小早川隆景/wikipediaより引用

毛利家

小早川隆景(元就の三男)はキレ者よ~王佐の才は毛利や秀吉に重宝され

こちらは3ページ目になります。
1ページ目から読む場合は
小早川隆景
をクリックお願いします。

 

毛利家を守るため、小早川家を差し出した!?

帰国後も秀吉の強権は続きます。

このころ隆景の甥っ子・輝元は40歳になっていましたが、実子がなく跡継ぎが決まっていませんでした。

それに目をつけた秀吉が「ならワシの甥を輝元の養子にくれてやろう。これで安泰じゃ!」と言ってきたのです。

どう見ても乗っ取る気満々ですね。

これを見抜いた隆景、まさに捨て身の策に出ます。

「申し訳ございません太閤様、ついこの前”輝元の跡は従弟の秀元が継ぐ”ことに決まりまして。代わりといっては何ですが、私も跡継ぎに困っていたところですので、小早川に甥御様をいただきたく」(※イメージです)と名乗り出たのです。

確かに隆景にも実子はおらず、道理としては通っています。

また、毛利秀元はその名が示す通り、秀吉のお気に入りだったので、彼が本家を継ぐことに対してケチをつけるのはさすがに無理でした。

毛利秀元 初陣で毛利軍3万の総大将を務めた元就の孫【戦国合戦譚】

続きを見る

このとき隆景の養子になったのが、あの小早川秀秋です。

関ヶ原の戦いで裏切り者と呼ばれる武将ですね(実際は最初から東軍説が有力)。

小早川秀秋は本当に裏切り者だったのか? 21歳で死亡した秀吉の養子

続きを見る

残念なことに、小早川隆景が自分の家を犠牲にしてでも守りたかった毛利本家の所領は、関が原後に約1/4になってしまったわけですが……隆景はそれを知らずに世を去っていますので、不幸中の幸いだったかもしれません。

 

働き過ぎて過労死だったのでは?

彼の頭のキレっぷりは終生衰えませんでした。

五大老に任じられた後に隠居しても、あまりゆったりしている暇はなかったのではないでしょうか。

生まれた順番通りに亡くなるのが道理とはいえ、この感じだと「もしかして秀吉が隆景を過労死させるつもりだったんじゃ……?」とすら思ってしまいます。

もちろん、当時そんな概念はないのですけども、隆景の死については「急死」や「卒中」という単語が出てきます。

だんだん具合が悪くなったのではなく、いきなりポックリという感じだったら……。

飢餓や寒さでバタバタ将兵が亡くなっていた朝鮮の役から生きて帰ってきて、しかも数年間は元気だったことを考えれば、過労死に近いような気がしません?

考えすぎですかね。

あわせて読みたい関連記事

毛利元就はナゼ一代で中国地方8カ国を支配できたのか【戦国毛利譚】

続きを見る

毛利隆元(元就の長男)失って初めて実感する毛利跡取りの偉大さ優秀さ

続きを見る

吉川元春(元就の次男)がアツい! 11才で初陣を飾った勇将と奥様に注目

続きを見る

厳島の戦いで毛利軍の奇襲作戦が炸裂! 陶晴賢が自害し元就の躍進始まる

続きを見る

織田信長は意外と優しい!? 生誕から本能寺まで49年の史実解説【年表付】

続きを見る

足利義昭(覚慶)61年の生涯をスッキリ解説!バカ殿?それとも実は頭脳派?

続きを見る

第一次木津川口の戦いで村上水軍にフルボッコ!焙烙火矢の恐怖 信長公記138話

続きを見る

豊臣秀吉 62年の生涯まとめ【年表付き】多くの伝説はドコまで本当か?

続きを見る

鳥取の渇え殺し&三木の干し殺し人肉の恐怖~極度の空腹でメシ食うと死ぬ

続きを見る

本能寺の変、真相は? なぜ光秀は信長を討ったのか 有名諸説を徹底検証!

続きを見る

清水宗治と備中高松城の水攻め~戦国時代に武士の鑑とされた切腹劇

続きを見る

中国大返しは可能か!? 秀吉&官兵衛による10日間230kmの強行軍を考察!

続きを見る

賤ヶ岳の戦いで秀吉と勝家が激突! 勝敗を決めたのは利家の裏切り?

続きを見る

ルイス・フロイスは信長や戦国をどう描いた?『日本史』を記した外国人宣教師

続きを見る

小田原征伐で秀吉相手に退かず! 北条家が強気でいた小田原城はどんだけ強い?

続きを見る

北条氏政はなぜ最期まで秀吉に反抗したか? その生涯53年【戦国北条五代記】

続きを見る

北条氏直30年の生涯 秀吉と対峙した関東覇者の最期とは【戦国北条五代記】

続きを見る

徳川家康(松平元康)が直面した3度の絶体絶命!75年の生涯まとめ【年表付】

続きを見る

立花宗茂―戦国最強と讃えられた猛将 浪人から大名へ復活を遂げる

続きを見る

毛利秀元 初陣で毛利軍3万の総大将を務めた元就の孫【戦国合戦譚】

続きを見る

小早川秀秋は本当に裏切り者だったのか? 21歳で死亡した秀吉の養子

続きを見る

長月 七紀・記

【参考】
『戦国武将合戦事典』(→amazon link
『秀吉の虚像と実像』(→amazon link
小早川隆景/Wikipedia

TOPページへ

 



-毛利家

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2020 All Rights Reserved.