絵・小久ヒロ

織田家

ナゾ多き信長の母・土田御前に迫る~信長の死後は?生まれや名前は?

こちらは2ページ目になります。
1ページ目から読む場合は
土田御前(どたごぜん)
をクリックお願いします。

 

信長が殺されてからは?

本能寺の変が起きた天正十年(1582年)6月以降は、孫の信雄に庇護されたようです。

本能寺の変、真相は? なぜ光秀は信長を討ったのか 有名諸説を徹底検証!

続きを見る

それ以前は、おそらく安土城に住んでいたのでしょう。

本能寺の変が起きた際、蒲生賢秀(氏郷の父)らが安土城から自分の城である日野城へ信長の妻たちを避難させた――とされているので、この中に土田御前もいたのでしょうか。

賢秀は天正十二年(1584年)4月に死亡。

また同年同時期の小牧・長久手の戦い織田信雄蒲生氏郷は敵味方になっているので、少なくともこの二年の間に、土田御前は信雄のもとへ行っていたと思われます。

小牧・長久手の戦い 豊臣と徳川の複雑な戦線&戦況がバッチリわかる!

続きを見る

蒲生氏郷は信長の娘・冬姫を娶り豊臣政権へ【織田軍随一の若手エリート】

続きを見る

信雄のところにいた頃は、化粧料けしょうりょうをもらっていたことが記録されています。

顔を飾る、お化粧品のことではありません。ある程度の身分の女性に与えられる生活費のことです。

領地や田畑が分けられて、そこから税などを得たり、水路の権利を相続する形で優位に立つ「化粧水けしょうみず」など、いろいろな形式がありました。

土田御前の場合、

「祖母の生活費を孫が出していた」

と考えれば、現代に割と近い感じかもしれませんね。

信雄の家臣や親族への所領をまとめた【織田信雄分限帳】では、土田御前と思われる【大方殿】の化粧料が【◯百四十貫文】と記されています。

【◯の部分】が一字下がって書かれているため、書き損じか破損か、あるいは訂正されたようですね。

この記録、厳密に席次や金額で並んでいるわけではないので判断しにくいところ。

他の女性の例を見てみますと。

濃姫・徳姫らの化粧料】

信長の正室・濃姫かもしれないとされる「安土殿」という女性の化粧料が600貫文

信長の娘・徳姫と思われる「岡崎殿」が700貫文

信雄の正室らしき「御内様」が500貫文

彼女らに比べて、信長の母親かつ、信雄の祖母である土田御前の化粧料が140貫文というのは、さすがに少なすぎる感もあります。

◯に何らかの数字が入っていた、と考えるほうが自然でしょうね。

 

秀吉に対する抑制力はあったかも

天正十八年(1590年)7月頃に信雄が改易されると、土田御前は移動を余儀なくされます。

伊勢国安濃津にいた息子・織田信包(信長の弟)のもとに引き取られ、文禄三年(1594年)1月7日にここで亡くなりました。

その後、文禄三年(1594年)9月に、信包も改易されてしまっているので、ある意味では幸いでした。

どちらかというと、土田御前の存在が信包改易の抑止力だったのかもしれません。

信包が改易されたのは、天正十八年(1590年)の小田原征伐の際、北条氏政北条氏直父子の助命を嘆願したのが遠因とされています。

北条氏政はなぜ最期まで秀吉に反抗したか? その生涯53年【戦国北条五代記】

続きを見る

北条氏直30年の生涯 秀吉と対峙した関東覇者の最期とは【戦国北条五代記】

続きを見る

ちなみに、信雄が改易されたのは、小田原征伐の後の領地替え(尾張→三河・遠江)を嫌ったのが原因。

豊臣秀吉の怒りを買い、即座に改易されました。

豊臣秀吉 62年の生涯まとめ【年表付き】多くの伝説はドコまで本当か?

