毛利秀元/wikipediaより引用

毛利家

毛利秀元(元就の孫)は初陣【文禄の役】で毛利軍3万の総大将を務めた智将也

毛利と聞いて、誰しも思い浮かべるのが毛利元就――。

とりわけ有名なエピソード「三本の矢」は元就の息子達であり、以下の3名となります。

しかし元就の男児は3名だけではありません。

全部で9人ないし10人の息子がいるとされていて、四男以下の子供達を「虫けら」呼ばわりしたこともあります。

四男以下の子供たちも決してボンクラではありません。例えば四男・穂井田元清(ほいだもときよ)なんかも優秀な人物だったと伝わります。

穂井田元清(元就の四男)は“虫けら”ではない! 謀将子息の知られざる功績

続きを見る

では、なぜ実の子たちをそんな風に扱ったのか?

一応ちゃんとした理由はあります。

三男までが正室生まれ。

その後が継室(正室が亡くなった後の正妻)もしくは側室生まれだったため、区別をつけるべく【わざと悪しざまに言ったんじゃないか】とされているのです。

そして、ぞんざいに扱われた子の子孫には、豊臣秀吉に高く買われるほど才気あふれる者もおりました。

天正七年(1579年)11月7日に誕生した毛利秀元です。

他ならぬ穂井田元清の息子。

つまり元就から見れば孫にあたるのですが、この方、14才の初陣が文禄の役(朝鮮出兵)であり、毛利軍3万もの兵を任されているのです。

一体なぜ、そんなことになったのか?

早速、振り返ってみましょう。

 

初陣が文禄の役 幼い頃から優れた武将だった

この毛利秀元は、小さい頃から武将としての資質に優れた人でした。

初陣が【文禄の役】だったことからも、それは窺えます。

このとき毛利軍を率いていたのは従兄であり当主の毛利輝元だったのですが、渡海後、体調を崩してしまっていました。

朝鮮半島は近所とはいえ気候が違いますし、水が合わなかった可能性もあるでしょう。

そこでこの知らせを受けた豊臣秀吉は、「アイツならできると思う!」として、毛利秀元に毛利軍の大将を申し付けたのです。

豊臣秀吉 62年の生涯まとめ【年表付き】多くの伝説はドコまで本当か?

続きを見る

ときに秀元十四歳。

初陣としてはちょうどいい年頃ですが、大軍である毛利の大将となると話は別でしょう。

さすがに徳川家康前田利家をはじめとした大名達も反対しておりまして、

徳川家康(松平元康)が直面した3度の絶体絶命!75年の生涯まとめ【年表付】

続きを見る

前田利家(織田家の重臣)血気盛んな槍の又左は加賀百万石をどう築いた?

続きを見る

それもそのはず【文禄の役】は凄まじいまでのメンバーで構成されておりました。

 

戦国期に大活躍した歴戦の勇士ばかり

【文禄の役】のメンツはざっと以下の通りです。

【文禄の役】

1番隊:小西行長・宗義智・松浦鎮信・有馬晴信(約19,000人)

2番隊:加藤清正鍋島直茂・相良頼房(約23,000人)

3番隊:黒田長政・大友義統(約11,000人)

4番隊:毛利勝信(森吉成)・島津義弘・高橋元種・秋月種長(約14,000人)

5番隊:福島正則長宗我部元親蜂須賀家政・生駒親正(約25,000人)

6番隊:小早川隆景・毛利秀包・立花宗茂(約16,000人)

7番隊:毛利輝元(約30,000人)

8番隊:宇喜多秀家(約10,000人)

9番隊:豊臣秀勝・細川忠興(約12,000人)

船手衆(水軍):九鬼嘉隆・藤堂高虎・加藤嘉明・来島通之

いずれも戦国期のド真ん中に各戦場で大活躍した歴戦の勇士ばかり。

初陣の若武者が入り込む余地はないほどです。

しかも毛利軍は最大の3万人からの兵を引き連れていくのですから、万が一にも些細な失敗から総崩れなんてあってはいけません。

しかし、秀吉は「小早川隆景もいるし大丈夫じゃろ」と押し通してしまいます。

小早川隆景(元就の三男)はキレ者よ~王佐の才は毛利や秀吉に重宝され

続きを見る

隆景とは元就の三男であり、両川(吉川と小早川)とも言われた名将ですね。

それにしたった無茶振りだろ……。

と、ツッコミたいところですが、秀吉がそう思ったのには、珍しくちゃんとした理由があります。

※続きは【次のページへ】をclick!

次のページへ >



-毛利家

© 2020 BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン)