絵・富永商太

明智軍記 織田家

信長を輩出した織田氏はドコから来てどう尾張に土着した?明智軍記第7話

信長を輩出した織田家。

直系の一族が、守護の補佐役だった守護代(実務を請け負う)の、さらにその下にいた奉行の家だったことはよく知られています。

しかし、そもそも何処からやってきて、どうしてそのポジションに就けたのか?

あるいは昔から尾張に根ざしていたのか?

織田ファンでない限り即答できないかもしれません。

明智軍記第7~11話は、明智光秀の話ではなく、この織田家と信長にスポットが当てられています。

本サイトでも連載されている『信長公記』と重なる部分はなるべく避けて解説に試みたいと思います。

それでは参りましょう! 各方、抜かり無く!

 

織田氏は越前の荘官あるいは神職だった

尾張織田氏とはどのような出自なのか?

最近は、一次史料をもとに、次のように考えられています。

藤原信昌―織田常松―教長―淳広【勘解由左衛門家】

藤原信昌―織田常松―A─B─郷広─敏広【伊勢守・兵庫助家】

藤原信昌―織田常松―C─D─久長─敏定─寛定【近江守家】

藤原信昌―織田常松―C─D─久長─敏定─寛村【大和守家】

藤原信昌―織田常松―E─F─良信─信定─信秀─信長【弾正忠家】

しかし。

『明智軍記』では全く異なる系図が掲載されているのです。

織田常昌─常勝─教信─常信【岩倉・伊勢守家】─G─H─I─敏信─信安

織田常昌─常勝─教広─常任【清洲・大和守家】─J─K─L─宗信─M─定信─広信

織田常昌─常勝─教広─常任【清洲・大和守家】─J─K─L─宗信─M─信定【勝幡・弾正忠家】─信秀─信長

※そのほかに信光(信秀の弟)と信行(信長の弟)と信澄(信行の子・信長の甥)が掲載

ご覧のとおり、まったく違いますよね。

一致しているのは「信定─信秀─信長」のみ。
要は【祖父―父―本人】だけです。

広く普及している「織田氏系図」も『明智軍記』と同じでした。

平清盛……織田常昌─常勝─教広─常任─勝久─久長─敏定─信定─信秀─信長

もちろん各種史料を紐解いた「研究成果」による系図の方がより正しいかと思われ、織田家は藤原氏から興った家だと考えられます。

そもそもは越前国織田荘という荘園に土着した一族という説であり、荘官(荘園を実務レベルで管理する人)あるいは同エリア内にあった剣神社の神職出身と目されています。

信長が自身の文書で「藤原姓」や「平性」を用いているため、その辺もまた出自をややこしくしてますね。

いずれにせよ越前である程度の有力者であった常松(常昌)が初代織田氏を名乗り、そのころ尾張国守護・斯波氏のもとで守護代についたのは間違いなさそうで。次第に一族は枝分かれして、信長の時代には

・【岩倉城】を拠点にした北部(上郡)
・【清須城】を拠点にした南部(下郡)

をそれぞれ支配するようになっていました。

信長直系の家は、清須守護代の配下で政務を行う三奉行家の一つ弾正忠だんじょうのちゅう家。とてもじゃないけれど守護等の君主レベルではありません。

それが父の織田信秀によって、他の勢力を飲み込んでいくようになりました。

 

織田信長の尾張国統一戦

尾張国は、守護の斯波氏、そして守護代の織田氏が分かれて支配していましたので、織田信長が尾張国を支配しようとしたら、斯波氏だけでなく身内の織田一族を倒さねばなりません。

それまでの国の成り立ちを考えれば仕方のないことでしょう。

信長の家はもともと一家臣に過ぎない。それが信秀の実力で奪い取っていった。信秀が亡くなれば「うつけ」と称される信長に従ういわれはない。

そのため信長と織田一族は長きにわたって勢力争いを繰り広げております。詳細は以下の記事にまとまっておりますので、

今回は一つのケースに注目してみましょう。

それは弟・勘十郎(織田信行織田信勝)の殺害。10年以上繰り広げられた尾張国内の権力争いで、信長にとって最も辛かった内紛です。

『信長公記』にはこう記されています。

【訳文】弘治4年(1558年)11月2日、織田信勝は、清洲城へ兄信長の見舞いに行った。そして織田信長が住む北天主「次の間」で、河尻秀隆と青貝(詳細不明)に殺害された

【原文】清洲へ御見舞に御出で、清洲北矢蔵天主、次の間にて、弘治四年戊午霜月二日、河尻、青貝に仰せ付けられ、御生害なされ候

では『明智軍記』ではどうか?

【訳文】「織田信勝が、兄の暗殺を企てている」と信長に告げる者がいた。信長は、若気の至りで事の真偽を確かめず、弟・織田信勝を無残にも殺す。しかしその後、事実無根であることが判明し、後悔した信長は、信勝の幼い子・織田信澄を特別に可愛がった。

注:織田信勝の遺児である織田信澄(津田信澄)は、織田信長の甥っ子であるが、その命により柴田勝家が養育することになった。

【原文】武蔵守信行、舎兄・信長を亡さるるべきくはだて有りと告げ知らする者有り。信長、若気に任せ讒者ざんしゃの実否を糺さず、信行を誅せられけるこそ無慙むざんなれ。其の後、とが無き旨、聞こへければ、上総介、千悔して、武蔵守の子息・七兵衛信澄、幼稚に御座おはしましけるを、取り分け哀憐し給ひけり

「誰かの讒言で、無実の弟を殺した」と、柴田勝家や織田信勝をかばっているような表記です。

本当に嫉妬による讒言(嘘の密告)だったのか。あるいは『明智軍記』に何らかの意図があったのか。

柴田勝家はしばらく干されて、信長の尾張統一戦や【桶狭間の戦い】等では重用されなかったようです。ただ後には、越前国(49万石)が与えられております。

柴田勝家が北陸方面軍司令官に任命されたのは「上杉氏に対抗できるのは鬼柴田しかいない」と考えたからかもしれませんが、「本貫地・柴田(新潟県新発田市)を奪回せよ」と命じられたのかもしれませんね。

 

桶狭間の戦い

日本人なら誰もが知っているであろう【桶狭間の戦い】の経過について、通説では以下の通りです。

今川義元が鳴海城、大高城、沓掛城を手に入れた

②鳴海城に岡部、大高城に鵜殿、沓掛城に浅井を入れた

③織田信長がこの3城を連携させないように砦を築いた

④今川義元は、砦を破壊しようと出陣し、桶狭間で戦いとなった

今川に落とされた城を奪い返すため、その城付近に信長が砦を構築。

これを破壊しようとした今川義元に信長が襲いかかり、桶狭間で討ち取った。

そんな流れですが、『明智軍記』ではこう記されています。

①織田信長が国境に砦を築いた

②今川義元が砦を破壊しようと出陣し、早速、鳴海城、大高城、沓掛城を手に入れた

③鳴海城に岡部、大高城に松平、沓掛城に鵜殿を入れた

④桶狭間で戦いとなった

先に信長が砦を築き、それを破壊するため今川義元が3つの城を占拠。

その後、桶狭間で戦闘になっている――というものですね。

細かい差ですが、先に仕掛けたのは信長であり、鳴海城、大高城、沓掛城は後から落とされたことになっています。

そもそも桶狭間の戦いは謎が多く、主戦場「桶狭間」の場所についても3つの説があるほど。

①田楽狭間=桶狭間古戦場伝説地(豊明市栄町南舘)

②田楽坪=桶狭間古戦場公園(名古屋市緑区桶狭間田楽坪)

③田楽窪=藤田医科大学病院(豊明市沓掛町田楽ヶ窪)

桶狭間古戦場伝説地の案内板

戦法にしても、迂回奇襲説と正面攻撃説があります。

迂回奇襲説は、鎌倉街道を通ったとする「大廻り説」で、今川義元とは田楽窪で遭遇するわけですが、これはありえないでしょう。なぜなら、鎌倉街道は、善照寺砦の攻撃に向かう今川軍で溢れていて、とてもじゃないけど信長は通れなかったはずです。

では、正面攻撃(直進説)か?
というと、今川義元は本陣から中島砦に向けての丘陵部北西に16段の布陣を敷いていますので、16の壁を突き破るのは無理でしょう。

当時は梅雨で地面がぬかるんでおり、丘陵部の麓は深田でした。

ゆえに織田軍は、固い地盤の手越川の堤防を暴風雨に背中を押されて南東方向に進んで釜ヶ谷に集合し、晴れると信長坂を登って、今川本陣をピンポイント攻撃したと言います。

が、これも無理があります。それでは高根山の今川軍先鋒・松井宗信軍に見つかってしまいます。

織田信長の従者が「山を登ったり、下ったりした」と証言していますので、上の地図にあるように、坊主山の裏(鎌倉街道と手越川の間)を通ったのでしょう。

『桶狭間合戦記』には、こうあります。

【訳文】「桶狭間の戦い」の時に織田信長の馬を曳いた者が、子孫に支えられて、まだ鳴海近辺に住んでいると言うので、友人と共に彼の家へ行って彼に会い、当時のことを聞くと「山を登ったり、降りたりしたこと以外に特にこれと言ったことはない」と答えた

【原文】此合戦の時、信長の馬を曳きし僕(しもべ)、大老人にて、未だ存命にて鳴海辺に子孫に懸り有りしと聞き及び、友人同道にて其の宅へ行きて其の老人に対面し、其の時の物語を聞くに、「信長の御馬を山へ乗り上げ、乗り下ろしし給ふなどといふより外別事無し」

北谷に集合したまではいいのですが、そこから先が問題です。

南下して丘を駆け上がると、『信長公記』では信長が「東へ」と指示。桶狭間古戦場伝説地では「南から織田信長が攻めてきた」と伝えられており、上の地図ですと、二手に分かれ、西から東へ別働隊が、山麓を回り込んで南から信長本隊が、田楽狭間(桶狭間古戦場伝説地)へ追い込まれた今川義元を挟み撃ちにしたとして、『信長公記』の「東へ」と伝承の「南から」の整合性を図っています。

『明智軍記』の記述(桶狭間古戦場伝説地の案内板に加筆)

『明智軍記』には「東に廻り、南に出て」攻撃したとあります。今川軍は、北西ばかり見ていたので「思ひ寄らざる方より敵に寄せられ、周章(あはて)騒いで」負けたとしているのです。

要するに【桶狭間の戦い】とは、

・織田軍が、本陣周辺の今川軍の背中の方(南方)、今川本陣から大高城へ向かう道を通って襲ってきた
・驚いた今川軍は、大高城ではなく沓掛城へ行こうと山を下ったら、山麓の深田に足を取られ、織田軍の三間半長槍に突かれて討たれた

ということではないでしょうか。

信長は「梢を渡る猿猴」、信長軍は「旋風陣」と呼ばれています。臨機応変、神出鬼没の軍なのです。

なぜ、そのような神速な行動ができるのか?
というと、信長直属の馬廻衆が優秀だったから――というのが一つの答えかもしれません。

信長は「跡を継げない、されど腕は立つ」という武家の次男以下を桶狭間当時で800~900人ほど雇い入れており、いざ合戦となれば誰よりも迅速に行動できました。

津島商人を配下に入れ、経済的バックボーンが強固だったので、半農ではない生粋の騎馬武者を養うことができたのでしょう。実際、この馬廻衆には佐々成政前田利家が属しており、様々な合戦で大活躍しております。
※続きは次ページへ

次のページへ >



-明智軍記, 織田家
-

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2020 All Rights Reserved.