絵・小久ヒロ

最上家

悪屋方こと大宝寺義氏はブラック領主?なぜ秀綱は味方した?【東北戦国譚】

更新日:

春は出会いと別れの季節です。
分厚い雪に覆われた北国の人々にとっては、冬の間できなかった作業を再開する季節でもあります。

戦国時代において、春とは死の季節でもありました。

厳しい冬の間、乏しい食料で飢えを凌いできた民は、春の訪れで気が抜けてしまうのでしょうか。斃れ、そのまま亡くなる人が多かったことが、残された過去帳からわかるそうです。

民を支配する大名や国衆――冬の間停戦していた武士たちは、雪解けとともに進軍を再開する季節でもあります。

天正11年(1583)三月。
大宝寺義氏(1551年-1583年)にとっても、春は由利に陣取る敵を討ち果たす季節となるはずでした。

ところがどういうわけか、彼自身が最期を迎えることとなってしまったのです。
一体彼の身に、何が起こったのでしょうか。

 

大宝寺氏……ああ、あのすぐ滅びる家かby『信長の野望』

大宝寺氏とは、別名を武藤氏ともいい、出羽庄内地方を支配する有力国衆でした。

全盛期は大名をもしのぐほどの勢力を持ち「屋方」号すら許されていました。
当時の庄内は国衆がひしめく激戦区、大宝寺氏は近隣の本庄氏、小野寺氏、そして上杉氏らと連携しつつ庄内を治めていたのです。

永禄11年(1569)、上杉氏の支配下にあった本庄繁長が反乱を起こしました。

大宝寺家当主の義増は、本庄氏に加担。
しかし、当時の上杉氏当主は、かの軍神・謙信公です。歯が立つわけもなく、義増はすぐさま降伏し、上杉氏の要請により家督を義氏に譲りました。

と、こういう歴史のある国衆なのですが、『信長の野望』シリーズではプレイ開始後即座に滅びる家として認識されているようです。
内政が留守で、ガンガン戦をすることが推奨されたシリーズ『天翔記』では、「申し子」と呼ばれたとか。

 

ブラック領主のもとで限界を迎える家臣領民

義増の代でも庄内国衆のとりまとめに苦労した大宝寺氏。
跡を継いだのは、血気盛んな十代の義氏です。持ち前の武勇を武器に由利へと北進を開始しました。

しかし、だんたんとその戦いは厳しさを増してゆきました。

大宝寺に従っていた土佐林、砂越、来次氏といった国衆たちは、結局のところ大宝寺が怖いのではなく、背後にいた上杉謙信をおそれていただけなのです。

その頃には、謙信が亡くなっており、後継者争いと織田信長との戦いのため、庄内どころではなくなった上杉氏など、恐れる必要はありません。
重石が軽くなり暴れはじめた国衆をおさえつけるため、義氏は無理な戦を繰り返す羽目になりました。

あまりに戦を繰り返すため、家臣も領民も疲れ果てました。

彼らは「義氏繁盛、士民陣労」(義氏が自分のために戦うと、家臣領民は疲れ果ててしまう)とこぼし、こっそりと「悪屋方(悪屋形)」と呼び、不満を募らせていました。

義氏が無理な北進を繰り返しているころ、出羽の東には勢力を伸ばしつつある大名がいました。

最上義光です。

もとは足利一門に連なる名門大名とはいえ、最上家は伊達家に大敗を喫するなどして没落の一途をたどっている最中。
しかし義光の父にあたる義守の代において伊達家支配下から独立を果たすと、ヤリ手だった義光は、内政の拡充と国衆の取り込みをはかり、東へと領土を拡大しつつあったのです。

ストレートに拳で敵を殴りにいくような義氏に対して、義光はよくいえばスマート、悪く言えば陰湿な策謀で勢力を拡大していきます。
義光の外交手段と策謀は、義氏が知らないところで深く彼の勢力を蝕んでいったのです。

