絵・小久ヒロ

織田家

生駒吉乃は信長が一番愛した側室? 信忠、信雄、徳姫を産み39才で死す

織田信長が最も愛した女性は誰か?

2020年6月現在、そう問われて真っ先に答えたくなるのが「帰蝶濃姫)」であろう。

帰蝶(濃姫)信長の妻はどんな人だった?『麒麟がくる』で川口春奈さん熱演

続きを見る

大河ドラマ『麒麟がくる』で川口春奈さん演じる姿が美しく利発で、非常に魅力的な女性だが、こと史実に関しては帰蝶が信長最愛の女性だった――とは必ずしも言いきれない。

というのも

織田信忠(嫡男)

織田信雄(次男)

・徳姫(松平信康の妻)

といった織田家に重要な子息を3年連続で産んだのは帰蝶とは別の女性だったからだ。

その名も生駒吉乃(いこまきつの)――。

織田信長の側室である。

色白で細面の美女であり、かつ優しく控えめだったと伝わる吉乃は、いわば切れ者のドラマ版・帰蝶とは真逆のタイプ。

39才の若さで亡くなったとき、一説には「信長が男泣きした」とも伝わるほどであり、話半分だとしても重要な存在であったことは間違いないであろう。

では一体どんな女性だったのか?

本稿では、生駒吉乃の生涯に注目してみたい。

 

生駒吉乃は信長の姉さん女房だった

吉乃が生まれたのは享禄元年(1528年)。

父は尾張で馬借(運送業)を営む地元の有力者・生駒家宗いこまいえむねであった。

信長が天文3年(1534年)生まれなので、6才上の姉さん女房になる。

織田信長は意外と優しい!? 生誕から本能寺まで49年の史実解説【年表付】

続きを見る

美女と伝わる吉乃であるゆえ、最初から信長に見初められたと思われるかもしれないが、実際は土田弥平次という人物に一度嫁いでおり、その夫が戦死をしてしまってからは実家に戻っていた。

そこへ足繁く通っていた信長。

いつしか彼女を側室とし、弘治3年(1557年)に長男の織田信忠が誕生したのである。

帰蝶が子供に恵まれなかった可能性は低くない。

そうなれば織田弾正忠だんじょうのちゅう家の当主である信長としては当然、側室を迎えることも考慮せねばならない。

ただし、斎藤家(道三)の娘である帰蝶を蔑ろにはできないという事情もあったようで、当初、吉乃にひっそりと子供(織田信忠)を産ませた信長は、後に、正室である帰蝶に渡して赤ん坊の義母とし、後継者候補として育てることになった。

なお、信忠の幼名を「奇妙丸」といい、信長の事績をつぶさに記した『信長公記』には「奇妙」として登場している。

織田信忠(奇妙丸)信長の長男は家督を譲られるも光秀に命を狙われて

続きを見る

しかし、母である生駒吉乃については、同書で何ら言及されていない。

 

長男はじめ3年連続で信長を子を産む

前述の通り、吉乃が信忠を産んだ翌年の永禄元年(1558年)には次男の信雄を出産。

織田信雄(信長の次男)は本当に愚将だった? 現代に信長の血を伝える

続きを見る

さらにその翌永禄2年(1559年)には女児の徳姫に恵まれる。

信長の生涯は、ほぼずっと戦乱の最中にあり、1557年~1559年という期間はちょうど尾張統一のため、親族衆との戦いに追われていた。

ざっとこのころの年表を記すと……。

・1556年長良川の戦い斎藤道三vs斎藤義龍の父子確執)

・1556年稲生の戦い(弟の織田信勝柴田勝家林秀貞が謀反)

・1558年浮野の戦い(織田信賢との合戦)

・1559年岩倉城の戦い(尾張の大部分を支配)

帰蝶の父・道三という後ろ盾を失いながら、尾張の統一戦略をかなり前進させ、美濃への侵攻を画策していた頃である。

信長が尾張統一に費やした14年間~1552年から1565年までの軌跡【年表付】

続きを見る

そんな多忙な折に、吉乃との間には毎年、子が出来ていたのだからよほど二人は仲が良かったのだろう。そして……。
※続きは【次のページへ】をclick!

次のページへ >



-織田家
-,

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2020 All Rights Reserved.