毛利家を支え勇将として名高い吉川元春/wikipediaより引用

毛利家

吉川元春(毛利元就の次男)が熱い!11才で初陣を飾った勇将と奥様に注目

【人物概略:吉川元春

1530-1586年。

父は毛利元就、母はその正室・妙玖(吉川国経の娘)。

元就の次男として生まれると、若くして戦場を駆け回り、

・吉田郡山城の戦い(1540-1541)

厳島の戦い(1555)

・石見銀山の占領(1556)

・出雲遠征(1562-1566)

などで活躍。

毛利家躍進の大きなキッカケとなった【厳島の戦い】では、陶晴賢の家臣・弘中隆兼を倒す武功も挙げている。

1550年に吉川家の跡を継ぐと、弟・小早川隆景の小早川家と共に「毛利両川」として名を馳せ、強敵・尼子家を降すときにも中心的な役割を担う。

※その後も、山中鹿介らの活動によって復興を願う尼子の残党と戦い続けた

1571年に父・毛利元就が亡くなった後も引き続き毛利家の合戦を主導。

織田信長に京都を追われてやってきた足利義昭も受け入れると、以降、豊臣秀吉との戦いが続いた。

しかし、1582年に本能寺の変が勃発した後は、備中松山城での和睦を受け入れ、秀吉のことを嫌って、その年に自身は引退。

息子の吉川元長に家督を譲っている。

秀吉には、「かつえ殺し」でお馴染みの鳥取城も落とされ、配下の吉川経家を亡くしており、恨みが募っていたのであろう。

後に秀吉からの強い要請もあって九州征伐に参戦はしたが、豊前小倉の陣中で病没。

享年57。

 

飛びすぎる2本目の矢 吉川元春

天文十二年(1543年)8月30日、後の吉川元春が14才で元服しました。

毛利元就の次男ですが、

毛利元就はナゼ一代で中国地方8カ国を支配できたのか【戦国毛利譚】

続きを見る

元服後に吉川家へ養子に行ったので、一般的に彼を呼ぶときに「毛利元春」ということは少なくなっています。

吉川元春は、毛利元就でお馴染み「三本の矢」の話で出てくる三兄弟の真ん中の人ですね。

「三本の矢」のエピソードは創作ですが、元春はかなり勇猛な性格であり、元服前の11才(数え)で「父ちゃんオレ戦に出たい!!」と言って無理に初陣してしまうような武将でした。

相手は尼子晴久で、吉田郡山城の戦い(1540-1541年)。

ちなみに、徳川家康配下の最強武将・本多忠勝が12才での初陣ですから、元春さんのヤバさがわかりますね。

尼子晴久は毛利や大内とバッチバチ! 天敵の元就に敗れるも【西日本戦国譚】

続きを見る

本多忠勝の生涯と5つの最強エピソード!年表付【徳川四天王 壱之太刀】

続きを見る

また元春は

「オレ、自分の嫁は自分で決めるから!」

と勝手に縁談を進めてしまうほど、とにかく行動の派手な人でした。

時は戦国時代ド真ん中。

大名やその家族の結婚は当人同士だけでなく、家と家とを結びつけてより戦を有利に運ぶための手段であります。

にもかかわらず自分一人で決めてしまったのですから、ヘタな相手だったら元就もキレていたことでしょう。

しかし、実際はそうなりませんでした。

 

家臣・熊谷信直の娘と結婚したい

元春の結婚相手は、家臣・熊谷信直(くまがいのぶなお)の娘でした。

家臣の娘さんを妻にすることは割と普通のことです。しかし……。

この娘さんの口コミが大変よろしくなかった。

「あのお嬢さん、顔さえ良ければねえ……」

「あんな顔の人はこの世に二人といないだろうよ」

などなど、今なら確実に炎上しそうなほど「お顔が残念」という評判が立てられていたのです。

これには元就も他の家臣たちも首を傾げざるをえません。

吉川元春館を正面石垣から

元就「ワシ、育て方間違えたかな」

家臣A「いやいや殿、元春様にもきっと何かお考えがあるんですよ。多分……」

元就「じゃあお前ちょっと聞いてきてくれない?」

家臣「いやいや殿、元春様は怖いので私はお断りします」

なんてやり取りがあったかどうかは不明ですが、ともかく元就からの使者が元春のもとへ向かいました。
※続きは【次のページへ】をclick!

次のページへ >



-毛利家

© 2020 BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン)