浅井畷の戦いの舞台となった小松城

前田家

浅井畷の戦いが北陸の関ヶ原と呼ばれる理由!信長家臣の二代目たちが激突

慶長五年(1600年)8月9日、浅井畷の戦いがありました。

舞台は北陸。
そして中心人物は、前田利家の子・前田利長と、“米五郎左”こと丹羽長秀の子・丹羽長重。

織田信長にとって身内も同然だった家臣の「二代目」同士の対決は、一体どのような経緯で行われたのか。

実は北陸の関が原とも言える戦いであり、この日の前から高度な情報戦が行われていました。
その辺の流れから見ていきましょう。

 

織田家の重臣・長秀と利家の二世たちが戦った

関が原の戦いが見えてきたこの年の夏、五大老の一員である前田利長は地元に戻っていました。
豊臣政権を支えてきた前田利家は亡くなっており、跡を継いだのが長男・利長でした。

彼は東軍に参加します。

前田利家62年の生涯をスッキリ解説!若い頃は信長とイイ仲だった!?

続きを見る

一方の西軍としては、こんな近場に大軍を持っている大名を放置しておけるワケがありません。

とはいえ、マトモに戦ってしまっては、相手も強大な軍事力を持つ前田家。
その間に徳川家康が上方へ戻ってきて挟み撃ちに遭ってしまいかねません。

そこで西軍の参謀役ともいうべき立場にあった大谷吉継は、前田家を封じるためにあらゆる工作を行いました。
結果、越前(現・福井県)内の多数の大名が西軍につくのです。

その中に、丹羽長秀の息子・丹羽長重の姿もありました。

丹羽長秀65年の生涯をスッキリ解説!信長に「友であり兄弟」と言われる間柄

続きを見る

浅井畷の戦いは、この丹羽長重と前田利長の間で行われたものです。
信長とは個人的にも昵懇だった家臣たちの、二代目同士の戦いというわけですね。なかなか胸アツな展開です。

 

小松城を取り囲むも、堅城、なかなか落ち難し

利長は、吉継と西軍の動きに気づき、先手必勝とばかりに2万5000もの大軍を率いて金沢を出発しました。
そして7月26日に、丹羽長重の居城・小松城(現・石川県小松市)を包囲します。

小松城には3000ほどの兵しかいませんでした。

ただし、攻城戦は一般的に城方が有利。
加えて、小松城はかつて数十年に渡って自治を勝ち取った、加賀一向一揆の人々が作った堅城でした。

城内の士気も高く、8倍以上もの前田軍をもってしても、攻め取れる見込みが立たなかったといいます。

利長は戦略を切り替え、小松城ではなく別の西軍方の城である大聖寺城(現・石川県加賀市)を攻めることにしました。
こちらも2000人ほどしかいない小城です。

前田利長(利家の長男)/wikipediaより引用

8月2日に前田軍が包囲し、翌日には城主・山口宗永親子の自刃によって開城。
やはり小松城が、地の利や人の和があり堅城であったことがうかがえますね。

この間、大谷吉継は、家康の家臣・鳥居元忠が決死の覚悟で守る伏見城の攻略などにかかりきりで、前田軍対策に動けませんでした。

伏見城の戦い 20倍の兵力相手に炸裂した三河武士の意地と忠義がパネェ!

続きを見る

ちょうど大聖寺城が落ちた8月3日には領地の敦賀に戻っていますが、そもそも吉継自体も大軍を派兵できる身ではありません。
動かせる兵は6000程度で、やはり正面から前田軍と戦うのは無謀すぎました。

 

巧みだった大谷吉継の流言 前田家は急ぎ金沢へ

そこで吉継は、流言による情報戦を仕掛けます。

「西軍が伏見城を落とした」という事実に絡ませて「上方は西軍が制圧した」というウソを流し、更には「上杉景勝が旧領・越後を攻め取り、次は加賀へ向かおうとしている」と前田軍にプレッシャーをかけたのです。

虚実巧みに織り交ぜたもので、いかにも信憑性が高い話ばかり。

さらには、加賀へ向かう途中で捕らえていた前田利長の妹婿・中川光重に、これらの流言の裏付けになるような手紙を書き、利長へ送るように脅しているのです。
光重は武将というより茶人だったので、吉継の狙いを見破ったり、対抗することができなかったのでしょう。

ただの噂だけなら利長も話半分程度に受け取ったでしょう。
が、義弟がわざわざ手紙を送ってきたとなれば、信じたくなるのも無理はありません。

利長は留守中に金沢城が奪われることを恐れ、8月8日に金沢への帰還を決めました。

吉継の狙い通りになったのです。

利長より吉継が一枚上手……というか、吉継が人の心の動きをよく理解していたことがうかがえる話、として受け取るべきですかね。

三成に挙兵を持ちかけられたときも
「お前は日頃から恨みを買いすぎていて、旗頭になるには向かない。味方を募るならば、毛利殿を総大将にしろ」
と言っていたという話もありますから。

 

周辺は沼や田んぼ 浅井畷という細い道を丹羽軍が追撃す

いざ前田軍が金沢まで撤退するとなると、一つ懸念がありました。

小松城に残っている丹羽軍です。
相手は寡兵とは言え、追撃されたら手痛くやられてしまう可能性は否めません。

できるだけ密やかに、小松城を刺激せず……。
と、撤退を試みたものの、やはり大軍の動きは察知され、丹羽軍は小松城から出てきました。

周辺は沼や田んぼが多く、その間にあったのが浅井畷(あさいなわて)という細い道。ここで前田家vs丹羽家の大激戦があったのです。

※現在の小松駅を挟んで、上が小松城(オレンジ)で、下が浅井畷古戦場跡(赤→参照:まるごと・こまつ・旅なび

丹羽軍は前田軍を待ち伏せして多くの将兵を討ち取り、一時は優勢に立ちました。
が、前田軍も持ち堪えて、金沢への撤退には成功しているので、結果としては痛み分けというところでしょうか。

ちなみにこのとき前田軍には、リベンジの鬼・長連龍ちょうつらたつが参加していました。

復讐が終わった後も殺る気は健在だったようで、この戦いで最も激しくなった殿しんがりを務めて活躍。

連龍は前田家の家臣というよりは客将のような別格の立場をもらうほど、利家に信用されて重んじられ、利長宛の遺言でも「長連龍と高山右近は必ず役に立つ」と評されていたので、その恩返しだったのでしょうか。

前田利長騎馬像・高岡古城公園

 

丹羽長重と前田利常のホッコリする話

この一連の戦いのため、前田家も丹羽家も、関が原本戦には参加できませんでした。

また、利長とは別行動をしていた弟・前田利政は、七尾城(現・石川県七尾市)に篭ったまま動かず。
これまた東軍には参加しておりません。

弟の前田利政が東西どちらにもつかなかった、明白な理由は不明で、
「利政は西軍派だったが、兄が東軍につこうとしたので動けなかった」
「西軍に妻子を人質に取られていた」
などの説があります。

全部かもしれませんね。

結局、関が原本戦がたった一日で決着がつき、西軍がほぼ壊滅したことから、丹羽長重や前田利政は改易の憂き目を見ることになりました。

前田利政/wikipediaより引用

西軍の処分が決まる前に、利長と長重は本戦の直後である9月18日に和議を結びました。

このとき前田家から丹羽家へ人質に出されたのが、後の加賀藩二代藩主・利常です。
当時はまだ6歳の少年でした。

長重は、幼くして人質となった利常を哀れんだのか、手ずから梨を剥いてやったという逸話があります。

利常は利長たちとは異母兄弟であることから、前田家での立場が微妙だったため、人質として出向いた先で思わぬ優しさをかけてもらい、非常に感動したようです。

晩年まで梨を食べるたびに長重との思い出を話していたのだとか。
おそらく、長重とどんな話をしたのかも語ったのでしょうね。

長重は関が原当時はまだ子供がいなかったので、擬似的に親心を味わっていたのかもしれません。って、ちょっと美化しすぎですかね。

 

長重の居城だった小松城をガッチリ改築した利常

長重と利常には、もうひとつ接点になりそうなポイントがあります。

長重は改易された後、慶長八年(1603年)に常陸国古渡(現・茨城県稲敷市)1万石で大名に復帰しました。
さらに徳川秀忠の御伽衆(話し相手・相談役)に選ばれるなど、重職を果たすようになります。

一方の利常は、慶長十年(1605年)6月から加賀藩主を務めているので、参勤交代や何かの行事の折に江戸で長重と再会することもあったかもしれません。

また、利常は後に自らの隠居所にするため、かつての長重の居城である小松城を大々的に工事しました。

堅城だったことが一番の理由でしょうけれども、小松城は元和元年(1615年)の【一国一城令】によって廃城になっています。
そんなところ、しかも堅城として名高い城をわざわざ再建するというのは、幕府にケンカを売るも同然の行為です。

 

利常「戦場で鼻毛を切るヤツがおるか!」

また、利常は隠居するとき徳川家光に引き止められたのをガン無視しています。

彼は「戦場で鼻毛を切るヤツがおるか!」とばかりに鼻毛を伸ばし切っていた、最後の戦国大名と呼べるキャラクターであり、ともかく最後の最後まで度胸が良すぎでした。

前田利常【鼻毛大名】は利家の子にして最後のリアル傾奇者だった!

続きを見る

もしかすると、利常は幼いころの思い出や、長重を偲びたかったのでしょうか。

その後、利常の嫡男・光高が29歳の若さで亡くなり、利常は幼い孫・前田綱紀の後見として藩政に復帰したため、楽隠居ではなかったのですけれども。

実際に戦闘が起きているので穏やかとはいいきれませんが、長重と利常の関係については、割と心が温まる話……かもしれませんね。

長月 七紀・記

【参考】
国史大辞典
『戦国武将合戦事典』(→amazon link
『戦国人名辞典』(→amazon link
浅井畷の戦い/wikipedia
前田利長/wikipedia
前田利常/wikipedia
丹羽長重/wikipedia

 



-前田家
-,

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2020 All Rights Reserved.