穂井田元清/wikipediaより引用

毛利家

穂井田元清(元就の子)は“虫けら”ではない!知られざる謀将四男の功績

更新日:

慶長二年(1597年)7月9日、穂井田元清ほいだもときよが亡くなりました。

この方は毛利元就という、戦国超ビッグネームの四男ですが、かなりの戦国ファンにしか知られていない存在かと思われます。

なんと言っても毛利家は

長男・毛利隆元
二男・吉川元春
三男・小早川隆景

上記、三本の矢が有名であり、四男以下については元就が「虫けら」だなんて怖いことも言っているほどです。

しかし、天下の謀将の息子がそんな凡将以下の人物になるワケもなく、穂井田元清も結構な活躍をしております。
本稿では、その軌跡を見てまいりましょう。

 

「虫けらのような分別のない子供たち」って!?

穂井田元清は、元就が三矢の教えの元ネタとなった『三子教訓状』の中で
「虫けらのような分別のない子供たち」
とボロクソに言っていたうちの一人です。

でも、この書状が書かれたときってその子たちまだ年齢一ケタなんですよね。
そんな小さな子をさほどに罵るってのもどうなのよ? という気がしなくもありません。

ただし、単になじるというよりは、
「最初の正室・妙玖の子である毛利隆元・吉川元春・小早川隆景(三本の矢)と、側室や継室の産んだ子供を区別するためだった」
とも言われていて、それなりに気も使ってます。

勇将として知られた次男の吉川元春さん/wikipediaより引用

なんせ「虫けら」の後には、
「もしそれなりの出来になったとしたら、遠方にでも領地をやってくれ」
といったことも書いていますし。

 

三国志・張遼ばりの働き……とは言い過ぎなれど

実際、稀代の謀将・元就の子がそんなアホなわけはありませんでした。

元清は立派に成長。
元就の後半生から豊臣秀吉の時代にかけて、毛利家を陰になり日向になって支えました。

元就が九州に手を出したときには、毛利領の東端・備中(現在の岡山県西部)で宇喜多直家に攻め取られた城を奪い返す活躍も見せています。

宇喜多直家・戦国の謀殺王が裏切りを重ねた理由「お茶に呼ばれたらヤバいで」

戦 ...

続きを見る

また、その翌年である永禄十二年(1569年)には九州に同行し、数々の戦いに参加したかと思えば、年の内に備中へ戻っています。忙しいですね。
一旦は負けてしまったのですが、数年後には見事挽回しています。

その後も宇喜多家との戦いに参加していましたが、信長の命で秀吉による中国攻めが始まると、今度は秀吉と戦うことになりました。

このときは、秀吉軍に包囲された味方を、自ら兵を率いて救出。
三国志の張遼(※)とまではいきませんが、これは助けてもらった人は感激したでしょうねえ。

※三国時代の魏の武将。合肥というところで呉と戦い、自ら出陣して包囲を破り、兵を救出するために再度敵中に飛び込んで三度包囲を破ったといわれている人。
ちなみにこれは「三国志演義」ではなく史書の「三国志」に書かれている。つまりリアル三○無双。

 

息子は慶長の役で総大将!

主家であり実家である毛利家が秀吉に従うことになった後は、元清も素直に臣従しています。
四国及び九州征伐に参加し、日頃の忠勤を輝元からも評価されて、1万2000石の領地をもらいました。

また、元春や隆景が他の家として毛利家を支える立場であったのに対し、元清は「血縁のある家臣」として毛利家の家老といった立ち位置になっていたようです。
朝鮮の役前半戦・文禄の役では、病身の輝元に代わって毛利軍の総大将を務めるほどですから、やはり日頃から信頼されていたのでしょう。

ちなみに、後半戦である慶長の役では、元清の息子・毛利秀元がやはり毛利輝元の代理として総大将をやっています。
親子揃って確実に元就の血を引いていることがよくわかります。

ところで、朝鮮の役って休戦期間を含むとだいたい6年くらいやってたんですけども、輝元はいったい何年間闘病してたんでしょうね。
もしかして、元清が「生きて帰って来られるかわからないところに輝元様を送るわけにはいかないから、病気ということにして、代わりに私が行きましょう」とか言ってたんでしょうか。

日頃から母や弟たちのことを気遣うやさしい人だったそうなので、いかにもありそうな話です。
……元就は息子より孫の心配をしたほうが良かったんじゃないですかね(ボソッ)

 

清正の虎退治よりも上!? 2頭を見事に生け捕り

元清の話に戻りますと、彼は秀吉の所望により、朝鮮で虎狩りをして見事2頭を生け捕り、日本に送っています。

朝鮮で虎の話といえば「加藤清正の虎退治」(※ただし本当は黒田家臣の話)ですが、退治するより生け捕りにするほうが難しいですから、元清の話がもっと広まっても良さそうですよね。
どっちがエライ・すごいというより、本人の知名度の問題なのでしょう。

ちなみに、この虎はときの天皇・後陽成天皇の御前にも入れられたそうです。その後どうしたんでしょう。

しかし慣れない土地で戦やら虎の捕獲やらをしていたせいか、帰国後の元清は程なくして床についてしまいます。

ちょうど異母兄・小早川隆景も病がちになっていて、
「どちらが先にこの世をお暇するだろうな」
なんて話をしていたとか。

隆景とは元就存命中から共に兵を動かすことも多かったので、昔語りに花を咲かせることもあったのでしょうね。泣ける。

 

お金の計算については別の兄弟がお得意科目♪

元就の側室の子供の中には、元清の他にも一廉の人物がいます。

二宮就辰(なりとき)という人で、元就の正室が病みついていた頃に生まれたため、しばらくの間、毛利の血を引くことを隠されていました。
身分や立ち居地としては元清と同じになるはずが、そうした事情のせいで出生年や誕生日がはっきりしていません。

しかし、能力としてはやはり元就の息子。
特にお金を工面することについては大いに才能を発揮し、広島城築城に際しての資金繰りでは、検地その他あらゆる手段を講じました。

広島城については、秀吉に翻意のないことを示すために、築城予定地にわざと地盤の良くないところを選んだともいわれており、余計お金がかかったという説がありますね。
現場監督は元清と就辰二人でやっていて、これを知っていたからこそ何が何でもお金を集めたのでしょう。多分。

毛利家は現在まで血筋が続いている大名家の一つですが、実は途中から元清の系統になっています。

輝元の子孫が断絶してしまったので、元清の子孫が本家に入って跡を継いだのです。
つまり、元就の血が今も確実に残っていることになるわけですね。

今頃、元就はあの世で息子に「毛利の血を残してくれてありがとうよ。虫けらとか書いてごめんな(´・ω・`)」とか言ってるかもしれませんねえ。

長月 七紀・記

【関連記事】

3分でわかる毛利元就75年の生涯!なぜ一代で中国地方8カ国を制覇できた?

毛 ...

続きを見る

3分でわかる毛利隆元(元就の長男)失って初めて実感する偉大さ優秀さ

永 ...

続きを見る

毛利三本の矢次男・吉川元春がアツい! 11才で初陣を飾った勇将と奥様に注目

【 ...

続きを見る

小早川隆景・毛利三本目の矢はキレ者!王佐の才は元就にも秀吉にも重宝され

戦 ...

続きを見る

【戦国合戦譚・毛利秀元】初陣で毛利軍3万の総大将を務めた元就の孫

毛 ...

続きを見る

【参考】
国史大辞典
『戦国武将合戦事典』(→amazon link
穂井田元清/wikipedia
二宮就辰/wikipedia
山口県史跡かわらばん

 



-毛利家
-

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2019 All Rights Reserved.