続きを見る

信雄が領地替えを嫌がった理由は不明ですが、敵の肩を持ったという意味では、信包のほうが罪が重いといえなくもないところ。

それでも信包の改易まで4年もあったのは、信雄の改易が決まり、土田御前が信包のもとに行くことになったばかりだったからではないしょうか。

そこからさらに別の織田家親族のもとへ移動させるのは、さすがに秀吉にとっても体裁の悪いことだったのでしょう。

なにせ、秀吉が一番世話になった信長の母親ですからね。

ねね高台院北政所)、なか(大政所)など、秀吉の身近な女性たちが口添えした可能性も考えられます。

秀吉の妻ねね(寧々・北政所・高台院)は賢夫人 女癖悪い夫をどう操作した?

続きを見る

大政所(秀吉の母・なか)天下人を産んだ母はどんな女性だった?

続きを見る

特にねねは、かつて秀吉の浮気で悩んでいた際、信長から激励の手紙をもらったことがあります。

信長本人に恩返しができなくなったから、その母親である土田御前をできるだけ丁重に扱おうと思っても、不思議なことではありません。

土田御前も”有名な割には、記録が少なさすぎて実情がわかりにくい”という人物。

今後、いずれかの史料発見でイメージが激変する……なんてこともあるかもしれません。

土田城址近くの土田御前の像(岐阜県可児市)/photo by 恭パパ wikipediaより引用

あわせて読みたい関連記事

織田信秀(信長の父)は経済重視の似た者親子!? 道三や義元相手に大暴れ

続きを見る

織田信長は意外と優しい!? 生誕から本能寺まで49年の史実解説【年表付】

続きを見る

帰蝶(濃姫)信長の妻はどんな人だった?『麒麟がくる』で川口春奈さん熱演

続きを見る

生駒吉乃は信長が一番愛した側室? 信忠、信雄、徳姫を産み39才で死す

続きを見る

織田信勝(織田信行) 信長に謀殺された弟は当主の器だったか?

続きを見る

徳川家康(松平元康)が直面した3度の絶体絶命!75年の生涯まとめ【年表付】

続きを見る

稲生の戦いで信長一騎打ち!~戦国初心者にも超わかる信長公記19話

続きを見る

織田信忠(奇妙丸)信長の長男は家督を譲られるも光秀に命を狙われて

続きを見る

織田信雄(信長の次男)は本当に愚将だった? 現代に信長の血を伝える

続きを見る

織田信孝(信長の三男)が迎えた壮絶な最期!なぜ腹を十字に切った?

続きを見る

本能寺の変、真相は? なぜ光秀は信長を討ったのか 有名諸説を徹底検証!

続きを見る

小牧・長久手の戦い 豊臣と徳川の複雑な戦線&戦況がバッチリわかる!

続きを見る

蒲生氏郷は信長の娘・冬姫を娶り豊臣政権へ【織田軍随一の若手エリート】

続きを見る

北条氏政はなぜ最期まで秀吉に反抗したか? その生涯53年【戦国北条五代記】

続きを見る

北条氏直30年の生涯 秀吉と対峙した関東覇者の最期とは【戦国北条五代記】

続きを見る

豊臣秀吉 62年の生涯まとめ【年表付き】多くの伝説はドコまで本当か?

続きを見る

小田原征伐で秀吉相手に退かず! 北条家が強気でいた小田原城はどんだけ強い?

続きを見る

秀吉の妻ねね(寧々・北政所・高台院)は賢夫人 女癖悪い夫をどう操作した?

続きを見る

大政所(秀吉の母・なか)天下人を産んだ母はどんな女性だった?

続きを見る

弟・信勝(信行)を誅殺だ~戦国初心者にも超わかる信長公記29話

続きを見る

長月 七紀・記
絵・小久ヒロ

【参考】
国文学研究資料館(→link
三重県津市四天王寺(→link
土田御前/wikipedia

TOPページへ

 



-織田家
-,

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2020 All Rights Reserved.