三好家

信長に徹底抗戦! 岩成友通は三好三人衆としてどんな生涯を送ったか?

戦国一の人気武将・織田信長

その足跡を追っていると、上洛(1568年)の時期から、なんだか正体がよくわからないけれど、ちょいちょい織田家に絡んでくるなぁ……というグループに出くわします。

【三好三人衆】です。

三好三人衆

三好長逸よしながやす
三好宗渭みよしそうい
岩成友通いわなりともみち

彼らを一言で表せば、三好義継みよしよしつぐを支えた三人。

三好長慶の死後、松永久秀・松永久通父子らと共に、当初は三好政権を支えたのですが(後に袂を分かつ)、彼らに対しては、こんなマイナスイメージを持つ方も多いのではないでしょうか?

松永久秀・久通と共に足利義輝を暗殺した悪の小者――。

実はここには誤解があるのですが、ともかく同時代の松永久秀や三好長慶などと比べるとモブ扱いでしかない。

そんな三好三人衆のうち、本稿では岩成友通に焦点を当て、彼らの事績を振り返ってみました。

 

岩成友通は出自不詳ながら「三好三人衆」に選ばれる実力者

そもそも三好家がなぜ京都で権勢を振るっていたのか?

簡単に説明しますと……。
応仁の乱後、畿内では主に細川家と足利将軍家の争いが続いておりました。

そこへ割って入ったのが、細川晴元に引っ張り上げられた三好元長。

細川晴元の生涯――信長以前の天下人争いで躍進するも三好長慶に敗れ去る

続きを見る

さらにその元長の息子だった三好長慶が幼い頃から秀才として知られ、成長と共に三好政権を樹立します(詳細は以下の記事をご参照ください)。

三好長慶が戦国畿内を制す! 足利や細川に勝利した隠れ天下人43年の生涯

続きを見る

では、岩成友通は?

「三好じゃないから、なんか違うよね」

そう思うかもしれませんが、実際、何者か?と問われると、これが正直よくわかりません。他の三好三人衆2名と違って、出自すら曖昧なのです。

そんな曖昧な身分でありながら名を残したからには、三好家臣団でも光るものがあったと推察できましょう。

 

将軍殺害事件への関与は不明

「三好三人衆」従来のイメージといえば、多くが信長や足利将軍家との争いになります。

例えば上洛直後の足利義昭に襲いかかった【本圀寺の変(1569年)】。

本圀寺の変(六条合戦)で信長ヒヤヒヤ~超わかる信長公記56・57話

続きを見る

あるいは【東大寺大仏殿の戦い(1567年)】などで、三好義継&松永久秀らと揉めた争いもよく知られています。

岩成友通の事績というより「三好三人衆」としての行動が記録されております。

そして、最も有名なのが【永禄の変(1565年)】でしょう。

三好義継と共に将軍・足利義輝を1万の軍勢で囲み、討ち死にさせた事件。

世間では松永久秀主導のように思われてきましたが、実際はさにあらず。当日、久秀は大和国にいて事件には参加しようがありませんでした。

真相は、三好義継や松永久通らがデモ行動を起こして、そこから突発的に殺害事件へ発展してしまったのでは?という見方があり、三好三人衆にしても、事件後に事態の収拾に動いた三好長逸と違い、岩成友通の場合はどれだけ関与したのかはっきりしません。

三好長逸―三好三人衆の長老格は信長の力を読めずに消えていく

続きを見る

その辺の事情は上記、三好長逸の記事にお譲りして、その後の動きに注目してみたいと思います。

そもそも「三好三人衆」はなぜ結成されたのか?

最大の要因は、【永禄の変】後に彼らが松永久秀・久通父子と勢力争いを繰り広げた結果だと読み取れます。

三好三人衆が足利義栄(よしひで)を担ぎ、松永父子に対抗しようとしたのです(そのため三好義継とも決別しています)。

足利義栄・室町幕府14代将軍は本拠地京都に一度も入れない黄昏将軍

続きを見る

三好一族かどうか出自不明な岩成友通が、こうして三人衆に選ばれたのは、政治&軍事センスに恵まれたからでしょう。

彼を語る上で欠かせない、こんな経歴があります。

 

勝竜寺城主・岩成友通

岩成友通は、永禄9年(1566年)に勝竜寺城(長岡京市)を奪取。

永禄11年(1568年)九月に織田信長に明け渡すまで、城主として京都を押さえておりました。

勝竜寺城の模擬とお堀(長岡京市)

城主の血縁者として生まれたとか、あるいは主君より任命されたわけでなく、自分から城を奪い地位を獲得した。そして名を成したのです。

松永久秀もそうですが、三好家臣団にはこうして血筋よりも実力で名を残す、そんな気風が漲っていたとも受け取れます。

敗者のイメージが強い三好家も、信長上洛前の畿内ではフレッシュなパワー溢れる軍団だったんですね。

しかもこの勝竜寺城は、本格的な整備をされ重要な防御拠点とされたのは岩成友通が担ってからのこと。

政治と軍事の拠点として生まれ変わるという功績がありました。

松永久秀と多聞山城との関係にも言えるところですが、人と城の関係性を変革したという意味で非常に重要な功績ですね。

松永久秀は爆死ではない! 信長を二度裏切ったが実は忠義の智将【年表付】

続きを見る

阿波から出てきた三好家を飛躍させた三好長慶。

そしてその姿を追ってきた三好三人衆。

織田信長が革新的な人物であるという評価をもちろん否定はしませんが、信長が参考にしたであろう三好家のイノベーションも忘れてはいけないと思います。

 

久秀が信長と手を組む一方で……

三好家臣団をナメてはいけない――そんな一定の実績がありながら、今なお戦国の舞台でモブ扱いされがちなのはなぜか?

それはひとえに信長に勝利できなかったからでしょう。

織田信長49年の生涯まとめ!生誕から本能寺の謎まで史実解説【年表付】

続きを見る

「三好三人衆」と対立した松永久秀・久通は、三好義継を押さえ、織田信長と手を結ぶことで生き残りの道を選びました。

久秀としてはこれで勝利を手にしたかったのでしょうが、その後、信長が方針を変えてしまった。三好一派は庇を貸して母屋を取られる展開となる。

一方の岩成友通にしても勝竜寺城から追い出され、「三好三人衆」らは元亀元年(1570年)、阿波へと逃れます。

そこで信長包囲網に参加し、朝倉・浅井と連携を取りながら、織田軍の消耗を待ったのです。

野田城・福島城の戦い】などはその一つですね。

野田城・福島城の戦い(第一次石山合戦)~超わかる信長公記73話

続きを見る

戦いは長きに渡り、時には信長と和睦、久秀と手を組むこともありながら、天下の情勢に流されゆく「三好三人衆」。

しかし、元亀年間になりますと、それも終わりを迎えます。

信長包囲網に綻びが出始めるのです。
※続きは【次のページへ】をclick!

次のページへ >



-三好家
-,

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2020 All Rights Reserved.