劣勢を巻き返すため、義氏は最上家の東にある伊達家と連携しようとします。
と、これが不発。最上義光の策謀は、陰険であくどいとみなされがちです。

しかし、コソコソしないで陰湿さはゼロ、スポ根漫画レベルの熱血ぶりで敵を殴り続けた大宝寺義氏がどうなったか、ちょっと考えてみましょう。

豪雪地帯の出羽は収穫高も低く、冬は行動が思うようにできません。
家臣領民にとっては、冬だろうと構わず合戦をする領主より、合戦をせずに外交と策謀で勢力を伸ばす方がはるかにマシでした。

義氏が無茶苦茶な雪中行軍を敢行したために、兵が苦しむ様子は『タイムスクープハンター』シーズン6の第8回「壮絶!雪山の戦い」で描かれました。

酷寒豪雪地帯で合戦なんかしてはいけない!
それが痛いほどわかる回でした。

 

囚われた鮭延秀綱は大宝寺家で立派な青年に

大宝寺義氏無念の最期を目撃した人物がいます。

鮭延秀綱です。

彼は晩年、自らの半生を語り残し、それが『鮭延越前守聞書』という史料にまとまっております。
本稿は、この史料を元に義氏の最期をたどってみたいと思います。
※彼については、よろしければ以下の記事もご覧ください。

知られざる最上の名将・鮭延秀綱! 勇猛、実直ながら御家騒動を長引かせ……

正 ...

続きを見る

大宝寺氏のおさめる庄内の東、現在の山形県最上郡真室川町にあたる場所に鮭延城がありました。
この城を本拠としていたのが、近江佐々木氏の末裔にあたる鮭延氏でした。

永禄6年(1563)頃、この鮭延城が大宝寺義増によって攻められます。

鮭延家当主であった氏孝と、隠居した父の定綱(貞綱表記もあり)は、姻戚関係であった近隣の国衆・小野寺氏の元へと逃げ去ります。

この時、まだわずか満二歳。
生まれたばかりといってもよいほど幼い氏孝の弟は、城下にあずけられていました。定綱父子は急いで逃げ出したため、この赤ん坊は置き去りにされてしまい、大宝寺義増の元へと送られ……いやもとい、さらわれてしまいます。

定綱父子は数年後には鮭延に帰還するのですが、この赤ん坊はそのまま大宝寺家で育てられることになりました。
彼は現在の中学生くらいまで成長してからは、源四郎という仮名(けみょう)を名乗り、小姓となりました。

彼の名が鮭延秀綱。
Wikipedia等では秀綱が最上義光配下になるのが天正9年(1581年)となりますが、ここでは少なくとも天正11年以降であるとします。

物語はにわかに動き始めます。

秀綱の父・定綱と、兄・氏孝は、鮭延に帰還したのち、跡継ぎも残さないまま病死してしまったのです。
鮭延城には、大宝寺家が遣わした城代が入っておりましたが、義氏は立派な青年に成長した秀綱を大宝寺配下の城主として戻すことにします。

この時、秀綱20歳前後です。天正9年(1581年)頃であったと思われます。
彼は勇猛さにおいて大宝寺家中でも一目置かれる青年に成長していました。

絵・小久ヒロ

 

 

「源四郎はきっと俺の言うことを聞いてくれるはず」

義氏としては、こんな風に思っていたのかもしれません。

「小姓として仕えていたわけだし、源四郎はきっと俺の言うことを聞いてくれるはず」

赤ん坊の時に誘拐して、実の親兄弟から引き離した張本人の息子がそう思うというのは、一体どういうことだ?
そんな風にツッコミたくなりますが、そこは人の気持ちに鈍い義氏ですから、それも十分にありえたと思います。

秀綱の兄・氏孝は、巧みに政治判断・外交を行い、大宝寺・最上間の緩衝地帯の国衆としてうまく立ち回りました。

天正年間からは最上義光にかなり傾いた行動も見せるようになり、そのため義氏を怒らせたこともありました。そうなると大宝寺にいた弟・秀綱は危険だと思いますが、それでもバランス外交をしなければいけないところが、いかにも危ういはざまにある国衆の立場です。

しかし秀綱の代となると、義氏のバックアップを受けて城主に復帰。
最上によい顔はできません。
秀綱が心の底から義氏を兄貴分として慕っていたかはよくわかりませんが、それでも義氏への社交は欠かせません。

