岐阜城の戦い

織田家

【岐阜城の戦い】信長の孫と恒興の息子が対決した関ヶ原の前哨戦

関が原の前哨戦と言えば?

多くの方が「第二次上田合戦(あるいは第二次上田城の戦い)」を思い浮かべるのではないでしょうか。

「犬伏の別れ」や「小山評定」などの劇的シーンを経て、東西バラバラに別れてしまった真田昌幸父子たち。
そんな彼らが地元・信州で激突し、真田は徳川の大軍を撃退――。

第二次上田合戦でも徳川撃破!大軍を再び蹴散らした親子の戦術【真田の関ヶ原】

続きを見る

まさしくドラマのような展開になりますが、実は、関が原にはもう一つのドラマがありました。

それが【岐阜城の戦い】です。

岐阜城を守った西軍の武将は、かつて三法師と呼ばれ、清州会議で秀吉に担がれた織田秀信

織田信忠の息子であり、織田信長の孫です。

これに対し、岐阜城へ攻めかかった東軍武将は、秀吉の子飼い筆頭であった福島正則であり、また岐阜城の城主も経験したことのあった池田輝政でありました。

池田輝政の父は、池田恒興。
信長と乳母兄弟であり、織田家の中でも特別な存在として活躍しております。

そんな恒興の息子と信長の孫が岐阜城で戦ったのです。
しかも天下分け目の合戦に影響を与える前哨戦だったのですから、注目しないわけにはいかないでしょう。

三法師(信長の孫)こと織田秀信は「清須会議」の後どう生きたのか?

続きを見る

 

清州会議で利用されるも秀吉には恩義?

東海道組は福島正則や黒田長政など。
打倒三成に燃える豊臣恩顧の大名を先鋒に、一気に西上します。

黒田長政の実力は?偉大な父・官兵衛を持つ猛将はちょいと複雑な性格だった?

続きを見る

一方、畿内で挙兵した石田三成率いる西軍は、大坂や伏見を押さえて東へ進み、伊勢、美濃まで進出してきました。

木曽川を越えればそこはもう尾張。清洲城主の福島正則は東軍についていましたので、美濃−尾張の国境線である木曽川が東西を分ける最前線となりました。

そのため最も重要となる拠点が、今回のテーマとなる岐阜城です。

同城主の織田秀信は、当初、家康に加勢して会津へ向かう予定でした。が、準備が間に合わないうちに石田三成の説得によって西軍に与することに。

石田三成~日本一の嫌われ者を再評価! 豊臣を背負った忠臣41年の生涯

続きを見る

ちなみに織田秀信は、前述のように織田信長直系の孫です。

父親は、本能寺の変で信長と共になくなった長男の信忠。
その後の清洲会議で秀吉が織田家の後継者に推薦した「三法師様」がこの織田秀信です。

だったら豊臣秀吉のことを恨んで、関が原は『東軍一本じゃないの?』と疑問に思うかもしれませんが、秀信は中納言という高い位を秀吉から与えられたりしていて、豊臣家には多少なりとも恩を感じていました。

 

「本気で東軍なら、城1つ落として来いや!」

東海道を西上し、尾張に到着した福島正則は、焦燥感が止まらなかったでしょう。

本拠地・清洲城の目と鼻の先である美濃は西軍に制圧されており、一刻も早く自分たちから攻撃を繰り出したいところです。しかし、江戸から一向に動かない総大将の家康。東軍の豊臣系大名たちは動揺するばかりでした。

そしてそれは、彼らの目付役として同行している徳川家の宿老・本多忠勝井伊直政も同様でした。

そんな折、徳川家康から一通の書状が届きます。

「本気で徳川家に味方するなら、城1つ落として来いや!」

徳川家康(松平元康)が直面した3度の絶体絶命!75年の生涯まとめ【年表付】

続きを見る

待ってました!とばかりに岐阜城へ攻めかからんとする東軍の豊臣系諸将。家康の娘婿でもある池田輝政と、最前線の福島正則が先陣となり、内府(家康)様への手土産にとばかりに岐阜城攻めに着手しました。

 

実は戦国時代に幾度も攻略されている

実は岐阜城は、戦国時代に「幾度も攻略されている」という点で珍しい城でもあります(前身の「稲葉山城」を含む)。

特に尾張方面からの岐阜城(稲葉山城)攻略は、この時代の戦国武将なら学習しておくべき重要な戦いがありまして……。それが他ならぬ織田信長vs斎藤家の戦いです。

信長は美濃への侵入を木曽川で待ち受ける斎藤勢に再三に渡って阻まれながら、独立志向の高い斎藤家の家臣を一人ずつ調略し、援軍の来ない稲葉山城(当時)へ一気に攻め入って美濃一国を手に入れました。

岐阜城の戦い1

織田信長の時代の美濃-尾張の最前線。この後、1590年代に木曽川と長良川の流れは大きく変わります/©2015Google,ZENRIN

その際、織田信長の岐阜城(稲葉山城)攻めの戦略は一貫して以下の3段階を踏んでおりました。

①最小限の損害で木曽川を渡河し美濃に橋頭堡を築く

②できるだけ速く岐阜城下まで進軍

③岐阜城を囲んで攻城

まずは①について見てみましょう。

この尾張―岐阜の自然国境である木曽川は、守備側の斎藤家にとっては第1防衛ラインとなります。

一方、攻め手である織田家はここを最小限の損害で通過し、美濃国内に橋頭堡(攻略拠点)を築いて木曽川の防衛ラインを無力化することが重要です。
また、稲葉山城の高所から常に見張られている状態ですから、織田家の兵は木曽川を秘かに渡河しなければなりません。それには敵の布陣が完了するまでにスピードを持って一気に渡河するか、岐阜城(稲葉山城)からの監視が行き届かない遠く離れた木曽川の下流で渡河するしかありません。

 

支城を一つずつ潰すより、一気に岐阜城へ攻め込むべし

次に②へ。
通常、敵地では、支城を包囲または攻城しながら降伏開城させる方法を模索します。

しかし、美濃一国はたいへん広く、もたもたしている間に濃尾平野に大兵力が布陣してしまうリスクがあるのです。特に大垣城のある西美濃方面の動員兵力は大きく、これが援軍に加わると脅威です。

そこであえて支城はスルーし、西美濃の援軍が到着する前に岐阜城下まで一気に進軍することが重要です。

それには、長良川の自然地形で西美濃の援軍を阻むか、あるいは侵攻前から地道に西美濃の武将たちを調略しておき、西美濃の援軍を無力化するか。
こうした事前の準備が非常に重要となります。

更に③について岐阜城(稲葉山城)は、実は籠城戦に不向きだ――という致命的な弱点があります。

稲葉山城は金華山という長良川沿いの非常に険しい山の頂に築城されています。現在は完全にフェイクな天守が建てられケーブルカーでふもとから一気に山頂まで向かえます。

そんなことから薄っすらと想像がつくかもしれませんが、金華山は平場が少なく、曲輪に十分な広さを保てません。
ゆえに兵力の収容能力が低いと云われています。

さらに岐阜城(稲葉山城)は井戸が無く、雨水を貯めて飲み水にしていたと云われています。

このような城では短期の攻城戦も、長期の包囲戦も不向き。
そのため美濃を攻略するには岐阜城の支城を一つ一つ潰していくよりも、一気に岐阜城を目指した方が得策なのです。

池田輝政、福島正則の岐阜城攻めは、おおむねこの織田信長の戦略を踏襲したものでした。

池田輝政は織田秀信の前の岐阜城主です。
岐阜城主時代に信長の戦略を十分に勉強し、岐阜城防衛の戦略をあれこれシュミレートしていたことでしょうね。

 

本丸から南方は名古屋方面まで見渡せる眺望

こうした東軍の攻め手に対し、西軍・織田秀信はどのような防衛戦略を展開したのか?

あらためて確認しておきますと……。

①木曽川で敵の進軍を阻止
②濃尾平野に敵を上回る軍勢を展開し包囲する

まず、尾張方面から岐阜城下まで、敵の進軍を阻止できる自然地形は木曽川とその周辺の沼地だけです。よって木曽川を第1防衛ラインとするのは必然です。
岐阜城から遠く離れた木曽川を第1防衛ラインとするためには、敵の侵攻計画をいち早くキャッチして、敵よりも早く木曽川にたどり着くことが重要です。

その際、最大の利点となるのは岐阜城(稲葉山城)の眺望です。
岐阜城山頂の本丸から南方は、現代でも名古屋方面まで見渡せるほど開けていて、尾張から木曽川に向かって来る敵の進軍を常時監視できます。

「天守から見た名古屋方面の眺望」金華山ロープウェイHPより

籠城戦に不向きな岐阜城は詰めの城というより、対尾張方面のレーダー施設のような役割を果たしていたといえるでしょう。
実際、斎藤道三や義龍は、織田家の侵攻情報をいち早くキャッチして、織田家よりも早く木曽川まで出陣することにより、織田勢を何度も木曽川で捕捉、撃退しております。

また、織田家の侵攻前から尾張の織田家家臣にいやらしいほどの調略を仕掛け、尾張の犬山城を斎藤家に抱き込むなど、敵地の撹乱も怠りませんでした。
このように美濃に侵攻させないために岐阜城主は、平時から戦に備えていなければならないのです。

 

竹中半兵衛が考えた「十面埋伏の計」とは!?

次に「②濃尾平野に敵を上回る軍勢を展開して包囲する」について。

岐阜城では、仮に織田勢に木曽川流域を突破されても、縦深のある濃尾平野に大軍勢を配置しておくことにより、敵を野戦で包囲殲滅することができました。

それは距離が離れていて岐阜城では中々捕捉できない、木曽川下流を突破されたときには特に有効です。

斎藤家の家臣だった竹中半兵衛重治は、この濃尾平野を活かした縦深防御戦術「十面埋伏の計」を考えたと云われております。

縦に何段も陣を構え、直進してくる敵の攻撃を交わしつつ後退し、最終的に奥深く攻め入った敵を包囲する――という戦術。

実際に竹中半兵衛重治が考えたかどうかはあやしいですが、斎藤家の動員兵力と広い濃尾平野を考えると十分に有効です。

織田信長vs斎藤龍興(十四条の戦いより)

織田信長vs斎藤龍興(十四条の戦いより)©2015Google,ZENRIN

こんな防御の強固な美濃(稲葉山城)を織田信長が攻略できた要因はナンだったのでしょうか。

斎藤道三や斎藤義龍の時代には考えられなかったのでありますが……要は、相手が無能な三代目・斎藤龍興だったからです。

斎藤龍興は国を追い出されてからが本番!信長にネチネチ攻撃を続けた道三の孫

続きを見る

信長は、龍興に不満を持っていた西美濃三人衆を調略しました。これこそが美濃攻略最大の要因です。そのお陰で、木曽川の渡河を誰に阻まれることなく成功し、西美濃の援軍が来ない平野を一直線に北上、稲葉山城(当時)を一気に攻略できたのです。

先程申しましたように、岐阜城を守る側から見ると、山頂の本丸で敵の侵攻情報をいち早くキャッチして、濃尾平野に大軍勢を展開することが防御のキモであります。

もちろん言うは易く行うは難しでして、この防御システムをつつがなく発揮するためには、岐阜城でキャッチした敵の情報を素早く分析する頭の良さが必要であり、濃尾平野に素早く軍を展開できる日頃の訓練が必須であり、そして敵家臣の調略や城主そのものの求心力など、この城の防御は主のスペックに大きく依存しているのでもあります。

以上を踏まえて、織田秀信は優秀だったか否かを見ていこう……おっと間違えた。

徳川の東軍連合
vs
織田秀信
の【岐阜城の戦い】を見ていきましょう。
※続きは次ページへ

次のページへ >



-織田家
-,

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2020 All Rights Reserved.