母里太兵衛/Wikipediaより引用

黒田家

母里太兵衛(官兵衛の腹心)は黒田家一の暴れん坊~酒呑み勝負で名槍Get!

こちらは2ページ目になります。
1ページ目から読む場合は
母里太兵衛
をクリックお願いします。

 

酒は飲め飲め 飲むならば 日の本一の この槍を

この話は小気味良い武勇伝として語り継がれ、いつしか民謡になりました。

ついでに歌詞を全部載せておきましょう。

【黒田節】
酒は飲め飲め 飲むならば
日の本一の この槍を
飲みとるほどに 飲むならば
これぞ真の 黒田武士

峰の嵐か 松風か
訪ぬる人の 琴の音か
駒をひきとめ 立ち寄れば
爪音高き 想夫恋

花よりあかるく み吉野の
春の暁 見渡せば
もろこし人も 高麗人も
大和心となりぬべし

冒頭の勇ましさから一転、想夫恋という女性が男性を想う歌が出てきて、最後は「外国人とも一緒に桜を見て仲良くやろうぜ!」(超訳)と結ぶいい歌ですね。

日本舞踊の振りがついた動画も多々ありますので、歌詞と一緒に見るとより面白いかもしれません。

槍を持ったり、前後に違う歌詞がつくバージョンもあってなかなか興味深いですよ。

 

 

ゆるキャラも登場! その名は「もりりぃ」

それにしても「酒を飲めないと武士じゃない」という概念は、下戸の人にとってはかなりキツイですよね。

当時のお酒は今より純度が低かったですし、薄めて飲むことも多かったようなので、現代人より飲める人の割合が多かったかもしれませんが。

ついでに言えば、400年経っても酒の失敗を語り継がれる正則カワイソス(´・ω・`)

福島正則すったもんだの転封&改易劇〜終焉の地は意外や信州!

続きを見る

まぁ、薙刀持った奥さんに追いかけられたことがあるくらいですから、それに比べればマシ……ですかね?

ちなみに黒田家の豪傑といえば後藤又兵衛もいます。

彼が長政と仲違いして出て行ったのに対し、太兵衛は一生黒田家に仕えました。

太兵衛も一度言ったことは曲げないという頑固なところはありましたが、イヤミなところはなかったのでこういう違いが出たようです。

人間素直が一番ということでしょうかね。

もともと反りが合わなかった又兵衛は、長政を挑発するなどしておりましたので……。

後藤又兵衛基次(黒田家の猛将)はなぜ大坂に散った?56年の生涯マトメ

続きを見る

ちなみに兵庫県では、彼にちなんだゆるキャラ「もりりぃ」が生み出されました。

テーマは「おじかわいい」だそうです。

ゆるキャラ「もりりぃ」さん/はりま酒文化ツーリズム公式HPより引用

日本号の逸話を知っていると、「コイツと飲み比べして負けたらなんか取られそう」って気になりますねw 兵庫県の方すいません。

そのうち日本酒のイベントか何かでもりりぃと飲み比べる機会もある……かも?

あわせて読みたい関連記事

黒田官兵衛は本当に秀吉の軍師と呼べるのか?59年の生涯まとめ【年表付き】

続きを見る

織田信長は意外と優しい!? 生誕から本能寺まで49年の史実解説【年表付】

続きを見る

官兵衛の右腕だった栗山善助(栗山利安)忠臣81年の生涯~息子の大膳も

続きを見る

豊臣秀吉 62年の生涯まとめ【年表付き】多くの伝説はドコまで本当か?

続きを見る

黒田長政(官兵衛の嫡男)偉大な父を持つ二世の苦悩~56年の生涯

続きを見る

正親町天皇が戦国時代を生き抜く! ド貧乏だった皇室は信長に救われた?

続きを見る

足利義昭(覚慶)は信長と共に上洛し、対立! 京を追放された61年の生涯

続きを見る

福島正則すったもんだの転封&改易劇〜終焉の地は意外や信州!

続きを見る

後藤又兵衛基次(黒田家の猛将)はなぜ大坂に散った?56年の生涯マトメ

続きを見る

長月 七紀・記

【参考】
国史大辞典
『戦国武将合戦事典』(→amazon
母里友信/Wikipedia
はりま酒文化ツーリズム
民謡えほん

TOPページへ

 



-黒田家
-

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2020 All Rights Reserved.