天正11年(1583)二月半ば、年始の挨拶のため、秀綱は大宝寺氏の本拠地である尾浦城を訪れました。

そして挨拶を終えて帰ろうとすると、義氏が「鮭延なんて何もなくてつまらない所だし、この城で一月二月ゆっくりしていけばよいじゃないか」と提案します。

秀綱はこの誘いに乗り、供回り七~八人と共に城に残ることにしたのでした。冬の出羽は雪が深く、そんな中を戻るのも大変ですからね。

そしてその結果、秀綱はとんでもない事件に巻き込まれます。

 

前森蔵人、謀叛を決意! なぜもっと早くやらなかった

北国待望の春が訪れた三月五日、尾浦城から大宝寺家・家老の前森蔵人率いる軍勢が、由利へと向けて出陣しました。

しかしそこから一里(約4キロ)ほど進んだところで、蔵人はこう宣言します。

「これから引き返して悪屋方を切腹させるぞ。皆ついて来い!」

明智光秀の「敵は本能寺にあり」を思い出しますが、織田信長はたまたま手薄な警備の中、寺で休んでいました。
あまりのガードの薄さに、光秀も魔が差したのかな……と思ってしまいます。

ところがこの場合、本拠地の城からたった一里離れた時点でこう宣言しています。

誰かが反論してもよさそうなものですが、誰も反論しません。それどころか、
「いいぞ、いいぞ、やれやれ! もっと早くてもよかったくらいだ!」
と盛り上がる始末。義氏、どれだけ人望ないんですか。

日頃から家臣にあたりが厳しく、パワハラ三昧で、皆ストレスがたまりきっていたとのこと。
さらには羽黒山から山伏も援軍に駆けつけていたそうで、義氏が宗教勢力からも嫌われていたことがわかります。

この謀叛は最上義光が糸を引いていたとも言われ、前森蔵人は謀叛を成功させると、最上義光に「さあ今こそ庄内を支配するチャンスです」と持ちかけ、義光はそれに呼応するように東進を開始します。

突発的なものではなく、計画的であることは間違いないでしょう。

尾浦城の義氏は見方の軍勢が押し寄せてきました。
本能寺のように「是非には及ばず」ではなく「なんてこった、無念だ」と繰り返し、城に入るしかありません。

このとき城にいたのは、およそ三百人。
ところがこの味方すらあっという間に半分以上消えてしまいました。

討たれたわけではありません。謀叛の軍勢を見て「俺も悪屋方が嫌いだった」と次から次へと寝返ってしまったのです。
義氏、どんだけ人望……(以下略)。

戦闘は午前十時頃から、夜中まで続きました。
偶然、城にいあわせてしまった鮭延秀綱は、義氏が切腹するならばお供しようと奮戦し、負傷しながらも敵の首をいくつかあげます。

しかし多勢に無勢。
義氏に味方する者は15〜16人ほどになり、義氏は城にある高舘山の八幡堂で、最期の酒盛りをしていました。
既に義氏は、8歳と9歳になる息子を斬殺していました。

秀綱はこう言います。

「奥羽で鬼神のようだといわれた御屋方様が、なぜ御自害することになってしまったのでしょうか。敵は我々が防ぎますから、腹を召されよ。我々も討たれなければお供します」

そう言うと僅かな味方とともに、秀綱は本丸に引き返したのでした。
味方同士で討たないよう、暗闇で名乗り合いながら斬り進んでいると、秀綱はなんと誰かから抱きつかれてしまいます。

驚いていると、相手は幼い秀綱を我が子のように育ててくれた中村内記という男ではないですか。

彼はここ数日、秀綱を捜し回っていたそうですが、おそらく事前に謀叛のことを知っていて、巻き込まないようにしたかったのでしょう。
内記は弟と二人がかりで秀綱を救出します。

秀綱は脱出を果たしたものの、義氏は切腹することとなりました。
鬼神のようだとも評され、悪屋方ともささやかれた大宝寺義氏。
享年33でした。

一方、危機一髪を切り抜けた秀綱ですが、前森蔵人ら謀叛を起こした者たちは、彼は巻き込まれただけ、むしろ悪屋方にお供しようとは見事な心映えであると賞賛します。

秀綱は許され、城主として鮭延に戻りました。
大宝寺義氏は討たれ、庄内の者たちも最上派になる中、秀綱も最上家に従属します。

その後は庄内方面の攻略、外交を担当し、家中屈指の名将として名を馳せ、最上家改易後も84歳まで生き永らえるます。

大宝寺家は家臣が謀叛を起こしても元家臣たちは誰も特に異議を唱えず、大宝寺を支配下においていた上杉家だけが反発。
最上義光と前森蔵人にとって、想定外なのは上杉の動向でした。

義氏自刃の前年、本能寺の変で織田信長が横死したため、上杉家は窮地を脱し、さらには豊臣政権下につくことで息を吹き返していたのです。
大宝寺vs最上という対立構造は、豊臣政権下では上杉vs最上にかわり、関ヶ原合戦のあとまで続くこととなります。

 

結局、悪屋方は本当に悪人だったのか?

大宝寺義氏という人物は、本当に「悪屋方」だったのでしょうか。

「悪」には強いという意味もあるし、滅びた家であるからには敵からの記録しか残っていないし、内政にかまけなかっただけでそこまで悪人ではないのでは、という疑問も当然ながら生じると思います。

確かに軍記では彼の悪人エピソードは誇張されています。
戦国時代の下剋上意識が理解できない江戸期の軍記作者が、「このくらいの動機で謀叛とは酷い。こんな理由もあったのではないか?」と考えたようなエピソードです。

そういったものを差し引いて、鮭延秀綱の証言を洗い直してみると、大宝寺義氏の人柄がわかるかと思います。

秀綱は淡々と回想しており、人物に対しての好悪をあまり語り残していません。
そこをふまえて、彼の証言を振り返ってみたいと思います。

・前森蔵人が謀叛を宣言した時、誰一人反論せず「もっと早くてもよかった」とすら言われた

・日頃から家臣に当たりが強く、ともかく態度が最悪で、皆ストレスを貯めていた

・謀叛時、城に残っていた義氏配下三百名があっという間に半数以上寝返った

・秀綱が、義氏にかわって庄内を治めることになった東禅寺筑前守に抱いた感想「義氏と違ってちょっとは度量が広い方のようだ」

鮭延秀綱は、幼児期に大宝寺にさらわれるという最悪の経験をしています。
そのことをふまえると、彼の義氏評には悪意がこもっていてもおかしくはありません。

それを差し引いても、家臣が誰も謀叛に反対しない、城に残った味方があっという間に半数以上寝返ったのは、流石に義氏の性格面に問題があったのではないか、と思わざるを得ません。

「悪屋方」という呼び名、「義氏繁盛、士民陣労」という歌からも、家臣領民の苦しみが感じられます。

軍記で誇張された悪事ではなく、元部下の赤裸々な証言はかえって胸に響きます。個人的には上司にしたくない戦国武将上位ランクインしそう、という感想です。

そんな義氏も現在に至るまで残したものがあります。
天正年間、出羽国西部を支配下においた義氏はこう宣言したのです。

「大宝寺の領土は、かつて地頭として任された大泉庄だけであった。しかし今はこんなに広くなっている。出羽西部はもはや我が庄の内、『庄内』と呼ぼう」

こうして現在に至るまで、庄内という地名は残りました。
本拠地であった尾浦城は大山城、大宝寺城は「鶴ヶ岡」に、 最上義光によって改称されましたが、「庄内」は残ったのです。

今ではすっかり藤沢周平作品の舞台として認識されている庄内地方ですが、こんなに広い地域をおさめた大宝寺義氏という国衆もいたことを忘れないで欲しいものです。

彼が無念の最期を遂げた高舘山は、バードウォッチングやハイキングが楽しめる憩いの場として、市民から親しまれています(山形県鶴岡市観光連盟)。

記:最上義光プロジェクト
最上義光の知名度アップを目指し、オンラインで情報発信を続けているサイトです。

 



-最上家
-

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2019 All Rights Reserved.