歴史戦国でワクワクしたい!

BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン)

井上之房/Wikipediaより引用

黒田家

井上九郎右衛門(井上之房)の生涯マトメ!軍師官兵衛で見せた一騎打ちの真相とは

投稿日:

大河ドラマ『軍師官兵衛』で印象的な三人の家臣がいます。

母里太兵衛(演:速水もこみちさん)
栗山善助(演:濱田岳さん)
井上九郎右衛門井上之房/演:高橋一生さん)

彼らは常に官兵衛を補佐してきた黒田家の重臣であり、昨日は栗山善助を取り上げさせていただきました。

栗山善助(栗山利安)の生涯マトメ!親子で軍師官兵衛を救った黒田随一の忠臣

本日は『おんな城主 直虎』での熱演も話題となった高橋一生さんが、『軍師官兵衛』で演じた九郎右衛門に注目。

寡黙でクール、智謀に長けており、静かな情熱を秘めた人物です。

一騎打ちを見せたり、そうかと思えば音楽を得意とする一面もあったり。
母里太兵衛のエピソードにはかなわないまでも、官兵衛の側近だけあってやはり面白い武将であることはご想像できるでしょう。

果たして九郎右衛門とは?

 

小姓として官兵衛の父・黒田職隆に仕え

九郎右衛門は天文23年(1554年)生まれ。
官兵衛より8才年下、栗山善助から見ると3~4才の年下になります。

父は井上之正で、九郎右衛門の生誕地は、播磨国飾東郡松原郷(現・姫路市白浜町松原)でした。

奈良時代に建立された松原八幡神社から姫路城(室町時代)まで、現代の道路で約8km(22分)の距離。
当時であれば徒歩20分といった距離でしょうか。

九郎右衛門は、小姓として官兵衛の父・黒田職隆(もとたか)に仕えました。
職隆が隠居後も彼に仕えていたのですが、天正6年(1578年)、衝撃的な事件が起きます。

黒田官兵衛が荒木村重に監禁されたのです。
有岡城で織田信長に反旗を翻した村重を説得に出向いたときに、そのまま幽閉されたのでした。
官兵衛が仕えていた小寺政職(こでらまさもと)が裏切り、官兵衛の殺害を村重に頼んでいたとも伝わります。

このとき九郎右衛門は、母里太兵衛や栗山善助と共に、一致団結して家を守ることを決意。
留守職中連署起請文に名を連ねております。

 

スポンサーリンク

九州平定後に6千石を拝領

有岡城での官兵衛・監禁生活は約1年にわたりました。
黒田職隆に仕えていた九郎右衛門も、有岡城での活動に携わったりましたが、その後しばらくの詳細は不明です。

豊臣秀吉に付き従って活躍した官兵衛の軌跡をザッと記しますと……。

・1579年 竹中半兵衛、死
・1579年 有岡城の戦いに勝利→官兵衛解放
・1580年 三木城を陥落させる(三木の干し殺し
・1581年 鳥取城を陥落させる(鳥取の渇え殺し
・1582年 備中高松城を包囲(水攻めを開始)
・1582年 本能寺の変
・1582年 中国大返し&山崎の戦いに勝利
・1583年 官兵衛、大坂城の縄張り
・1583年 賤ヶ岳の戦いで秀吉が勝家に勝利
・1584年 小牧・長久手の戦い
・1585年 四国攻めで長宗我部元親が降伏(土佐一国に)
・1585年 秀吉、関白に就任
・1585年 石川数正が徳川家を出奔して秀吉の傘下へ
・1586年 秀吉、太政大臣に就任

目まぐるしく情勢が移り変わり、そして秀吉の出世していく様が見てとれますね。

九郎右衛門は、天正13年(1585年)に職隆が没すると、遺命によって官兵衛に仕えることとなりました。

天正15年(1587年)の九州平定後の豊前入国の際には、6千石を拝領。
ほどなくして発生した国人一揆では、黒田長政と共に城井鎮房を攻めて、敗北を喫しています。

このとき、九郎右衛門は長政の軽挙妄動を諫めたとされ、後に黒田家は城井一族を皆殺しにすることになります。
人質と引き換えに城井家の助命嘆願を秀吉に願い出ていたのですが、ついに許可が下りなかった末の決断でした。

その後。
文禄元年(1592年)からの朝鮮出兵【文禄・慶長の役】にも参戦。
着実に黒田家重臣としての道を歩んでいくのでした。

 

ドラマでは見せ場となった一騎打ち、実は……

『軍師官兵衛』では、ラスト間近に一騎打ちを繰り広げる見せ場があります。
相手は、吉弘統幸。
彼についても簡単にふれておきます。

吉弘統幸/Wikipediaより引用

吉弘統幸は、大友氏の家臣です。
永禄6年(1563年)に誕生。
勇猛果敢な武将として成長していった統幸ですが、主家・大友氏は衰退してゆく一方でした。

そんな中でも統幸は、島津家との戦い等で活躍を見せています。

彼の転落が決定的になったのは、朝鮮出兵の際でした。
主君である大友義統が、戦意不十分であるとして改易されてしまったのです。

このときの義統の処分は理不尽なもので、諸大名を驚かせました。
大友家の君臣は、この処分に耐えるほかなかったのです。

統幸は豊前国中津の黒田家に招かれました。そして、このとき井上九郎右衛門の家に預けられていたのです。
二人の因縁は、こうしてできました。

このあと、統幸はいとこにあたる立花宗茂の元に身を寄せ、2千石を与えられて仕えることになります。
そして、統幸は運命の慶長5年(1600年)を迎えます。

 

スポンサーリンク

「石垣原の戦い」での再会

慶長5年の九州情勢はなかなか複雑です。

統幸も、選択を迫られます。
立花家は西軍につき、旧主・大友家は徳川家につく予定だと知ったのです。統幸は東軍につくことにして、立花家を去りました。

ところが。
大友義統は乾坤一擲の勝負に出ました。

西軍につき、大名として復帰する賭けに出たのです。

統幸は旧主に東軍につくよう進言しますが、聞き入れられません
仕方なく細川忠興の領土に攻め込み、快進撃を続けます。

ここに待ったをかけるべく乗り込んで来たのが、黒田官兵衛率いる軍勢でした。

両者は、石垣原で激突します(石垣原の戦い)。

統幸は得意の戦術で黒田勢を苦しめますが、徐々に追い詰められてゆきます。
もはや叶わぬとなるや、世話になった井上九郎右衛門に功をあげるため、統幸は自刃して討たれました。

これが、ドラマでは一騎打ちとしてアレンジされています。

名将であった統幸を失い、大友勢は崩れました。
かくして大友義統は黒田勢に降伏。

九郎右衛門は統幸討った功績もあってか、1万6千石にまで加増されて、関ヶ原を終えるのでした。

慶長20年(1615年)大坂冬の陣には、九郎右衛門は黒田忠之(長政の子)に従い参陣。
寛永2年(1625年)頃には隠居したとみられます。

孫に家督を譲り、隠居・剃髪して半斎道柏と名乗っています。

寛永10年(1633年)、最晩年に黒田騒動という困難に直面し、翌年、死去。
栗山善助と共に非常に長生きとなり、享年81とされています。

文:小檜山青

【関連記事】

母里太兵衛とは? 黒田官兵衛の家臣でNo.1の暴れん坊! お酒を呑んで名槍ゲットン!




スポンサーリンク


文:小檜山青

【参考文献】
黒田官兵衛 作られた軍師像 (講談社現代新書)』渡邊大門
黒田官兵衛のすべて』安藤英男
国史大辞典

 



-黒田家

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2018 All Rights Reserved.