織田家

桶狭間で義元を討った二人~毛利新介と服部小平太はその後どうなった?

こちらは2ページ目になります。
1ページ目から読む場合は
毛利新介と服部小平太
をクリックお願いします。

 

城持ちにまでなったが秀次事件で切腹~服部小平太

では服部小平太のほうは?

というと、もともとは津島の出身とされ、新介と同じく信長の馬廻衆でした。

桶狭間の後、目立った記録が残されていないのも新介と同様。

ただし、小平太は本能寺の変後も生きており、豊臣秀吉が政権を手にしてから豊臣家に仕え(秀吉のもとで黃母衣衆となる)、派手ではないものの着実に武功を積み重ねて城を与えられています。

豊臣秀吉 62年の生涯まとめ【年表付き】多くの伝説はドコまで本当か?

続きを見る

小牧・長久手の戦いでは、撤退戦で戦功を挙げたともあります。

小牧・長久手の戦い 豊臣と徳川の複雑な戦線&戦況がバッチリわかる!

続きを見る

北条氏政北条氏直親子と対峙した小田原征伐にも参戦しており、その後、松坂城主石高3万5000石にまで加増されていますので、かなりの出世を果たしておりますね。

文禄・慶長の役でも渡海しておりました。

小田原征伐で秀吉相手に退かず! 北条家が強気でいた小田原城はどんだけ強い?

続きを見る

しかし、豊臣秀次に付けられたことが運の尽きでした。

謎の多い秀次事件の連座(とばっちり)を受けて、切腹することになってしまったのです。

豊臣秀次(秀吉の甥)はなぜ自害へ追い込まれたのか? 28年の生涯まとめ

続きを見る

上杉景勝に預けられた上での切腹ですから、武士としての体面は保たせてもらっているのがまだ救いでしょうか。

息子は別の家に養子に入り、紀州徳川家(徳川頼宣とか徳川吉宗の家)に仕えたそうですので、末代まで汚名を着せられたというわけではないようです。

本能寺の変が起きず、信長や信忠が生きていれば、二人とももう少し活躍する場があったかもしれません。

あわせて読みたい関連記事

桶狭間の戦いで信長が勝てたのは必然か『信長公記』にはどう書かれた?

続きを見る

今川義元「海道一の弓取り」の実力はダテじゃない!42年の生き様を見よ

続きを見る

織田信長は意外と優しい!? 生誕から本能寺まで49年の史実解説【年表付】

続きを見る

本能寺の変、真相は? なぜ光秀は信長を討ったのか 有名諸説を徹底検証!

続きを見る

佐々成政が信長の側近から秀吉の反逆者へ! 悲運の生涯53年まとめ

続きを見る

前田利家(織田家の重臣)血気盛んな槍の又左は加賀百万石をどう築いた?

続きを見る

豊臣秀吉 62年の生涯まとめ【年表付き】多くの伝説はドコまで本当か?

続きを見る

小牧・長久手の戦い 豊臣と徳川の複雑な戦線&戦況がバッチリわかる!

続きを見る

豊臣秀次(秀吉の甥)はなぜ自害へ追い込まれたのか? 28年の生涯まとめ

続きを見る

小田原征伐で秀吉相手に退かず! 北条家が強気でいた小田原城はどんだけ強い?

続きを見る

豊臣秀次(秀吉の甥)はなぜ自害へ追い込まれたのか? 28年の生涯まとめ

続きを見る

北条氏政はなぜ最期まで秀吉に反抗したか? その生涯53年【戦国北条五代記】

続きを見る

北条氏直30年の生涯 秀吉と対峙した関東覇者の最期とは【戦国北条五代記】

続きを見る

徳川頼宣(家康の十男)の豪気~紀州藩祖は謀反疑惑も笑って「めでたい!」

続きを見る

長月 七紀・記

【参考】
国史大辞典
太田 牛一・中川 太古『現代語訳 信長公記 (新人物文庫)』(→amazon
日本史史料研究会編『信長研究の最前線 (歴史新書y 49)』(→amazon
谷口克広『織田信長合戦全録―桶狭間から本能寺まで (中公新書)』(→amazon
谷口克広『信長と消えた家臣たち』(→amazon
谷口克広『織田信長家臣人名辞典』(→amazon
峰岸 純夫・片桐 昭彦『戦国武将合戦事典』(→amazon

TOPページへ

 



-織田家
-,

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2020 All Rights Reserved.