島津四兄弟みたいに仲良く手を組めばよいものを、こともあろうか茶々丸は、潤童子とその母親まで殺し、無理やり跡を継ぐのです。

それでしばらくはうまくいっていたのですが、京都で出家していた三男が還俗して、新しく室町11代将軍になったことから事態が急変します。

足利義澄(よしずみ)と名を改めた将軍は、足利政知の三男。

身内争いの日々に追われた足利義澄(11代将軍)32年の生涯マトメ

続きを見る

つまりは茶々丸と潤童子と兄弟であり、そのうち潤童子とは同じ母親から生まれた兄弟でした。

当然、茶々丸が憎くて仕方ありません。

仇討ちに燃える義澄。

まず茶々丸のいた堀越御所に近い武将へ「オレの兄貴とカーチャンの仇を討て!」と命じました。

ここで白羽の矢が立ったのが早雲です。

【伊豆討ち入り】は、もともと将軍様のご命令だったんですね。

早雲は念入りに下調べと工作を行い、堀越御所の内情や茶々丸の横暴ぶり、領民が疲弊していることを掴みます。

同時に「あのバカ殿がいなくなれば、もっと暮らしが良くなるよな!皆もそう思うだろ?」と触れ回らせて、内部から茶々丸への反抗心を煽っていきました。

『軍記物語』では早雲自ら密偵をしたと書かれていますが、はてさて。

 

堀越公方候補を追い出して大名に

こうして周辺の状況をつぶさに調べ上げた早雲は、伊豆全体の兵が手薄になるのを見計らって一気に夜襲をかけ、茶々丸を堀越御所から追い出しました。

茶々丸は往生際悪く抵抗します。

が、伊豆の国人(地元の有力者)を味方につけた早雲のほうが圧倒的に有利。

こうして早雲はまず伊豆半島を手に入れ、戦国大名としてのデビューを飾ったのでした。

※左が早雲本拠地の興国寺城(黄色)で、右下の拠点が堀越御所(赤色)

ちなみに仇討ちを命じた義澄は早雲に褒美をくれたのかというと、京都での政権争いでそれどころではありません。

いや、もしかすると褒美のそぶりがないから早雲も

「なら伊豆もらっちゃうけどいいよね!働いたのワシだし!」

と思ったのかもしれません。

「切り取り勝手」=「自分で攻めて勝ち取った土地は自分のものにしていい」って言葉もありますしね。

この後、早雲=後北条家が台頭してくると、それまでごちゃごちゃしていた関東は更に戦乱戦火が拡大し、本格的な戦国時代に突入していくことになります。

応仁の乱だけじゃなく、結局、関東での争いもキッカケは将軍家だったりするんですよね。

本文中に出てくる関連記事

北条早雲
北条早雲が戦乱の関東に拠点を築く!正体は幕府のエリート伊勢宗瑞か

続きを見る

北条氏綱が関東制覇へ向けて躍進!55年の生涯まとめ【戦国北条五代記】

続きを見る

北条氏康
北条氏康が関東制覇へ!謙信や信玄と渡りあった57年の生涯【戦国北条五代記】

続きを見る

北条氏政
北条氏政はなぜ最期まで秀吉に反抗した?その生涯53年【戦国北条五代記】

続きを見る

北条氏直
北条氏直が氏政の跡を継ぎ秀吉に滅ぼされるまでの生涯30年【戦国北条五代記】

続きを見る

身内争いの日々に追われた足利義澄(11代将軍)32年の生涯マトメ

続きを見る

河越城の戦い(河越夜戦)
一万vs八万で劇的逆転! 河越城の戦い(河越夜戦)の北条がスゴすぎる

続きを見る

北条氏に二度滅ぼされた三浦一族の数奇な運命『滅亡から読みとく日本史』

続きを見る

北条氏を滅亡に追い込んだ名胡桃城事件~関東の小城が戦国史を動かした

続きを見る

長月 七紀・記

【参考】
国史大辞典
歴史群像編集部『戦国時代人物事典(学習研究社)』(→amazon
峰岸純夫/片桐昭彦 『戦国武将合戦事典(吉川弘文館)』(→amazon
北条早雲/wikipedia

TOPページへ

 



-北条家
-,