今川家

太原雪斎が今川家と義元を躍進させる~黒衣の宰相と呼ばれた参謀僧侶

こちらは2ページ目になります。
1ページ目から読む場合は
太原雪斎
をクリックお願いします。

 

今川は尾張へ 武田は信濃へ 北条は関東へ

戦国ファンにはお馴染みのこの同盟。

今川義元北条氏康武田信玄」の間で、彼らの嫡男と姫による婚姻関係を成立させたものです。

武田信玄が戦国最強「甲斐の虎」と呼ばれる理由~知略に塗れた53年の生涯

続きを見る

北条氏康の関東制覇!謙信や信玄と争った57年の生涯【戦国北条五代記】

続きを見る

三国同盟は、

・今川は尾張へ侵攻

・武田は信濃へ侵攻

・北条は関東へ侵攻

という互いの利益に合致しており、それぞれの国力充実に大きく寄与しました。

そして一説には、この甲相駿三国同盟を立案したのが太原雪斎とされます。

ドラマや漫画などではお馴染みですよね。

今川義元・武田信玄・北条氏康が一堂に会して腹を割る――いわゆる【善徳寺の会盟】として描かれがちな名シーン。

ただ、これは史実では「なかった」というのが定説です。

実際のところは三国同時に実施されたわけではなく、立場的には武田が中心となり、

武田=北条
武田=今川
からの
北条=今川

という流れだったようです。

確かにそう考えた方が自然ですが、そもそものアイデアが太原雪斎だとすれば、やはり相当なキレ者だったに違いありません。

 

今川仮名目録や商業政策などでも八面六臂

他にも今川仮名目録(今川家領内の法律)に追記したり、商業政策を整えたり。

まさに八面六臂の大活躍。

義元が「海道一の弓取り(東海道で一番の武将)」とされるのも、一方で「黒衣の宰相」と称された太原雪斎の頭脳があったからこそなんですね。

それだけに今川としても雪斎の死はあまりに大きいものでした。

弘治元年(1555年)閏10月に60で死去。

その約5年後の【桶狭間の戦い】で、義元が織田信長に討ち取られたことはあまりにも有名です。

桶狭間の戦いで信長が勝てたのは必然か『信長公記』にはどう書かれた?

続きを見る

雪斎が存命でしたら、全く異なる結果だったでしょう。

歴史でそれを言っても仕方ないとはいえ、少しばかり考えてみたくなってしまいます。

あわせて読みたい関連記事

竹中半兵衛36年の生涯まとめ~官兵衛と並び称される天才軍師の実像とは?

続きを見る

黒田官兵衛は本当に秀吉の軍師と呼べるのか?59年の生涯まとめ【年表付き】

続きを見る

今川義元「海道一の弓取り」の実力はダテじゃない!42年の生き様を見よ

続きを見る

織田信秀(信長の父)は経済重視の似た者親子!? 道三や義元相手に大暴れ

続きを見る

水野信元(家康の伯父)が織田&徳川の同盟を仲介! しかし最期は処刑され

続きを見る

竹千代(家康の人質時代)に注目~織田と今川の下でどんな幼少期を過ごした?

続きを見る

小豆坂の戦い(安祥合戦)で狙われた信長の兄~超わかる信長公記2話

続きを見る

松平広忠(家康の父)織田と今川に挟まれた24年の生涯は超苦労の連続!

続きを見る

武田信玄が戦国最強「甲斐の虎」と呼ばれる理由~知略に塗れた53年の生涯

続きを見る

北条氏康の関東制覇!謙信や信玄と争った57年の生涯【戦国北条五代記】

続きを見る

桶狭間の戦いで信長が勝てたのは必然か『信長公記』にはどう書かれた?

続きを見る

長月 七紀・記

【参考】
国史大辞典
日本史史料研究会 (編集)『戦国僧侶列伝(星海社新書)』(→amazon

TOPページへ

 



-今川家
-, ,

© 2020 BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン)