織田家

切腹のルールと現実~もしも一人で実行したら地獄の苦しみ味わいます

こちらは2ページ目になります。
1ページ目から読む場合は
切腹
をクリックお願いします。

 

困っていたら『柴田退治記』にそれを匂わせる記述がございまして。

私の現代語訳で強引に進めますと、勝家はまず「腹の切り様を見よ!」と左手で脇差を突き刺し、右手で背骨側に引きつけて切り、返す刀で心下から臍下まで切り裂いた(十文字腹)とのことです。

ただ、これだけでは終わらず、さらに五臓六腑を掻き出して(無念腹)、家臣の中村文荷を呼んで首を打つように頼んだとのこと(文荷は後ろにまわって勝家の首をはね、文荷もその太刀で腹を切って死にました)。

「内臓を投げた」とは書いていません。

しかし「内臓を掻き出して」はおりますね!

まさしく、秀吉に対する、どうにもならない無念の怒りが蘇ってくるかのような記述。そしてそれは、勝家が後見人となっていた織田信孝にも、同じような現象が見られるのです。

 

勝家が烏帽子親だった信孝

信孝は、織田信長の三男として永禄元年(1558年)に生誕。次男の信雄より20日早く生まれたのですが、母の身分が低く、報告が遅れたことで三男にされてしまったと伝わってます。

それがなぜ柴田勝家との関係が深いのか。

と申しますと、実は勝家は、織田信孝の烏帽子親でもあるのです。

織田信孝(信長の三男)が迎えた壮絶な最期!なぜ腹を十字に切った?

続きを見る

烏帽子親とは、元服の際に行われる儀式で、実質的には後見人という立場を表明するもの。そしてその後、信孝は、紀州征伐荒木村重討伐などで実績を残していきました。

しかし!
これまた勝家と同様に、本能寺の変では光秀討伐で秀吉に遅れを取り、山崎の戦いでは名目上だけの総大将に終始。来たる賤ヶ岳の戦いでは、岐阜城で兄の信雄に囲まれたまま何もできず、秀吉に降伏するしかなかったのです。

 

勝家以上に激しい信孝の死に様

敗戦後、信孝には呆気なく自害の命が下されました。

死に場所は、その昔、源義朝(源頼朝のお父ちゃん)が部下に裏切られて殺されたお寺。いわくつきの場所で腹を切った信孝は、そのとき思わぬ行動に出ます。

なんと、掴みとった自分の内臓を床の間の掛け軸に投げつけたというのです。

勝家以上に激しいエピソードですね。というか、もしかしたら知人が見たという漫画は、信孝と勝家をミックスしてアレンジしたのかもしれません。

ともかく信孝の辞世の句は、その死に様を表すかのように激しいものでした。

「昔より 主を討つ身の 野間なれば 報いを待てや 羽柴筑前」

実際、ハラワタを掴んで投げるなんてのは、相当な怒りを持ったツワモノにしかできません。

そもそも内臓を掴める程に大きく腹を切れば、痛みや出血などでショックを起こすことがあり、内臓を支配している迷走神経が刺激されると「血管迷走神経反射」を起こし、血管の拡張により脳血流が保てなくなって失神する可能性があります(採血した後に倒れるあれです)。

ただし、副交感神経である迷走神経と逆の作用をもつ『交感神経』が興奮しまくっていれば、これをしのげる可能性もあり、信孝のケースもそうだったのかもしれません。

いずれにしても私は内科医ですので、切腹した人を見たことがございません。ビールと一緒に食するホルモンは大好きなんですけどね……。

文/馬渕まり(忍者とメガネをこよなく愛する歴女医)
本人のamebloはコチラ♪

あわせて読みたい関連記事は以下へ

柴田勝家(織田家の重臣)当初は信長の敵だった鬼柴田62年の生涯まとめ!

続きを見る

本能寺の変、真相は? なぜ光秀は信長を討ったのか 有名諸説を徹底検証!

続きを見る

清水宗治と備中高松城の水攻め~戦国時代に武士の鑑とされた切腹劇

続きを見る

織田信秀(信長の父)は経済重視の似た者親子!? 道三や義元相手に大暴れ

続きを見る

織田信勝(織田信行) 信長に謀殺された弟は当主の器だったか?

続きを見る

賤ヶ岳の戦いで秀吉と勝家が激突! 勝敗を決めたのは利家の裏切り?

続きを見る

織田信孝(信長の三男)が迎えた壮絶な最期!なぜ腹を十字に切った?

続きを見る

【編集部より】
アマゾンの戦国本ランキングで(一時)1位に輝いた、まり先生の初書籍『戦国診察室 お館様も忍びの衆も歴女医が診てあげる♪』が発売中です!

TOPページへ

 



-織田家
-

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2020 All Rights Reserved.