後藤又兵衛/Wikipediaより引用

黒田家

後藤又兵衛基次(黒田家の猛将)はなぜ大坂に散った?56年の生涯マトメ

2014年大河ドラマの『軍師官兵衛』と、2016年『真田丸』。

年代的に近い両作品には共通する登場人物がおりました。

織田信長豊臣秀吉徳川家康という、三英傑。

北政所や淀の方といった、秀吉の身内。

石田三成小早川秀秋ら、関ヶ原の武将たち。

そんな中で、異彩を放っているのが後藤又兵衛基次ではないでしょうか。

『軍師官兵衛』では爽やかな若武者かと思ったら、『真田丸』では荒くれ感ギトギトな浪人衆。

関ヶ原から大坂の陣まで。いったい何があったのか?

今回は彼の生涯をたどってみましょう。

本稿では最も馴染みのある「又兵衛」で統一します。

 

後藤又兵衛基次・もとは小寺家臣の子

又兵衛は、永禄3年(1560年)、播磨国姫路近郊の神東郡山田村生まれ。

黒田官兵衛孝高(以下官兵衛)は天文15年(1546年)生まれですから、14才下になります。だいたい一回りといったところですね。

官兵衛の子である黒田長政は、永禄11年(1568年)で8才下。

黒田官兵衛は本当に秀吉の軍師と呼べるのか?59年の生涯まとめ【年表付き】

続きを見る

父・後藤新左衛門は、もともと播磨別所氏の家臣で、のち小寺政職に仕えました。

小寺政職といえば、黒田官兵衛の主君でもあります。

ドラマ『軍師官兵衛』では片岡鶴太郎さんが演じられていたことでご記憶の方も多いでしょう。

後に官兵衛を裏切って荒木村重に売り、結局、滅ぼされてしまいます。

 

黒田家で養われる

父を早くに失った又兵衛は、幼少期から官兵衛に養育され、その薫陶を受けて育ちます。

 

『軍師官兵衛』では、以下のようなシーンがありました。

官兵衛の薫陶を受けた又兵衛

その又兵衛が、官兵衛の実子である長政にダメ出し

長政、キレる

長政の代になって黒田家を出奔しますので、まぁ長政とは色々あったに違いありません。

ドラマでも、長政に対して「父上ならそんなことしない」とダメ出しする又兵衛は、ちょっとイラッとしておりました。

史実でも、まるで父であるかのように官兵衛を慕っていた又兵衛ですが、黒田家が最も辛いときに裏切るような行動を取ります。

 

「俺の家が一番大変な時に離反しやがって」

天正6年(1578年)、官兵衛は織田信長に背いた荒木村重によって、有岡城に幽閉されてしまいます。

このとき、残された官兵衛の夫人・櫛橋光、そして黒田家家臣一同は結束を強めます。

主君がどうあれ、我々はしっかり留守を守ろうというスクラムです。

荒木村重~信長に敵対し自分だけ逃亡した道糞な生き方【戦国逃亡武将譚】

続きを見る

 

しかしこのとき、誓紙への署名を又兵衛の伯父・藤岡九兵衛が拒み、又兵衛もこれに従うのです。

又兵衛、このときまだ二十歳前。

父は病死しており、伯父の意向には逆らえなかったのでしょう。

しかし、そんな言い訳が通じるわけもありません。

伯父ともども、又兵衛は一族追放処分を受けてしまいます。

又兵衛は、豊臣秀吉の配下であり、マンガ『センゴク』でも知られる仙石秀久に仕官しました。

豊臣秀吉 62年の生涯まとめ【年表付き】多くの伝説はドコまで本当か?

続きを見る

仙石秀久が秀吉の下で大出世&大失態! 漫画センゴク主人公64年の生涯とは?

続きを見る

ちなみにこの官兵衛の幽閉時、当時まだ松寿丸と名乗っていた長政が、大変な目に遭っております。

村重と共に官兵衛も織田を裏切ったとみなされ、その子までもが謀反人として首を要求されたのです。

このときは、官兵衛の盟友とされる竹中半兵衛の機転により、松寿丸は一命をとりとめております。

松寿丸(官兵衛の子)に殺害命令!半兵衛が匿うことを秀吉は知っていた?

続きを見る

ゆえに又兵衛に対しては官兵衛が許したとしても、長政として釈然としないのも仕方ありません。

「俺の家が一番大変な時に離反しやがって」

そんな風に思うほうがむしろ自然ではないでしょうか。
※続きは【次のページへ】をclick!

次のページへ >



-黒田家
-

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2020 All Rights Reserved.